【第6弾:元駐在ママがひとり起業を始めるはじめの一歩】全ては実験→観察の繰り返し!

海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

現職メンタルコーチであり、前職ユーザビリティコンサルタントだった湯本の得意分野は「(サービス提供側の)想いをカタチにすること」そして「(お客さまの)発言・行動から、(お客さまの)心理・心情に共感・理解すること」

そんな湯本から、元駐在ママがひとり起業を始めるはじめの一歩について連載でお伝えしています!今日はその最終回の第6弾☆

 

「全ては実験→観察の繰り返し!」

お客さまの心理に迫る時に「仮説」という言葉を使いましたが、何事も実験と思ってまず「仮説」を立てたら、それをもとに筋書きを作りお客さまに使ってもらい、それを「観察」する。これらを繰り返し行うことが必要です。

合ってるかどうかは誰もわからないのです。わからないからやらない、のではなくわからないからやってみて、その結果を観察してみる。

観察した結果、変えた方がよさそうな点があれば、また実験だと思って変えてみて、また観察する。この繰り返しです。

とても地味な作業のように思えますが、結果を出しているアスリートに対するコーチングでもこのような作業が繰り返されていますし、実際、ユーザビリティコンサルタント時代、ウェブサイト画面の設計書上のボタン一つの大きさ、形、色、配置場所においても、このような実験・観察を繰り返して成果につながっていました。

発信一つとっても、何時に発信するのか、どのようなコトバ使いをするのか、どんな内容について発信するのか、文字(テキスト)発信か音声発信か、文字(テキスト)メインの発信か視覚的に訴える画像メインの発信か、などなど、一番喜ばせたいお客さまにとって一番良いものは何か「わからない」=無知である前提で色々試してみる・失敗してみる勇気を持つ。

わかったつもりでいるなんて、むしろおこがましい!と思うくらいで♪

その勇気の積み重ねが、お客さまにドンピシャなものをお届けできる第一歩になるかと思います。

元駐在ママがひとり起業を始めるはじめの一歩は、ここまでで一旦おしまいです☆これと並行してファンづくりに欠かせないコミュニケーション、自分からの発信、自分も楽しみながら、(イイ意味で)周りを巻き込みながら、お客さまに忘れられないように継続的に関わっていく仕組みづくりなどが必要になってくるかと思います♪

ひとり起業を始める時は準備も結構時間がかかるもの。これらを比較的、時間的にも手間的にも余裕がある駐在時期に行うことが出来たら、本帰国後の忙しい毎日の中でいざ収入を伴うひとり起業を開始するときにも、非常にスムーズに!

ぜひ、駐在中のひとり起業準備に参考にして頂ければと思います!

今日もお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

現在募集中サービスメニュー

10月度 単発☆90分コーチングセッション募集

アドラー心理学をベースとした湯本レイナのコーチングセッション☆(ご相談実績118名)

単発☆90分コーチングセッション 詳細はこちらから≫

10月度セッション予約スケジュールはこちら ≫

Zoomなどオンラインで全国各地・海外各地のママがセッション・インタビューを受けてくださっています☆※オンラインの場合、Line通話、Zoom通話、電話など音声だけのセッションがオススメです。

その他 メニュー・料金 ≫

 

 

「私、こんなもんじゃない!」勇気づけメール

毎週水曜 AM 8:00にお届け中☆

【36歳から加速するママの人生を舵とりする】

~子育てもシゴトも自分も手に入れたいママへ~

都道府県

 

 

 

☆ 世の中のすべてのママたち、今日もお疲れさま ☆

☆ 今日何があっても、今日のママよく頑張った ☆

~ママが幸せだと子どもも家族も世の中もうまくいく~

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください