あなたの「自分史(ストーリー)」つくりませんか?

新しいメニューとして「あなたの自分史づくり(ストーリー)」を考えています。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

 

あなたの「自分史(ストーリー)」つくりませんか?

100人いたら100通りの人生ストーリーがあるはず

これまで130名以上(2018年10月現在)の女性のコーチングセッションをさせて頂いてきて感じるのは、お1人お1人の、100人いたら100通りの人生ストーリーがあるということ。

当たり前と言えば当たり前なのですが、一方で「自分オリジナルな生き方」「他の人と比べることのない自分軸を持った生き方」に不安を感じる方って多いと思うのです。

一般的に成功と言えば、出世していること、収入が多いこと、有名になること、自分の子どもや夫が人が羨む立場にいること、などなど、固定概念があるかもしれません。

でも、それが本当に自分の望んでいることかというとそうではないはずなのですが、そのことにじっくり向き合うこともないまま忙しい日々が過ぎ去り、何となく「あの人はイイな」「自分はまだまだだ・・」と思ってしまうこともあるかと思います。

 

自分自身のやってきたことの棚卸し

生まれた時から、小学校、中学校、高校、大学・・・などの学生時代、そして社会人になってからの仕事時代や、結婚してからの家庭時代。色んなフェーズを経て今の自分自身にたどり着いていると思います。

そのフェーズフェーズで、どんなことをしてきたのか、どんな出来事があったのか。そしてその時々でどんなことを感じ、考え、大切にしてきたのか。それらを一つ一つ丁寧にお聞きしながら、ご自身が生きてきた軌跡を改めて描いていきます。

すると、自分自身にとっては当たり前で考えもしなかった・感じもしなかったことが「エッセンス」として浮き彫りになり、「確かにそうだ!」という自分の軸に気付くことがあるかと思います。

 

自分史(ストーリー)にはこれからの未来も含みます

過去を振り返るだけではなく、これからどうしていきたいかも含めて「自分史(ストーリー)」を描いていきます。

それが叶う・叶わない、相応・不相応など、まったく関係ありません。その方の生きるオリジナルストーリーなのですから!

何年後には自分自身は何歳になり、子どもたちは何歳・何歳、そして夫は何歳になり、その時にどんなところでどんなことをしているか。出来るだけ具体的に想いをカタチにしていくお手伝いをしていきます。

 

今までやってきたことを誇りに持ち、そしてこれからやっていくことをワクワクしながら実現していく。そんな人生のお供になるようにあなたの「自分史(ストーリー)」を描いてみませんか?

「さらにこういうのも含めてくれたら面白いかも♪」などご意見も伺いながら、新メニューに出来たらと思っていますので、お問い合わせもお気軽にどうぞ☆

 

アドラー心理学の学びを無料で毎週水曜朝8時にお届けしてます!アドラー心理学をベースとした考え方で、駐在ママ・本帰国後のママの人生舵取りを応援する勇気づけメール」。無料購読はこちらから▼

都道府県

 

☆ 世の中のすべてのママたち、今日もお疲れさま ☆

☆ 今日何があっても、今日のママよく頑張った ☆

~ママが幸せだと子どもも家族も世の中もうまくいく~

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください