「何でもない日常の今ココを幸せに感じる会」ってこんな感じ

昨年9月から始まっています「何でもない日常の今ココを幸せに感じる会」。約半年経って、今どんな感じでやっているかご紹介しますね♪

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

 

今ココのしあわせを感じて望む未来をひきょせるオンラインサロン

しあわせを味わい愛でるために

幸せは手に入れるものではなく、色濃く感じるもの」。既に「ある」を意識することが出来ると、どんどん幸せの循環が広がっていく。望む未来を実現していく第一歩なんです。

私たちはこのように既に「現状100点満点」なのですが、なかなか日常の生活の中ではそう思えずに、日々過ごしてしまうのが実情ではないでしょうか。

そこで、そんな「当たり前」に思えるかもしれない日常のしあわせ、「自分が心地よく時間を過ごすことができる」こと、を追求する集いを創りました。

仕事仲間でもないママ友でもない【仲間】とともに

もちろん、自分お1人で出来る方もいらっしゃるかもしれません。でも、理解できる共感できる価値観を持った仲間とともに、共通のテーマを深めたり情報交換したりしながら、みんなでしあわせを味わい愛でる習慣を身につけていけたら♪みんなでしあわせの上昇気流に乗っていけるんじゃないかな!と思っています。

なので、「グループコーチング」でもなければ、「塾」でもありません。ご参加くださる方お1人お1人が有機的に「今ココを幸せに感じる」ために企画を立てたり、オフ会を開いたり、オンラインで交流したりしていく【場のご提供】をしていきます。

もちろん、湯本もメンバーのひとりとして、湯本が興味のある事については旗を立てて、「興味ある人語ろう♪」と企画を立てていきます。

海外からもご参加モチロン可能です!

活動は主にオンラインですので、日本国内の遠方の方はもちろん、海外からのご参加も可能です!

現在はヨーロッパエリアの方も参加可能な、日本時間13~14時に開催しているイベントが多いです。が、その他の時間帯も検討可能です。

「何でもない日常の今ココを幸せに感じる会」概要

会の目的

引き寄せの法則のチカラを味方に、本当に望む想いを叶える

  • 自分の好きなこと、楽しいこと、嬉しいこと、ワクワクすることを持続させる
  • 自分がイイ状態でい続けるためにできることをする

対象

  • 引き寄せの法則 × アドラー心理学に興味がある方
  • 自走できるチカラをつけたい方(セッションではスッキリするけど、日常に戻るとブレる方)
  • 操作されたくない、アドバイスとかいらない、自分で何とかできる。
    けど、聴いてもらったり、互いに高め尊重し合ったりすることで、次に進みたい方
  • 「なんとかしてほしい」ではなく、この場に加わることで、自身も相乗効果の上昇気流の循環の一部となっていきたい方

どんなことが得られる?(この会にいることのメリット)

  • 「自分がイイ状態であり続ける」を仲間と創れる
  • 「素敵な生き方」を追求する学びを深められる
  • いつでも話せる・聴いてもらえる・相談できる場がある
  • 相手を認め、自分が認められる、安心して自分を整えられる安心安全なヨコの関係
  • 不定期でリアルでも顔を合わせ、素敵な空間、美味しいモノ、ホッとできる会話がある素敵な時間を過ごすことができる
  • 自分以外の仲間の経験からも人生が豊かになる

月会費: 1,000円(税込)

現在走っている部活

  • 自分の身体を整える部
  • 月1目標確認会
  • お片付けの話♪
  • アドラー心理学勉強会

※部活は月会費以外の参加費は必要なく、無料で好きな部活に参加できます

企画内容(随時アップデートします!)

  • 「自分のイイところを50コ挙げよう!フセンワーク」
  • 「自分の好きなコト50コ挙げよう!フセンワーク」
  • シークレットシフター(気分転換法)シェア
  • 「望む未来を描き、Beforeを記録しよう!」
  • 引き寄せの法則活用例のシェア
  • マインドフルネスを一緒に習慣化しよう
  • 頭の中の整理を一緒にしよう
  • 禅寺ツアー
  • パワースポットツアー
  • 「素敵な生き方」に役立つオススメ本のシェア
  • 「素敵な生き方」マンダラチャートワーク
  • 引き寄せワークを一緒にやってみよう
  • 「未来を叶えるパワーノート」作成・出版プロジェクト!

他にも会員の皆さまから常時企画を募集して実現していきます♪

いつからでも参加でき、いつでも退会できる、来る者拒まず去る者追わずのスタンスなので、気になる方は気軽にご自身のタイミングでご参加くださいね♪

「何でもない日常の今ココを幸せに感じる会」 お申し込みはこちらから ≫

「自信」が持てない時はどうすればいい?

やってみたいことはある。でもイマイチ自信が持てない自分がいる。そんなお悩み事もったことありませんか?

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

「自信」が持てない時はどうすればいい?

あなたはどんな時に「自信が持てないなぁ」と感じますか?まだあまりやったことがないことにチャレンジするとき?もしくは既に成功している人が大勢いる分野にデビューするとき?

「自信が持てない」と言うことに関して、いくつか観点があるかと思います。

その分野でどのくらい時間が経っているか

まずはその分野での経験時間。何事も時間が解決してくれることは多いにあり、特別に秀でた能力がなくともその分野のことを長く続けていれば「慣れてくる」こともあるので、自然と不安感も少なくなるものです。

自信が持ててる自分を描けているからこそ

2番目には「自信が持てない」という悩みを持つということは、「自信が持てる自分が描けている」という想いの裏返しでもあります。そもそも「自信を持つ」ことに興味がなければ「自信が持てない」などの悩みすらも持たないわけですから。

自信を持ってそのことを成し遂げたい、という未来の自分を描くことが出来ているわけです。人は描くことが出来る未来は実現することが出来ると言います。ですので、逆説的ですが「自信が持てない」と言っている時点ですでに「自信が持ててる自分」に近づいているとも言えるのです♪

「自信を持つ」のではなく「勇気を携える」

アドラー心理学をベースとしたライフコーチングをしている湯本にとって「勇気」ってとっても大事なアイテムです。それは時に「自信」よりもパワフルで必須なことに思っています。

「自信」は過去に成功した経験があるとか、過去に努力した経緯があるとか、そういった裏付けの元に持てるものというイメージがありますよね。故に、人によってはいつまでも謙虚に「これを成功とはいえない」とか「このくらいの努力では」と思ってしまうこともあり、いつまでも「自信」なんて持てない・・・と感じてしまうこともあるのです。

一方「勇気」とは、”意志”だと思っています。始めたばかりの分野ことだけど、とにかく行動してみるという時に必要なのは、「条件付きの自信」ではなく、自分が持とうと決めることができる「意志」ならではだと思っています。

失敗をするかもしれない、逆にうまくいくかもしれない。どちらもやってみないとわからないこと。ならば、成功・失敗という結果に左右されず、それを次に改善していくための糧にしていくと捉える時、必要なのは「自信」ではなく「勇気」であると思うのです。

「やりたいことはあるのだけど、自信がなくて・・・」という方。勇気をたずさえて一歩前に進んでみることをオススメします。その勇気がなかなか持てないという場合は、「勇気づけステーション」である湯本の全肯定勇気づけセッションで勇気のチャージをしていってください♪

思い通りにならないことばかりでイヤになる!そんな時は・・・

今日は、「思い通りにならないことばかり・・・」と思う時に、参考になればと思うことを書きます。エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

思い通りにならなくてイヤになる時には・・・

思い通りにならない場面とは

では、思い通りにならないってどういうことでしょう。子育ての場面だと、子どもの予期せぬことから外出などの予定していたスケジュールの通りに出発できなかったとか、職場だと、ある役割を持ってる人が無断欠勤をして当初の用事が済ませられなかったとか。

つまりは事前に予定・計画していたことが、その通りにならなかった場面ですね。それは人に対してイライラする対人関係にも生じますし、道路工事で通行止めなど状況においても生じます。

大抵の大人なら、”多少”の予定外のことは臨機応変に対応できる。けれど、その”多少”が、時と場合、そして心と身体の調子などによって、”多”だったり”少”だったりするわけです。臨機応変に対応できる幅が”少ない”時は、(他人から見たら)ちょっとしたことでもイライラしてしまうのです。

自分の解釈のクセを知る

思い通りにならない対人関係や状況に対して、自分が何を感じているのか、動じているのか。まずはその内容をじっくり眺めてみましょう。

無断欠勤をされて自分はどう感じているのか。予定通りに出発出来ないと自分は何を考えるのか。急いでいる時に道路工事でふさがれて迂回しなければならない時に、この状況をどう解釈しているのか。

「時間は守るべき」「周りに迷惑をかけないようにすべき」「ムダを省くべし」「何事も効率的に」などなど、自分が持つ大切にしていきたい価値観・ルールが出てきます。

人は、自分が培ってきた価値観やルールを元に状況を解釈・判断するのです。なのでそれらをまずは客観的に知り、認めるところから始めます。

この状況をどう解釈するか・・・自分の解釈を”選ぶ”

自分の思考・解釈のクセを知ったら、もうそれらに振り回されることはありません。自分がいつものクセを発動させていたらそれに気付くことが出来るし、それを抑えつけることなく、ただ眺めていくとその思考は大暴れしません。

一方で私たちは「この状況を自分はこう解釈していきたい」という意思を持って、人間関係や状況を解釈していきたいと考えます。アドラー心理学でいう「認知論」という考え方ですが、同じ状況を見ても人によって捉え方・感じ方が異なるものです。その捉え方・感じ方は自分で選ぶことが出来るのです。

【自分の人生を自らかじ取りして生きる】これはどんな環境や状況、人間関係においても、自分らしく自分が選んだ生き方ができるということです。

自分の解釈(思考)のクセを知ったり、それを眺めたり、自分が望む解釈を選んだりという、自分らしい生き方を湯本は「全肯定勇気づけセッション」でお手伝いしています。

【何でもない日常の今ココに幸せを感じる会】目標確認会でモチベーションUP!

昨年からスタートしました【何でもない日常の今ココにしあわせを感じる会】。講師が受講生の方に講座を開くというサロンとは違い、参加メンバーの方お1人お1人がやりたいこと、互いに相乗効果をもたらしていきたいことを自発的に企画・実行してくださっています♪

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

目標確認会で、「やれたら」を「やってる!」に

オンラインサロン「何でもない日常の今ココにしあわせを感じる会」は、湯本から何かを学ぶ・得るというより、湯本というプラットフォームを活用して、参加されてる方がご自身の「何でもない日常の今ココ」がより幸せに感じることで、さらに望む未来を引き寄せていくという場です。

お互いの強みや長所を活かしたり、学んだことのアウトプットの場としたり。今まで「お片付けについて」「(冬など外に出づらい時の)おうち遊び(子育て)について」「2019年の抱負を宣言する」などテーマを設けたトークタイムや、読書会のような形で「幸せになる勇気」を元にアドラー心理学を深める会などを開催してきています。

そして今年からは、月1ペースで参加メンバー同士でその月の目標に向かってどんな風にやってこれたかの報告、そして翌月はどんな月にしていきたいかの宣言の会を定期開催することになりました。

 

自分だけでは気付かなかった考え方や、実現させるための方法など、サロンの仲間と話すからこそ出てくることもあり、お互いムリがない範囲で「習慣化」も実現できそうです。

オンライン開催なので、海外駐在中のママや、国内でも関東のみならず関西からもつながっています。海外駐在ママ、本帰国後ママ、専業主婦のママ、自営で好きなことを仕事にしているママ、フルタイムワーママなどいろんなママがご参加くださっています。参加費は月1000円なので気兼ねなくご参加いただけます。いつから参加でもOKですし、いつ退会されてもOKです。

自分で自分の満たされた人生を選ぶために。

「与えるマインド」であり、アドラー心理学でいう「共同体感覚」を味わえるこのオンラインサロンの仲間にあなたもなりませんか?

お申し込みはこちらから ≫

フラッと立ち寄れる「自分を取り戻す」ピット

忙しく毎日が過ぎていく本帰国後のママの生活。そんな嵐のように過ぎていく時間の中で、自分の軸を確認したい、自分は何を大切にしていくんだったっけ?という「自分を取り戻す」ために、湯本の「勇気づけステーション」を使ってほしいと思うのです。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

ちょっと立ち寄れるブレない自分軸を確認する場

どこまでも敷居は低く

「コーチングセッション」とか「カウンセリングセッション」というと、身構えてしまう方っていらっしゃるんじゃないでしょうか。「そこまで病んでいないし」とか「何万円もかけて自分のことを考えるなんて」と思われがちなのではないかなと。

確かに1回5万円以上もするセッションが世の中にはあったり、その効果はその人それぞれだったりするかと思います。そして本当に精神的に参ってしまっている場合はその分野の専門の先生に診て頂いた方が良いかと思います。

一方、湯本が応援したいと思っているのは、子育ても仕事も家事も自分のことも頑張りたいと思っている本当にフツーのママさんたち。なので、1回うん万円という価格帯ではなく、気軽に自分のためにじっくり時間をとれる居場所として「全肯定勇気づけセッション」をはじめ、ライフコーチングプランもご用意しています。

ママ友に話すのと何が違うの?

何かモヤモヤすることがある時に、ママ友に話してスッキリさせてるという方も多いかと思います。それでスッキリ解消してる!という場合はそれもよいと思います。

では、アドラー心理学をベースとしたライフコーチのセッションは何が良いかというと、「全て」「肯定的関心を持って」「その人の内なる灯を信じて」関わるところ。ジャッジなく受け止めてくれるところ。そしてコーチングアプローチで関わるので、単なる愚痴で終わらずにその先に進むステップが見いだせるところ。

また、コンサルやアドバイザーは、その分野の専門家としてクライアントさんに役立つ情報を提供してくれる人であるのに対し、コーチはクライアントさんの内なるチカラを引き出し持てる最大のパフォーマンスを出せるお手伝いをする人です。なので受動的に「何かがもらえるのか」を期待している場合には、コーチをつけても効果がありません。

ライフコーチをより一般的に使ってほしい!

毎週金曜夜19時半から市川うららFMにてオンエアしている「コーチングサラダ」もモットーは「より多くの人にコーチングコミュニケーションを知ってほしい・実践してほしい」なのですが、湯本の実際の活動も同じです。

クライアントさんは起業ママのみならず、フルタイム・パートタイム・派遣・自営・ボランティア、いろんな活動を通じて自己実現を目指しているママさんを応援しています。

自分の人生を自分で選んで創っていく。そのために気軽に立ち寄れて、自身を見つめ・認め・受け入れるきっかけになる場所として、湯本の「勇気づけステーション」をご活用頂ければと思います!

勇気づけステーションとは ≫

メニュー・料金 ≫

習い事感覚で出来る「ふり返り&未来計画」

毎月オンラインで1対1のふり返りセッションを開催しています。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

毎月のふり返りが習慣化してくる

すべての人に同じ時間が流れている。それをどう活かすかはその人次第。

湯本の2019年1月現在のご提供メニューとして、ファスティングサポートや全肯定勇気づけセッション、アドラー心理学の勇気づけを学ぶ講座などがありますが、その他に毎月定期的に行うふり返りセッションがあります。

意識的に日々を過ごしていても、何となく一か月過ぎていったとしても、すべての人に同じ時間が流れています。人生の中で最も価値があるのが「時間」だとすると、この時間の使い方をどのようにするかでその人の人生は決まってしまうと言っても過言ではないかと思うのです。

