【よくある質問】どうしても子どもにイライラしてしまいます

「どうしても子どもにイライラしてしまうんです」という声を、アドラー流勇気づけ子育て無料お話会でよく伺います。なんなら私もそのうちの一人なので気持ちがよーくわかります。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

 

子育てでよくイライラしてしまうママへ

イライラしてしまうものはイライラしてしまうんです!

このブログをお読み頂いているママは、きっとみんな仕事も家事も子育てもぜんぶ頑張ってきているママだと思いますし、「育児はこうしましょう」みたいなことは散々学ばれてきていると思います。

ノウハウをインプットしても、イライラするものはイライラしてしまうんです!だから、これ以上、こうしろああしろとか言われるのも、もうウンザリじゃないですか?笑

子育てに関して色々お伝えすることはできますが、ここでは「イライラしてる自分をそっと観察する」ことから始めます。そう、「あぁ、今イライラしてるなぁ」とただただ感じる、それだけです。それに対してイイ悪いをつけずに、フラットに感じる、ただそれだけです。

 

子育ての要は「よーく観察するコト」

私も含めて、「子育て超楽しい☆」と言い切れない、もともと子どもニガテなママにとって、子どもの愚図りや何でもかんでもお母さんのせいにするなどの理不尽に対して、いつもニコニコなんてしていられないのは至極自然なこと!

で、先ほどご紹介した「ただただ感じる」をトライしてみると、自分の感情を観察するクセがついてくると思います。「どんなときにどんな感情になる傾向がある?」「確かに24時間365日ずっとイライラしてるわけじゃない」「どんなコトにイライラする?」イライラのクセ・パターンが見えてきます。

例えば、夕方の子どもも疲れて自分も疲れてて、かつ夕食、歯磨き、お風呂、寝かしつけなど、目標の寝る時間までにやることが沢山あって心が焦っている時にイライラしやすい、とか。

客観的に自分の【傾向】がわかると、それに対する【対策】が出来ますよね。(受験勉強「傾向と対策」みたい^^)

イライラ自体を押さえつけたり、取り除こうとしたりしても、その感情にも目的があるので自分としてはスッキリしないんです。なので、イライラはそのものを否定せずに認めてあげたい。そして私たちが出来ることは状況や自分自身をよーく観察すること。観察結果から今後どうしていくかを検討する

これから長い夏休みに入り、子どもとの接点が多くなる時期に突入です。頑張るママのお役に立てたら幸いです♪

 

そんな子育ても仕事も家事も全部頑張るママへ贈る☆アドラー心理学の学びを無料で毎週水曜朝8時にお届けしてます!アドラー心理学をベースとした考え方で、駐在ママ・本帰国後のママの人生舵取りを応援する勇気づけメール」。無料購読はこちらから▼

都道府県

 

☆ 世の中のすべてのママたち、今日もお疲れさま ☆

☆ 今日何があっても、今日のママよく頑張った ☆

~ママが幸せだと子どもも家族も世の中もうまくいく~

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください