「いろいろ異なる経験をした人が活躍する場は、もうすでに形成され始めている」某化学系企業人事部の方

今回は、先日「夫の海外赴任を『自分ごと』にする」を出版された中原美由己さんに送られた、某化学系企業の人事部の女性の元駐在妻を採用することについてのメッセージをご紹介いたします。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

 

「いろいろ異なる経験をした人が活躍する場は、もうすでに形成され始めている」某化学系企業人事部の方

中原美由己さんは、著書「夫の海外赴任を『自分ごと』にする グローバル駐在妻の選択~”転機”をチャンスに~」で、ネットリサーチの結果や、駐在妻経験者へのアンケートやインタビューから生の声を集めて、駐在先での生活について、そしてその経験をこれからの人生に活かしていくことについて、まとめていらっしゃいます。

 ←クリックするとAmazonに移ります

この本の著者である中原さんの論文を読んだことがきっかけで、元駐在妻を採用することにした某化学系企業の人事部の方が、中原さんにメッセージをお送りされたそうです。

現在、駐在先で「ここでできることを頑張る!」とスキルアップや経験幅を広げていらっしゃる駐在妻、本帰国後の働き方に迷いを感じる方元駐在妻にとって、お役に立てばと思いご紹介します。(中原さん、メッセージを送ってくださった人事部の方に掲載の許可を頂いております)

↑インタビュー動画の中でそのメールを湯本が代読しております。

 

中原さん:私の知り合い(人事:女性)が、今回の本を読んでくださった感想と合わせて、嬉しいメールを送ってきてくれました。

以下、メールの文面です。


数年前、元駐在妻を中途採用しました。中原さんの論文があったからです。

募集は、薬剤師資格保持者の枠でした。 わが社が化学系企業であることで、薬剤師を常に必要としていないため、採用は難航していました。 応募者はたくさんくるが、面接をしても人物が合わない状況でした。

そんななか、ある女性の面接をしました。結果的にその方を採用したのですが、その方は、元駐在員の奥さまでした。 当時、年齢は30代半ば、子供は2人で、下の子が8~9才でした。だから残業はできない。ベルダッシュで帰社することが条件。 旦那さんの次の赴任は不透明。単身赴任か帯同か決定したら考える。こどもの学校の状態次第。 しかし、数年後、子供の手が離れたら、総合職として管理職も目指してみたい。自分の実力を試してみたいというお話しでした。

実は、彼女は、資格保持者でしたが、部門としては、子供がいることが理由で履歴書段階で不採用になりそうでした。 しかし、私は、元駐在妻であり、語学力、今後のわが社の市場を考えて、私が面接を実施するところまで社内調整しました。 つまり、「会うだけあってみましょう」です。

面談を経て、彼女の意識と自立したところ、もちろん語学力で結果的に採用となりました。 彼女を採用した我が社の理由は、語学力を維持するための継続した努力(帯同前も育児後も同じ)です。 彼女は常に、できる範囲で努力をしていて、語学力やその分野の知識を向上させ続けていました。

子供がいるため、あえて派遣社員で働いていた時もあったけれど、そのときも将来に向かっての知識を維持できるよう勉強していました。 仕事に対する意識も高いし、子供が居る、将来退職するかもしれないというリスクはありますが、何よりも安定感がありました。

一方で、当初履歴書段階で不採用になりかけた理由は、子供の年齢でした。募集ポジションは残業と出張が見込まれました。 しかし、子供はいつか成長する。だから働ける。旦那は転勤になるでしょう。しかし、そのときについて行くかは、本当にわからない。 こういったコミュニケーションを社内でさせていただきました。

今の日本の労働市場は、帯同者だからと言う理由ではなく、男性も女性も「何ができる人なのか?」というところがキーになっていると感じます。 つまり、帯同者だからとか関係なく、できることが年齢と給与、ポジションと合致していないと結果的に難しい。 帯同者でなくても、主婦でできることがあれば、採用される可能性はあります。 入社後の育成にどこまでかけられるかわからないからです。

帯同者の方についていうと、やはり何ができるのか?というところの期待を、裏切ってはいけないように感じます。 他の方と違う経験を経ているのだから、そのスキルや人間的な深みは武器に成ると思います。 私が中原さんと出会った頃と今では、労働市場や職場環境は大きく変化しています。

これからではないでしょうか?年齢ではなく、何ができるかで年収が決まる時代になってきました。 スキルと給与が見合うように設定されていきます。 その給与に満足ができない場合は、自分を高めるしかありません。それは誰も同じ。 自立と自律、キャリア形成が本当に大事な時代になってきましたよ。 中原さんの論文がなければ、女性の採用時にいろいろ考えませんでした。

我が社にきてくださった先述の女性は、お子さんの手が離れ、来春からキャリアアップです。 当初の計画通りです。もちろん、ご主人が転勤になるかもしれません。しかし、私は、彼女が離職しても彼女が残してくれた働き方、意識はこの会社の財産になると思っています。

今でも、帯同者の方の募集はさせていただきたいくらいです。 語学のスキルと順応力の高さは武器です。 グローバル化、変化し続けないといけない企業では、この2つが大事ですよね。 いろいろ異なる経験をした人が活躍する場は、もうすでに形成され始めていると思っています。


 

私たち駐在妻ができること

まだ手がかかる子どもがいるから・・・、駐在期間のブランクがあるから・・・、また駐在になるかもしれないから・・・。本帰国後の元駐妻にとって、自分が目指したいキャリアにチャレンジすることって、なかなか高い壁を感じることと思います。

一方、企業側は、このメールの方のように感じている方がいらっしゃる。すべての企業がそうだとは限らなくとも、少なくてもそのような時代が来ていることを現場の方は感じている。

そういう時代に「仕事をしたい!」と思う私たち駐在妻ができるコトは、「状況」に対して自分から制約をつくるのではなく、「こういう状況だからこそ、今の自分には何ができるのか」「これからの自分のためにどんな努力をしていくべきか」を止まることなく考え・動き続ける、ということではないかなと感じました。

それは今のスキルをさらに深めることかもしれませんし、もしくはこれまでの経験の幅を広げるためにヨコ展開して新たなチャレンジをすることかもしれません。人生100年時代を生きる私たち世代にとっては、このことは駐妻に限ったことでもないかもしれません。

100年時代を生きるわたしたちが持つべきチカラ

世の中的にはちょっと遅ればせながらかもしれませんが、「Life Shift 100年時代の人生戦略」リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット著を読みました。当初、図書館で予約をしたら100人近く予約を待ってる人がいて、なかなか順番が回ってこなかったのですが(笑)、ようやく手にすることが出来ました!

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

 

100年時代を生きるわたしたちが持つべきチカラ

現在、40代に突入したばかりの私たち世代の親世代(現在70代くらい?)に当然だった「3ステージの人生」(教育・仕事・引退後)が、私たちの世代の人生では崩れ始めていて、さらに私たちの子どもたち世代ではさらに崩れ始める。それは寿命が延びて人生100年生きる人が多くなることによる影響がさまざまなところに現れてくる一つだという。

確かに人生が100年になるとしたら、これまでのやり方に固執するのは危険で、むしろ多様な選択肢を持つこと、柔軟な働き方・考え方を持つこと、そして有形の資産(お金・家など)だけでなく、無形の資産(スキル・仲間・ネットワーク・健康・自分を知っていること・変化に対応すること)をもつことが重要になってくる、というこの本に書かれていることは非常に説得力があると思います。

働き方も多様になり、お金に関する考え方、時間の新しい使い方も時代の変化に合わせたものにしていく必要があるという。当然、人生が長くなるからにはその分生活するのに必要なお金は持ち合わせていないとならない。

となると、60代で引退してその後は悠々自適な生活というのは難しく、80代くらいまで働く期間が延びるとすると、その間の技術的・スキル的な進歩や変化にもついていかないとならない。

となると、余暇の時間の使い方も今まではレクリエーションだったのが、リ・クリエーション(自分自身のスキルや知識やネットワークを拡大するために投資すること)の重要性が高まる、など、積極的に変化に対応していく姿勢が大事なんだろうと感じました。

ただ、この本にも書かれていましたが、確かにこのような長期にわたっての変化というものへの対応は、対応したからといってすぐに効果がみられるものでもないので、なかなか人はその対応まで手を付けないものだ、というのも納得。確かにそうですよねー。

 

人生舵取りして生きていく駐在ママを応援している湯本に刺さったこの本に書かれていたキーワードは、「自己効力感(自分ならできる、という認識)」と「自己主体感(みずから取り組む、という認識)」。コレ、以前、「限りなく完璧に近い人々 なぜ北欧の暮らしは世界一幸せなのか? 」という本を読んで書いた記事「で、「しあわせな生き方」って?」でも同じことを感じていました。

誰の人生でも、平坦なものなんてないわけで、色んな荒波があり、これまで経験したことがない変化が現れる時代に生きる私たちは、常にこの「自分ならできる!」そして「自ら取り組んでいく」という姿勢が非常に大事だと改めて感じました!

【オススメ本】笑い飯 哲夫の「仏教のはなし」

アドラー心理学、エッセンシャル思考から、引き寄せの法則、そして本質的な生き方・わたしらしい幸せを追求して考えていたら、仏教に興味を持ち始めました。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

 

笑い飯哲夫の「仏教のはなし」

仏教に興味を持ったといっても、全然仏教のことなんて知らないわたし。身近にお坊さんがいるわけでもなく、説法を聴くのは法事のときくらい。

でも、その時に聴くお話が結構、腑に落ちたり、こころの勉強を深めれば深めるほど、自分の人生に影響を与えているのは、今見えてるこの物質的世界だけではないことにも、否が応でも気付かされます。そもそも「こころ」なんて目に見えないですしね(笑)。

で、アドラー仲間であるお友達がオススメしてくれたのが、お笑いの笑い飯の哲夫が書いた「ブッダも笑う仏教のはなし」。

 クリックするとAmazonへ行きます

お笑いトークのノリで仏教についてわかりやすく解説してくれてます。

 

カレーに例えられて、みんな、人も物質もみんな本来一緒だったけど、穴の開いたおたまですくって、今はカタチがあるように見えてるだけ。それも、おたまに穴が開いてるからどんどん垂れていって変化していくように、人も物質もずっと同じであることはなく、また大きな鍋に戻っていく。というような解説があって、すっごくわかりやすいなぁと思いました!(これだけだとよくわからないという方、ぜひこの本読んでみてください♪)

アドラーが言う「共同体感覚」というのもそれに近いと私は理解していて、人も物質も果ては宇宙にまで共同体は広く捉えることが出来て、しかも時間軸でも過去・現在・未来すべて一緒の共同体であると。

アドラーを学ぶほどに仏教にも興味が湧いてくるわけです。まだまだ理解が浅いので、これからもすこーしずつ知っていきたいと思います。

本当に大切なことを見極め、そこに最大限の時間とエネルギーを注ぐ「エッセンシャル思考」

コーチ仲間から紹介してもらって読み始めた「エッセンシャル思考」という本が衝撃的にわたしの中で「コレ超大事!」と思ったので、皆さまにもご紹介します。

本帰国を控えた駐妻/駐在ママ特有の悩み・不安を解消します、家族を愛する海外駐在ママの「わたしらしい幸せ」デザイン湯本レイナです。

 

本当に大切なことを見極め、そこに最大限の時間とエネルギーを注ぐ「エッセンシャル思考」

【優秀な人ほど成功のパラドクスに陥りやすいP.30】

非エッセンシャル思考になる人は、優秀じゃないわけではない。むしろ、優秀な人ほど成功のパラドックスに陥りやすいという。「~ねば」という固定概念、「全部大事」に見える、「全部やれる」と思う、これが非エッセンシャル思考の思い込みだそうです。

本質を見据えて生きる=まさにコーチング的アプローチ

エッセンシャル思考の生き方の目指すところは、「本質を見据えて生きる」ということ。

目の前の数多くのタスクや課題に振り回されるのではなく、「そもそもどんなきっかけから始めたのか」「本当はどこに向かっていきたいのか」「何を一番大事にしてきたいのか」を考えるとのこと。で、実はこれらすべてコーチング的アプローチなんですよね!

「仕事」も「子育て」も「自分」も全部手に入れよう!は非エッセンシャル思考?!

わたしは「仕事」も「子育て」も「自分」も全部手に入れよう!をモットーに、駐在中もしくは本帰国後の元駐在ママたちをサポートしているわけですが、これはともすればエッセンシャル思考の真逆の発想?!

でも、「仕事」も「子育て」も「自分のコト」も、それぞれのことにおいてすべて100%完璧に・かつ自分で全部抱え込まずに、勇気をもって「やらない」決断をしたり、信頼できる人に頼ったりすることで、「仕事」も「子育て」も「自分のコト」も全部手に入れることが出来ると思っています。

例えば、仕事でもわからないことはゼロベースから自分で調べて・・ではなく既存の考え方でまずは進めてみて結果から改善していくとか、子育てでも頼らず自分の手で育て上げるのが一番・・ではなく色んな方の協力を得てみんなで子どもを育てていくとか、自分のことも「こころ」や「身体」や「魅力」をすべて自分自身で満足できる状態まで持っていって維持する・・ではなくその道の専門家に強力な味方になってもらうとか。

「見極める」「捨てる」「仕組みをつくる」

もっともっとこの本を読んで理解を深めていきたいと思いましたが、一度読み終わったところで感じるのは、「見極める」にも「捨てる」にも「仕組みをつくる」にも一度自分自身に向かい合うことが必須なんだろうなと。

どれを選ぶかと見極める時には自分の価値観や自分が恐れていることなどが浮かび上がるでしょうし、捨てる時には捨てられないできた自分と話し合う必要があるでしょうし、仕組みを作る時には周りに流されない自分らしい工夫をつくるために自分の特性も把握しておかないとならないでしょうしね。

 

本帰国後の忙しくて時間がない中で、子育てもしっかりやりつつ、自分の好き・得意・スキルを活かして自分らしく働きたい!そんな私と同じ想いをお持ちの方と、この「エッセンシャル思考」を一緒に深める勉強会を始めようと思っています。ご興味ある方はお問い合わせくださいね♪

駐妻キャリアnetサイトにて、エッセイを掲載させて頂きました

キャリアに悩む世界中の駐妻を、応援し共に成長するコミュニティである「駐妻キャリアnet」のサイトにてエッセイを掲載させて頂きました。

本帰国を控えた駐妻/駐在ママ特有の悩み・不安を解消します、家族を愛する海外駐在ママの「わたしらしい幸せ」デザイン湯本レイナです。

 

駐妻のキャリアに関して、地味だけれどもシビアな壁。それは・・・

慣れない海外での暮らし、不便な途上国での駐在生活。確かに一生忘れられない苦労エピソードの一つや二つは必ずどんな駐在家族にもあるかと思います。

ですが、今回、駐妻のキャリアに関して応援されているコミュニティである「駐妻キャリアnet」に掲載させて頂いたエッセイでは、地味ながらシビアな壁であった「本帰国後の働き方」について、正直な想いと紆余曲折を書かせて頂きました。

どんな駐在ママにも訪れる本帰国の時期。駐在中の方は、そのことを見据えて有意義な駐在期間を過ごされるのがベストだと思いますし、本帰国後の方は、そんな壁がありながらも選択肢はある現状をどう捉えるか、真に向き合うタイミングだと思います。

より多くの駐在ママ、本帰国後ママのお役に立てますように!

掲載頂いたサイト:駐妻キャリアnet

Facebookグループで素敵な人と人のつながりが自然と広がっています♪

先日立ち上げた「好き・得意・スキルを活かして自分らしく☆駐妻/ママの本帰国後の働き方」Facebookグループ(非公開グループ)で、嬉しい報告を頂きました。

家族を愛する海外駐在ママの「わたしらしい幸せ」デザイン湯本レイナです。

 

素敵な人同士のつながりが自然と広がっています

個人でおシゴトする時に大事な人と人のつながり

会社員勤めでなくなり、個人でシゴトをするようになると、さらに人と人とのつながりって大事だなぁと思う今日この頃。

もともと自分の大切な人と人をおつなぎするのは好きでした。それぞれ今はつながってないけど、同じ方向性でもしかしたら知り合ったら楽しいのではないかな?!と思う方々にお節介おばちゃん的にご紹介したり。

そして、最近は個人でお仕事されてる他の方ともお付き合いすることが多いので、他の方からのご依頼で私の知人を紹介することもしばしば。

で、さらに、湯本が最近立ち上げたFacebookの秘密のグループ「好き・得意・スキルを活かして私らしく☆駐妻・ママの本帰国後の働き方」の素敵なメンバー同士で活発に発信して頂いていて、つながりが自然発生的に広がっています!

今日はさらに驚くことに、湯本を共通の友人としていた方々がリアルの場でたまたま出会ったそうで、Facebook上でつながれて良かった♪とお2人ともからメッセージを頂きました!なんともビックリしましたヨ~!

同じ志を持つ者同士、自然とつながる。そのハブ拠点として!

そんな私と関わらせて頂いている皆さんの共通点は、やはり「家族を愛し大事にし」「好き・得意・スキルを活かしたシゴトで」「わたしらしく幸せ・喜びを循環させる生き方・働き方をしたいと思ってらっしゃること。もちろん、私も同じくです。

わたしも同じ立ち位置から、そんな皆さん同士がつながり共に上昇気流に乗って行けるハブ拠点でありたいと思っています。

本帰国後の働き方として、キャリア志向というよりも、家族を愛し・自分の好き得意スキルを十分に発揮して自分らしく社会に貢献する、決して「趣味だから」で逃げたくない私らしい幸せ・喜びの循環を起こす。そんな働き方を仲間と湯本と共に育んでいきたい方は、グループ参加は招待制になっておりますので、Facebookにて湯本までメッセージくださいね。https://www.facebook.com/reina.yumoto

「好き・得意・スキルを活かして自分らしく☆駐妻/ママの本帰国後の働き方」Facebookグループ

海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

 

駐妻の本帰国後の働き方を模索するのに役立つFacebookグループ

今回、「好き・得意・スキルを活かして自分らしく☆駐妻/ママの本帰国後の働き方」というFacebookグループを作りました!(非公開グループです)

https://www.facebook.com/groups/128001917839976/

本帰国後、駐在前と同じ働き方は難しい

海外駐在で一旦、自分のキャリアを中断した駐妻/ママ。3~5年程度の駐在がブランクとなり、その間に着実に年齢を重ね、本帰国後に再度、駐在前と同じ働き方をしようしても難しい。

・子どもを保育園に入園できない

・ブランクがあって即戦力となれない

・年齢があがり、採用されにくい

という就職における壁があったり

・専業主婦として子育てに向き合い

・子どもとの時間を大切にしたい自分がいる

・家族の協力やしわ寄せがある中でも働きたいと思うときに、その仕事内容はこだわりたい

などの気持ちが起こってきて、日本でそのままワーママを続けていたら思いもしなかった思考回路にもなってる。

本帰国する前に駐在期間に準備しておきたい

本帰国してからの試行錯誤は、本帰国後の周りのママ友(保育園に入れないので幼稚園ママ)にはなかなか理解してもらえない。

そんな本帰国後に働くことで自己実現してきたいママが、お互いに経験したこと、知っていることを情報交換・情報共有できる場を!と思ってこのFacebookグループを作りました。

現在駐在中の駐妻/ママや本帰国後の元駐妻/ママはもちろん、これから駐在を控えている駐妻/ママも大歓迎です♪

何とかしたいことをシェアして、お互いチカラになれることは協力して、駐在期間を有意義に過ごし、本帰国後の自己実現につなげていきませんか?