どのくらいの頻度で振り返るのか

止まることがなくどんどん過ぎていく時間を振り返ること、そしてこれから手にしたい未来を描き創ること。

この作業は、一生涯に一度、もしくは「入学」「就職」「結婚」「出産」などのライフイベントごとに行うのも良いかと思いますが、人はふり返れば振り返るほど、本当に望む方向へ軌道修正をして実現に近づくものです。

毎年、年初めに抱負を述べる方もいらっしゃるかと思います。1年に一度だって、人生100年時代でしたら100回近くふり返ることになるので良いと思うのですが、それを毎月行ったら?100×12で生きてる間に1,200回もふりかえることになるわけです。個人的にはさらに週1回ふり返れば約6,000回、毎日寝る前に一日をふり返れば約36,500回と、さらに自分の望む未来に近づくための軌道修正ができるわけです。

月1ペースで習い事のような感覚のふり返り&未来計画

毎日怒涛のように過ぎていく本帰国後のママの生活もよーく知っています。そして駐在先での生活は日本のように便利じゃなくて時間がかかるのもよくわかります。なので、現実的な頻度として、忙しいママには「月1ペースの習い事感覚」でふり返り&未来計画をご提案しています。

今月どんなことがあった?その時にどんな感情・感覚になった?それって自分にとってどんな意味があった?

自分だけで振り返っても十分価値がありますが、その時より深く出来事や自分に向き合い、そして俯瞰目線も忘れずに持てるパートナーとして、ライフコーチ(メンタルコーチ)の湯本をご活用頂ければと思います。

月1ペースのふり返り&未来計画オンライン(1対1)は、一定のワークに沿ってセッションを行うので月5,000円で始められます。詳細・お申し込みはこちらから ≫

こころもカラダも本当に必要なものは何かを追求する

ファスティングもライフエディットセッション(全肯定勇気づけセッション)でも、共通しているのが「本当に必要としているものは何か」ということでした!

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

こころもカラダも本当に必要なものは何かを追求する

思考もだけど、感情をより大事にする

湯本がご提供しているセッションはアドラー心理学ベースとしています。このセッションでは、クライアントさまが思考(脳)だけで解決するのではなく、身体から感じる感情を大事にしています。

実際、多くのことを動かしているのは、頭で考える”意識”ではなく、身体の本心である”無意識”です。なので、身体の声に耳を傾けることは、自らの人生をかじ取りする、望む未来を引き寄せるのに、大きなキーとなります。

カラダの声に耳を傾けたい時に役立つファスティング

そんな「身体の声に耳を傾ける」を実感出来たのがファスティングでした。

ファスティングをすると、体質改善や減量効果などの身体に見られる変化の他、「要るものと要らないものがわかるようになる」という自分自身の意識の変化も手に入れることが出来ると思っています。

ファスティングをした後は、これまでなんとなく手に取って食べていたモノが、添加物がたくさん入っていたり、いわゆる日本人の食性にあわなかったりすると、自然と「うーん、食べたいのはこれじゃないかも」と思えるようになるんですヨ。

でも面白いことに、「脳」や「目」は、今までと同じように戻ろうとするので、「コレ美味しいやつだよ~」とか「おなか空いたらコレ食べた方がいいんじゃない」と誘ってくるのですが、実際におなかの中に入れると身体(胃や腸)は「そうじゃなくて!」と反応するという・・・。

「幸せな人生」とは「自分で選択し満足を感じる人生」

何が必要で何が必要としていないかを自分で見極める。コレは食べ物のみならず、やらなければならないこと、持ち物、人間関係などなど、ライフスタイルを取り囲むすべてに言えると思います。

「幸せな人生」は「自分で選択し満足を感じる人生」。

こころもカラダも幸せな人生を手に入れるために、何を選び何を選ばないかを決める自分になりませんか?

自分の身体と向き合うファスティング、そして自分自身のこころに向き合う全肯定勇気づけセッションで、サポート致します。

メニュー・料金 ≫