【第3弾:元駐在ママがひとり起業を始めるはじめの一歩】その素敵な商品をお届けしたい相手は誰?

海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

現職メンタルコーチであり、前職ユーザビリティコンサルタントだった湯本の得意分野は「(サービス提供側の)想いをカタチにすること」そして「(お客さまの)発言・行動から、(お客さまの)心理・心情に共感・理解すること」

そんな湯本から、元駐在ママがひとり起業を始めるはじめの一歩について連載でお伝えしています!今日はその第3弾☆

 

「その素敵な商品をお届けしたい相手は誰?」

さぁ、ここからはいよいよ、あなたの商品サービスをどんな人に届けて喜んでもらいたいか、についてです。

この辺りの設計を、前職のユーザビリティコンサルタント時代に徹底して行っていましたので、それを元駐在ママのひとり起業向けにカスタマイズした方法をお伝えしますね。

その前職でやっていた「ユーザビリティ」とはユーザの使い勝手の良さを!ということなので常に「ユーザ目線」で見ます。当時は、誰もが知っている大手企業のウェブサイトがその対象でそのウェブサイトを使うだろうユーザ像の方にお越しいただいて実際にサイトを使ってもらい、その行動や発言、その人が思っているだろう願いを観察し、くみ取って、改善案を練ります。

時には、ユーザが欲しいというもの以外にもある意味「刺激」となるものを配置してみて、これも再度ユーザに使ってもらうユーザテストしてみて検証したりも。

このように、理想のユーザ像に近い方に使ってもらっての「実験」と「観察」が重要で、そのためにはそのユーザさんとはどんな人なのか具体的に把握することがとてもとても重要になってきます。

この「ペルソナ」といわれるもっとも商品・サービスをお届けしたい人もっともあなたが喜ばせたい人の人物像を具体的に描くのです。

30代女性子ども二人、、、とかだと、、、具体性がもっと欲しい!

というのも、30代で子どもが二人いる女性って世の中とってもたくさんいますね。そして、それらのたくさんいる女性たちの求めているもの、価値観などって様々。

なので、もっともっと絞っていきたい!この辺り、湯本の得意分野なので1人ではなかなか描けない・・・という方は、ご相談くださいネ☆一緒に考えていきます。

そんな感じでペルソナ描けたら、今度はその人がどんなことに困っているのかその心理に迫りますヨ!

次回も湯本の得意分野!メンタルコーチとして110名以上のクライアントさんとお話しさせて頂く中で、最初の悩みから、本当の悩みに辿り着くことが多かったですし、ユーザビリティコンサルタント時代のウェブサイトのユーザテストでも300名以上のユーザのウェブサイト利用時の言動を観察し、本当のニーズをくみ取ることをしてきました。

というわけで、次回は「お客さまの心理に迫る!」です。お楽しみに☆

今日もお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

現在募集中サービスメニュー

10月度 単発☆90分コーチングセッション募集

アドラー心理学をベースとした湯本レイナのコーチングセッション☆(ご相談実績118名)

単発☆90分コーチングセッション 詳細はこちらから≫

10月度セッション予約スケジュールはこちら ≫

Zoomなどオンラインで全国各地・海外各地のママがセッション・インタビューを受けてくださっています☆※オンラインの場合、Line通話、Zoom通話、電話など音声だけのセッションがオススメです。

その他 メニュー・料金 ≫

 

 

「私、こんなもんじゃない!」勇気づけメール

毎週水曜 AM 8:00にお届け中☆

【36歳から加速するママの人生を舵とりする】

~子育てもシゴトも自分も手に入れたいママへ~

都道府県

 

 

 

☆ 世の中のすべてのママたち、今日もお疲れさま ☆

☆ 今日何があっても、今日のママよく頑張った ☆

~ママが幸せだと子どもも家族も世の中もうまくいく~

 

コメントを残す