兄弟ケンカでイライラするとき・・・

我が家には、小4息子と5歳娘がいます。

海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

 

兄弟ケンカでイライラするとき

よーく観察してみる

2~3年前の子どもたちのケンカは、叩いたり噛んだりというサバイバル系(笑)でしたが、下の子もコトバが出るようになり、同等にやりあえるようになると、今度は口ゲンカ。。。

親としてはどうしても下の子をひいき目で見てしまいがち、であることを考慮したとしても、我が家の5歳娘は、小4息子のワガママを受けとめて「じゃぁ、こうしよう」などの提案をする方なのです。

でも、口ゲンカしてるって??

よーく聞いてみると、小4息子が5歳娘の言うこと為すこと、すべてにつっかかって、否定的なコトバをかけたり、ちょっとでも間違っていたら「正しくない」と正義を貫いたり。そんなやりとりだったんです。

これは去年(息子小3、娘4歳の時)のお祭りの写真

 

上の子の態度にイライラ

フツーなら、そんな上の子の態度、イライラしますよね。。実際、うちも不穏な空気が部屋中漂って、だんだん大人もイライラし始めて、最初は子どものケンカには極力、口出ししないと決めていたのでそのままにしていたのですが。。

昨日は、最後には「そのような息子の態度がどういう影響を周りに与えているか」「それに対して、お母さんはどう感じているか」を息子にじっくり話しました。

そういう不適切な行動をするってことは、お母さんやお父さんがあなたのことを大切に思ってるって伝わってないんだと思うととても悲しい、切ない、と。

こんなに大切に想っていて、こんな風に色々愛情を表現していて、と1つひとつのことを伝えたら、息子も涙目になっていました。

 

あなたのことを大切に想っている、と伝えること

もちろん、コレを話したから次の日から全く兄弟ケンカがなくなったというわけでもないのですけどね。

でも、「(お母さんは)あなたのことを大切に想っているよ」というのは、子どもは当然わかってるだろうと親は思っていても、実際には子どもには伝わっていないことが多い。

コトバにして、スキンシップなど態度で子どもに伝わるカタチで、「親の愛を伝える」大切さを改めて実感したのでした。

 

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

現在募集中サービスメニュー

7月度 体験コーチングセッション募集

アドラー心理学をベースとした湯本レイナのコーチング、体験セッション募集中です☆(ご相談実績116名)

体験セッション お申し込みはこちらから ≫

7月度体験セッション予約スケジュールはこちら ≫

CP0A5582

Zoomなどオンラインで全国各地・海外各地のママがセッション・インタビューを受けてくださっています☆※オンラインの場合、Line通話、Zoom通話、電話など音声だけのセッションがオススメです。

その他 メニュー・料金 ≫

 

 

 

「私、こんなもんじゃない!」勇気づけメール

毎週水曜 AM 8:00にお届け中☆

【36歳から加速するママの人生を舵とりする】

~子育てもシゴトも自分も手に入れたいママへ~

都道府県

 

 

 

☆ 世の中のすべてのママたち、今日もお疲れさま ☆

☆ 今日何があっても、今日のママよく頑張った ☆

~ママが幸せだと子どもも家族も世の中もうまくいく~

 

コメントを残す