本帰国後に、自分らしく自分が好きなコトを仕事にしている元駐在ママの印象的なコトバを今日はご紹介します。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

 

「気分はいつもご機嫌♪好きなコトをやるってこういうコト!」

「それって全部うまくいってるからでしょ?」いやいや、そうでなくてね・・・

こちらの元駐在ママは去年からずっとサポートさせて頂いている継続クライアントさま。海外駐在から本帰国された後、ゼロスタートでご自身の好き・得意を活かしてお仕事をされています。そして今さらにご自身の好き・得意を発展させて新たなチャレンジをされてる、そんな彼女のコトバ。

「いつもご機嫌って、その方が全部がうまくいってるからでしょ?そんなに現実は甘くないから・・・。」そんな声も聞こえてきそうですね。でも実際は、数字で実績を求められる、下積みの経験として本意ではない仕事も引き受けている、などなど、彼女も苦労は絶えないとのこと。

 

ご機嫌でいられる「メガネ」を持っている

じゃ、なぜ苦労も多いのにご機嫌でいられるのか?!それは、私たちアドラー心理学でよく出てくる「メガネ」がご機嫌メガネだからだと思うんです。

人はみな、それぞれが持つメガネを通して世界を見ているので、青いメガネで世界を見れば世界は青く見えるし、ピンクのメガネで見れば世界はピンクに見える。客観的な世界はなく、すべては主観的な世界なんですね。これをアドラー心理学では「認知論」と言いますが、【物事をどう捉えるか】それ次第で心持ちは変わるのです。

 

好きなことをする=自分はどうしたいかが明確、だからご機嫌♪

「誰がどう見てもネガティブな出来事」があったとしても、それに対してフラットに向き合い、自分はどうしたいか?が見えてくれば、それはもう既にネガティブなものではなくなっているはず。

このクライアントさまは、自分に向き合い、自分がどんなことが好きか、どんなことにワクワクを感じるかを日頃からよーく観察されてるからこそ、「自分はどうしたいか」が明確になり、だからこそ毎日、どんなことがあってもご機嫌でいられるのだと思うのです。

自分の好きなコト、ワクワクするコトを仕事にするってよく言われるけど、そのワクワクすることがわからないんだよねぇ。。。そんな方にライフエディットセッションおすすめです。ご自身のこれまでの人生を棚卸して、自分自身にしっかり向き合う時間をとってみませんか?

90分5,000円ライフエディット体験セッションはこちら ≫

 

アドラー心理学の学びを無料で毎週水曜朝8時にお届けしてます!アドラー心理学をベースとした考え方で、駐在ママ・本帰国後のママの人生舵取りを応援する勇気づけメール」。無料購読はこちらから▼

都道府県

 

☆ 世の中のすべてのママたち、今日もお疲れさま ☆

☆ 今日何があっても、今日のママよく頑張った ☆

~ママが幸せだと子どもも家族も世の中もうまくいく~