旬の野菜を使いこなすには

ファスティングが生活の一部となると、自ずと食育(何を取り入れるか)にも目がいくようになりました。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

旬の野菜を使いこなすには

我が家はらでぃっしゅぼーやを利用しています。毎週、旬のお野菜がお任せで届けられるシステムです。

時に、スーパーで自分で野菜を買ったりもしますが、その都度、どれが無農薬・有機か、いくらするのか、どのくらい買うか・・・と悩むのも時間のムダと考えて、こうしたシステムを利用してお任せで何が届けられてくるかな♪と楽しみにしています。

自分では選ばないような野菜が届けられるのも楽しみの一つではあるのですが、いかんせん料理ニガテな湯本にとってどう調理したらよいのかわからない野菜は手ごわい相手!^^

でも、その野菜についての説明とともに調理方法例が書かれたメモが同封されてたりするので、先日はその通りに作ってみました。

あくまでも「自分が出来る方法」しか選ばないのですが、今回の「ザーサイ」はご飯のお供にピッタリでした♪

自分で買い物して野菜を買うなら我が家にやってこなかっただろう野菜をお迎えして^^、かつ美味しく食卓に並べることが出来たのは、ファスティング後の通常食(基本食)を楽しむ一つになるかなと思いました!

時短でなるべく家事に手間かけたくない、けど家族にはカラダによいものを提供したい。旬の野菜とそのメモは、そんな私たちママの願いを叶えてくれて嬉しい瞬間でした。

【お客さまの声:ファスティング】久しぶりの食事に感動してます!!

湯本の1か月サポート付3日間ファスティングを体験された方から、ファスティング直後の感想をお寄せ頂きましたのでご紹介します(掲載の許可を頂いております)。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

素材そのものがとても美味しく感じられます!

今回、3日間ファスティングを体験してくださった方は冬はスキー、その他の季節は海外の秘境へも旅に出かけるとてもアクティブな女性♪食べることも大好きということで3日間とはいえ全く食べ物を食べないで大丈夫かな・・・と最初は心配されていました。

でも、ファスティング直後に送られてきたメッセージをみて、「食べない楽しみ」を得られたようで嬉しく思います!

以下、ファスティング直後にお送り頂いたメッセージです。


お世話になっております。久しぶりの食事に感動してます!!素材そのものがとても美味しく感じられます! なんだか、大袈裟ですが一種の臨死体験だったなぁ。。などと(笑)。こんなに物を食べないで過ごしたのは初めてなので!!

しかし、アレルギー症状もも思ったよりひどくなく、もしかして腸がキレイになって軽減したのか??とも思っています。

体重は明日こそ職場で計ろうと思ってます!!少しは減ってると思いますが、、。もしかしたら、私はもっと長い期間やった方がいいのかも…。眠気や、だるさ、頭痛などはいっさいなく、元気に過ごせました!!


以下は、ファスティング後、約10日経ってからの感想も頂きました。

【断食中】

  • 酵素ドリンクが思いのほか美味しくて、おなかも満たされた。
  • レイちゃんがビデオ(Zoom)でレクチャーをしてくれ、日々メールやチャットで励ましたくれたこと。
  • 体重マイナス3.5キロ。
  • ずっとやってなかったヘッドスタンドが簡単にできた。

【断食後】

  • なな、なんと、これが一番うれしい!アレルギーが軽減した!(毎日寝る前に欠かさず飲んでいた薬、今も飲んでないんです!)ドクターに見てもらったら特に悪くもなっていないから、薬はしばらくやめていいよ。とのこと(*^-^*)
  • 美味しいものを食べてますが、体重はまだキープ!でも甘いものは少し控えるようにしてます。少し。できる範囲で!

【まとめ】

こんなに食べ物を体に入れなかった経験は初めてで、一種の臨死体験((笑))でしたが、身体が死と再生をして、デトックスされた実感があります!

(村上優子さん 福島県在住)


感想をお送り頂き、ありがとうございます。

安心・安全なファスティングの方法

今回の優子さんのように、ファスティングをする前は「食べない」ことへの不安があったのが、実際にやってみたら「元気に過ごせた」という感想を多くお聴きします。

専用のファスティングドリンクを飲んで過ごすので噛む食事はしていませんが、普段の生活をしていくうえでの必要な栄養をとりながら行うことができるので、安心・安全な方法なのです。

そして、毒素が排出されるいわゆる「デトックス」が本格的に始まるのが脂肪燃焼が始まるファスティング3日目あたりから。ですから3日間ファスティングでファスティングがどんなものなのか体験して頂くのは良いと思うのですが、体質改善につなげたい場合は5日間ファスティングがオススメです。

そんな「安心安全なファスティング」について、詳しく知りたい方はこちらを参照ください ≫

湯本1ヶ月サポート付ファスティングプログラム 詳細はこちら≫

意外とできた!玄米生活

料理ニガテな湯本も玄米生活をスタートできました!!

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

実は難しくなかった玄米生活

寝かせ玄米は色んな意味でラクチン♪

これまで「玄米は炊くのが大変」「美味しくつくるのは難しい」と聞くことが多く、もともと料理がニガテな湯本にとってハードルが高い印象でした。

が、ファスティングを学び、食育について学ぶにつれて、玄米を生活に取り入れていきたいと思うようになりました。ご近所の「結わえる」さんで寝かせ玄米教室が開かれているというのを知り、今年最初の習い事として1月頭に行ってきました!

圧力鍋を使った玄米づくりは意外とカンタンで、そしてそれを炊飯器の保温モードで3~4日寝かせておけるのは、日々の食事を用意するママとしてもつよーい味方でした!なんだ~、もっと早くに始めておけばよかった!というのが正直な感想です。

玄米は栄養素の宝庫

ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富な玄米を毎日の食事で取り入れることが出来るのは、ある意味、色んな栄養素を考えておかずを工夫する必要もなく、これまた料理ニガテな私のようなママにはうってつけ!

玄米ご飯とお味噌汁と漬物だけで十分と考えると自然と「粗食」になっていくんだなぁと思いました。

玄米は消化が悪いというイメージもあるかと思いますが、逆に子どもたちにはよく噛むこと(一口目は100回のお約束!)を習慣化させることが出来てこれまたイイ感じです。

ムリなく出来ることから

今回、寝かせ玄米教室に参加して圧力鍋もそこで購入したのですが、圧力鍋があるからといってそれを使った料理もできるようになったかというと、玄米ご飯を炊くことにしか使っていませんー^^

玄米も、炊く前にしっかり浸水させたいので、タイミングによっては間に合わない時にはいつもの五分付き米も使っています。

平日は基本、玄米ごはんとお味噌汁とおかずの「基本食」としていますが、週末は外食したり、パンも食べたりしています。

結わえるさんでも仰っていたのですが、全部の食事を玄米粗食に徹底するのがよいのではなく、「こころの栄養」としてし好品や外食などの”快楽食”も時にはめいいっぱい楽しむのが、こころも身体も喜ぶ人生につながると。まさにその通りだと思います。

ムリなく、出来ることから、自分のペースで。自分のこころとカラダが喜ぶことをしてあげませんか?

意外とできるミネラルファスティング ≫

こころもカラダも本当に必要なものは何かを追求する

ファスティングもライフエディットセッション(全肯定勇気づけセッション)でも、共通しているのが「本当に必要としているものは何か」ということでした!

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

こころもカラダも本当に必要なものは何かを追求する

思考もだけど、感情をより大事にする

湯本がご提供しているセッションはアドラー心理学ベースとしています。このセッションでは、クライアントさまが思考(脳)だけで解決するのではなく、身体から感じる感情を大事にしています。

実際、多くのことを動かしているのは、頭で考える”意識”ではなく、身体の本心である”無意識”です。なので、身体の声に耳を傾けることは、自らの人生をかじ取りする、望む未来を引き寄せるのに、大きなキーとなります。

カラダの声に耳を傾けたい時に役立つファスティング

そんな「身体の声に耳を傾ける」を実感出来たのがファスティングでした。

ファスティングをすると、体質改善や減量効果などの身体に見られる変化の他、「要るものと要らないものがわかるようになる」という自分自身の意識の変化も手に入れることが出来ると思っています。

ファスティングをした後は、これまでなんとなく手に取って食べていたモノが、添加物がたくさん入っていたり、いわゆる日本人の食性にあわなかったりすると、自然と「うーん、食べたいのはこれじゃないかも」と思えるようになるんですヨ。

でも面白いことに、「脳」や「目」は、今までと同じように戻ろうとするので、「コレ美味しいやつだよ~」とか「おなか空いたらコレ食べた方がいいんじゃない」と誘ってくるのですが、実際におなかの中に入れると身体(胃や腸)は「そうじゃなくて!」と反応するという・・・。

「幸せな人生」とは「自分で選択し満足を感じる人生」

何が必要で何が必要としていないかを自分で見極める。コレは食べ物のみならず、やらなければならないこと、持ち物、人間関係などなど、ライフスタイルを取り囲むすべてに言えると思います。

「幸せな人生」は「自分で選択し満足を感じる人生」。

こころもカラダも幸せな人生を手に入れるために、何を選び何を選ばないかを決める自分になりませんか?

自分の身体と向き合うファスティング、そして自分自身のこころに向き合う全肯定勇気づけセッションで、サポート致します。

メニュー・料金 ≫

エキスパート・ファスティングマイスター検定合格しました!

12月頭に、ファスティングをしたい方のサポートができる資格である「エキスパート・ファスティングマイスター」の検定に合格しました!

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

 

ファスティングに興味関心がある方のサポートができるようになりました!

「脳で考えること」と「身体が感じること」は違う

湯本自身が最初にファスティングをチャレンジしたのが2018年の9月。それまで、周りのコーチ仲間にもファスティング経験者が何人かいて、人によっては「特に何も感じなかった」という人もいれば、「身体も頭もスッキリした」という人も。やっぱり自分で体験して実感してみたいと思い、マイスターになられたお友達にお願いして5日間ファスティングを体験しました。

心も身体もスッキリした!というのが感想ですが、それ以上に「脳で考えていること」と「身体が感じていること」の違いにもビックリしました。それは、ライフコーチとしてメンタル(思考)と身体(感情)の一致感が求められる際に非常に重要な気付きでした。

クライアントさまが本当に望む未来を手にするために、身体(感情)にも耳を傾けたい

そんな気付きを手にした湯本にとって、関わらせて頂いているクライアントさまに最大限貢献できるようにしたい!という気持ちから、メンタル(思考)に寄り添うだけでなく、身体(感情)が本当に望むのは何かをファスティングでサポートできるようにしたいと思い、ファスティングマイスター学院の「エキスパート・ファスティングマイスター」という資格を取得しました。

頭(思考)に寄って「何をどうするか」のHowtoを提示する形で活動をしているコーチという肩書の方が多いと感じた今年の前半。湯本が目指すのはよりその方自身が本当に望んでいることは何か、いわゆる本質は何かを追求するお手伝いであると感じました。

そこで、アドラー流コーチングメソッドによる人生ストーリーの編集(ライフエディット)と並行して、ファスティングを通じてクライアントさまが本当の自分に出会うのをお手伝いしていきたいと思っています。

普段の生活をしながらできる断食「ミネラルファスティング」のススメ

湯本がサポートするミネラルファスティングは、日常生活を送りながら行うことが出来るので、特別に合宿へ行かなければいけないわけでもなく、普段のお仕事や家事、育児をしながら行うことができます。

また、利用しているファスティングドリンクは高品質でかつ実績があるものなので、安心安全に3日間や5日間のファスティングを行って頂くことができます。

湯本のサポートするミネラルファスティングについての詳細はこちら ≫

 

お恥ずかしいですが、自身のファスティング前と後の変化も♪湯本は9月と11月で2回ファスティングを行い8キロ減。食生活も変化しました。

↑ファスティング前の湯本と、FMラジオ「コーチングサラダ」の相方パーソナリティのかよち(2018年5月頃)

↓そしてファスティング体験した後の私たち(2018年11月頃)

このミネラルファスティングの考え方は、その効果の第一はデトックス&リセットであり、その副産物としてダイエット効果(減量効果)があります。

ですので、体重減も確かに嬉しいのですがそれ以上に自分自身の中でデトックスがされる気持ちよさとリセットされた後によいものを摂っていきたいという自分自身の変化が嬉しかったりもします♪

これから年末年始を迎えてどうしても暴飲暴食の機会が増えてしまいます。それも楽しみの一つとして味わって、年が明けて落ち着いた頃にご自身の身体のためにファスティングを取り入れてみませんか?

ファスティングサポートに関するご案内メールはこちらから ≫

2度目のファスティングはさらにラクに感じました♪

今年9月に初めてチャレンジしたファスティング。その魅力にはまり11月に再びチャレンジしてみました!

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

 

2度目のファスティングはさらにラクに感じました♪

9月に初めてファスティングを行った時は、キチンとファスティングマイスターのお友達にサポートして頂いてはいましたが、やはり初めての「断食」で緊張!もしていて、こんなに食べることが好きな私が出来るのかな・・・と不安も若干ありました。

でも、結果的にはサポートしてくれたお友達のおっしゃるとおり、おなかが空いて死にそう!ということもなく、思ったほど苦なくサクッと終わった印象でした。

今回は2回目ということで、初めからそのような「不安」や「心配」がない分、安心して1日1日をこなすことが出来たと感じました。

 

ファスティングは1度やって体重が減ったからそれで終わり!というものではなく、定期的に行うことで、ファスティングの目的である「リセット」&「デトックス」となり、身体の細胞が本来もっているチカラを蘇らせて体質改善になり、その先には「本来の自分に還る」につながるのではないかと思っています。

「断食=食べないで痩せたからキレイになった」という単純なことではなく、普段の生活でどうしても避けられないで取り入れてしまっている「余計なもの」をデトックスすることって、生き方そのものでも言えると思うのです。

外から入ってくる、あんな考え方・こんな思考。これまで信じて持ち続けてきたビリーフ(信念)。でも、本当にそう?と問い続けて、ちがうメガネで見たら全然違う価値観が持てて、行動が変わった!そんな方がたくさんいらっしゃいます。

身体もこころも同じように、もう自分にとって不便で不要だと思ったものは手放す勇気をもつ。自身の2回目のファスティングで、そんなことを感じました。

ファスティングマイスター初級検定を受けてきました♪

先日ファスティングを実際にやってみたことから、自分でも学んでみたいと思い、「ファスティングマイスター初級検定」を受けてきました!

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

 

ファスティングマイスター初級検定を受けてきました♪

通常食に戻ってからの不安・気付き

先月、自身でファスティングを体験してみたら、単に「食べない」ことによる体重減よりも、その後の通常食の時に気付きが多かったんですね。断食により体重が減るのは当然だとやってるうちに思ったんです。その後いかにリバウンドしないか、そっちの方が私は不安になりました。そう、ファスティングの最中よりも通常食に戻ってからの方がメンタル的には不安定になったんです。

でも、今回ファスティング終了後に一時1キロ弱プラスになったものの、1か月経つ今はファスティング終了時よりもさらに体重もBMI値も減っているのでビックリ!今は食べたいものを食べてるのですけどね。

で、何が起こったのかを考えたのですが、私たちって大方の時間は「脳で食べてる」んだなということに気付きました!(先日の記事にも書きました「ブレない自分軸を構築するために役立つのは・・・」)要は、身体の内なる声に従っているのではなく、頭で考え・意識したこと・世間一般でイイと言われているコト・こうすべきというマイルールなどに縛られて、自分の行動を決めているということでした。

身体の内なる声に従って行動するためのインプット

そして今回のファスティングマイスター初級検定では、そんな身体からの内なる声に耳を傾けて行動するために、どんなものを取り入れたらよいのか、どんなものは取り入れない方がよいのかを学びました。

人って、普段、自分が知っている範囲内で行動するものだと思います。そしてそれは、食べるものも同じくそうなのかなと。自分がこれまでこうしてたから、、、というところから脱して、ホントはどんな食生活がよいのか、採るべきものはこんな根拠から採るべきで、採らないべきものはこんな理由から採るべきではない、などの学びに非常になりました。

今後、私自身が他人様をファスティングカウンセリングをしてサポートするかどうかはまだ決めかねていますが、最近の私自身のホットな話題である「心と身体」の両方に素直に感じてあげる一歩には、確実になりました!