海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

海外駐在経験者に聞こう!をテーマに、各国で駐在生活をしている人に現地での生活の様子についてお聞きしています。

 

海外子育てママにインタビュー

今回ご紹介するのは、中国は蘇州で1児のママをしている駐在ママさん。

私は本帰国してから既に4年以上経つので、蘇州の街の様子も大分、変わってきていたようでした。以前は上海なら手に入りやすかったというものも、今は蘇州でもカンタンに手に入るとか。どんどん便利になっているんですね!

一方で、現地蘇州の様子を伺うと、以前、暮らしていた時のことを思い出しました。

キレイな青空の日は極端に少なく、いつも曇っているような空。小さい子どもをベビーカーに乗せて外を散歩してても、街の至る所に工事現場があって歩行者が歩けない歩道になってる。気軽に自然の中で子どもを遊ばせられる環境が近くにない。

日本ではフツーで当たり前の光景である、晴れた日の青空とか、工事現場でも安全確保している様子、四季折々の自然を楽しめることなど、以前の駐在中の一時帰国や本帰国直後の時に、とても「特別」で「やすらぎを与える光景」だったなぁということも思い出しました。

一度日本から出て海外から見たからこその、日本の魅力。そんな広い視点をもつことができる駐在経験ってとっても貴重なものだなぁとも感じました。

インタビューのご協力ありがとうございました!

駐在中は楽しもうと思えば楽しめることもあるけれど、制限がある中での生活の連続で、こころが苦しくなることもありますよね。。。いまや、場所を問わず、ネットで顔を見ながらコミュニケーションがとれる時代。

湯本レイナのコーチングでは、ママを全肯定して評価・判断・ジャッジ一切なしで聞いてもらえるので、気持ちよくたっぷり話せて思考の整理もでき、これまでよりも広く視野が持てます。セッションでの小さな気付きから、その後の生活で見え方が変わり、行動が変わり、手にする結果が変わってくる。

今回のインタビュー記事が、海外でがんばるママのお役に少しでも立ちますように!