【開催報告】9月度 海外つながるZoomカフェ

9月度(19日開催分)の海外つながるZoomカフェを開催しました。

海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

 

ないものは自ら開拓して創り出していく

今回は駐妻/ママのキャリアがテーマに

今回の海外つながるZoomカフェにご参加くださったのは、駐妻キャリアnet代表の加治屋真実さんと、中国駐在経験があり本帰国後は滋賀県で臨床心理士として子育てしながら活動に励む原田舞香さん、そしてインドネシアはジャカルタから駐在スタート1か月にして駐妻のためのオンライン勉強会を開催企画されている緒方順子さん☆

 

駐妻/ママの駐在期間もキャリアの一部

ブラジル在住の加治屋さんは現在一時帰国中で、ちょうどそのお昼休みにZoomでつながってくださいました。駐妻キャリアnetというコミュニティには「キャリア」という言葉が含まれますが、その意味するところは広く、有償の仕事にとどまらず、学びを深めたり、ボランティア活動をしたり、家庭に向き合うことも含めて、人生そのものであると。

駐在中の帯同家族は働くことができないケースが多いことから、その時の時間の過ごし方もまた「キャリア」の一つという考え方に勇気をもらいます。

 

駐在期間を学びの時間に

今回ジャカルタからZoomでつながってくださった緒方さんは、ちょうどこの日に船便が到着したというくらい駐在生活がスタートしたばかりの駐妻/ママ。すでに「今の自分は何もできていない」という想いにかられ、駐妻プチMBAをオンラインで開催する企画を準備中とのこと。

海外駐在のみならず、国内転勤でも地方に住む場合、同じように学びの期間としたいけれども、学びの場が必ずしもあるとも限らない。そんな場合には同じようにオンラインで受講ができるって、国内外の転勤妻にとって非常に魅力的だと思いました。

 

「駐在期間だから・・・」よりも、「駐在期間だからこそ・・・」の発想

駐在期間だから仕事が出来ない、駐在期間だから手に入らない、よりも、駐在期間だからこそこの時間をどう使おう!駐在期間だからこそ、同じ志の人と結束して今までなかったことなら自分たちで創り出そう!という発想の転換。

今回ご参加された方、皆さんその発想の転換で「今・ここ」を生きていらっしゃる!そしてそれは将来、本帰国した後のことを見据えて・・・。そんなことを感じました。

ご参加くださった方々、ありがとうございました!

 

今日もお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

現在募集中サービスメニュー

10月度 単発☆90分コーチングセッション募集

アドラー心理学をベースとした湯本レイナのコーチングセッション☆(ご相談実績117名)

単発☆90分コーチングセッション 詳細はこちらから≫

10月度セッション予約スケジュールはこちら ≫

CP0A5582

Zoomなどオンラインで全国各地・海外各地のママがセッション・インタビューを受けてくださっています☆※オンラインの場合、Line通話、Zoom通話、電話など音声だけのセッションがオススメです。

その他 メニュー・料金 ≫

 

 

 

「私、こんなもんじゃない!」勇気づけメール

毎週水曜 AM 8:00にお届け中☆

【36歳から加速するママの人生を舵とりする】

~子育てもシゴトも自分も手に入れたいママへ~

都道府県

 

 

 

☆ 世の中のすべてのママたち、今日もお疲れさま ☆

☆ 今日何があっても、今日のママよく頑張った ☆

~ママが幸せだと子どもも家族も世の中もうまくいく~

 

コメントを残す