駐在先の幼稚園で子どもがいじめられてるっぽい、そんな時どうします?

子どもが集団生活を始める幼稚園、保育園、託児所などでの子ども同士のもめごと。これは日本でも駐在先でもどこにいても発生する頭を悩ますことの一つですよね。。。

特に駐在期間は、慣れない土地で文化も違う人同士の中に子どもは放り込まれるわけなので、どんな風に対処すべきなのか、こんなことで悩む自分が変なのか、と悩んだり、まだ知り合いも少ない場で誰に相談すればいいのかわからなかったり・・。そんな時、どうします?

家族を愛する海外駐在ママの「わたしらしい幸せ」デザイン湯本レイナです。

 

駐在先の幼稚園で子どもがいじめられてるっぽい、そんな時どうすればいい?

親が先回りして解決しない

状況は子どもの年齢にもよるし、子どもが「いじめられた」と言ってもその現場の様子を直接見てみないことには本当のところはわからないのですが、親が出来ることは唯一「どんなことがあっても、子どもの味方だしツラいことも、子ども自身が向き合うために吐き出すときには、お母さんは逃げずにここで受け止めるよ」という安心安全の場をつくること☆

「これが正しい・これが間違ってる」のジャッジをする人にならないこと。

この子には問題を解決するチカラがある」と信じて、親が先回りして解決しない」自分の子どもがイヤな想いをしたり、痛い想いをすると親としては直、自分事のように思えてしまうけれど、そこで解決するのは親のエゴ。子どもが自分で解決できるチャンスを奪うことになります。

とはいえ、黙って何もしないではいられない!と感じますよね・・・次回以降、これまた実践編として対人関係のお悩み解消法Tips~子どものいじめ編~をお伝えしますね。

 

今日もお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

アドラー心理学をベースとした湯本レイナのコーチング

メニュー・料金はこちら ≫

11月度セッション予約スケジュールはこちら ≫

Zoomなどオンラインで全国各地・海外各地のママがセッション・インタビューを受けてくださっています☆※オンラインの場合、Line通話、Zoom通話、電話など音声だけのセッションがオススメです。

 

【36歳から加速するママの人生を舵とりする】勇気づけメール

毎週水曜 AM 8:00にお届け中☆ ~子育てもシゴトも自分も手に入れたいママへ~

都道府県

 

 

 

☆ 世の中のすべてのママたち、今日もお疲れさま ☆

☆ 今日何があっても、今日のママよく頑張った ☆

~ママが幸せだと子どもも家族も世の中もうまくいく~

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください