海外転勤となると、家族の胃袋を任される母としては毎日の食べ物をどうしようか、というのが生活レベルでまずは考えるコトかと思います。

何でも手に入れば良いかというとそうでもなく、その土地で手に入るもの、その土地の季節・気候の変化、そして家族、特に子どもたちの健康や成長のために正しい知識をもとに、何事も判断していきたいですよね♪

今回は、これまでニューヨーク、シンガポール、そして現在は上海在住の2児のママで、中医学を学ばれている清水美紀さんにインタビューをさせて頂きました。

家族を愛する海外駐在ママの「わたしらしい幸せ」デザイン湯本レイナです。

 

【教えて!他の駐在ママはどうしてる?】中医学でどこの国に住んでも自分も家族も元気でいよう!上海で中医学を学ぶ駐在ママにインタビュー☆(Nov. 2017)

美紀さんはこれまで駐在されていたニューヨークで、マクロビオティックを学ばれ、食に興味をもたれたとのこと。ただ、マクロビオティックは禁止事項も多く、なかなかストイックにやらないと出来ない・・・。

一方、中国に駐在を機に学ばれた中医学は、「全ての食べ物には役割がある」という考えから、体質や季節に合わせて普段の生活で手に入るもので、その組み合わせなどを工夫してできる。どんなところに住んでいても、誰でも手軽に取り入れることができる♪とのこと!

せっかくだったので、寒くなってきたこの季節に知っておくと良い「冬の豆知識」も教えて頂きました♪(14:09)

美紀さん、お忙しいところありがとうございました!

中医学ではバランスをとることが大切だそうで、身体にいいからってそればかり摂りすぎるのは何でもよくないそうです。

その辺り、情報に関しても同じことが言えそうですね。周りに溢れる情報に流され過ぎずに、家族の胃袋を任されている駐在ママとしては、食に関しても正しい知識をもとに「自分軸」をもって、どこの国でも駐在生活を楽しみたいものですね♪♪

清水美紀さんのブログ、わたしもいつも愛読しています♪

上海発!中医学、中国茶、アロマ。。。いろいろな知恵を取り入れて、ココロもカラダも元気に♪