駐在期間をブランクとは言わせない!駐在中に何をするかで本帰国後のキャリアは変わる

海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

駐在期間をブランクとは言わせない!駐在中に何をするかで本帰国後のキャリアは変わる

ハイキャリアだった駐在妻/ママほど「ブランク」と思いやすい

日本にいたときには、着々とキャリアを積んでいた。徐々に仕事も任されるようになったところでの夫の海外駐在に帯同してきた駐在妻/ママたち。

夫と一緒にいることを、そして子どもがいる場合はパパも一緒の家族でいることを最優先にして駐在先に帯同することを選んできたわけだけど、やはりここで3~5年ほど過ごして日本に帰る頃には

  • 自分自身の年齢もプラス3~5年になる
  • 業界の流れも3~5年経てば変化している
  • その3~5年の間に職場の人たちは着々と前に進んでいる

そして自分はVISAの関係で「仕事」には携われない。

そう思うと、駐在期間をキャリアの「ブランク」と言うことも確かにできるかもしれない。いわゆる「空白」「何もない状態」であったと。。。

でも、私たちは駐在期間を「ブランク」とは言わせない!

駐在先でも、何かしら自分たちのスキルアップ、キャリアの棚卸、経験の幅を広げるチャレンジなど、出来ることは探してみると意外にありますし、私が駐在していた2010年前後に比べて、距離を距離と感じさせないオンラインツールの発達で、逆に海外にいることを強みにしてご自身を活かして自己実現されてる駐在妻/ママもいらっしゃいます。

そして、その考え方が本帰国後にも影響する

駐在期間を「ブランク」と捉えるか、逆に「チャンス到来」と捉えるか。その捉え方次第で、本帰国後のあなたのキャリアの方向性や、そして本帰国後に、メンタル面でのモチベーションを維持していくことにもつながるんじゃないかと思っています。

動いている人は動いています。「ブランク」とは言わせない有意義な駐在期間の過ごし方、一緒に作っていきませんか?

駐在期間は学びの時間に。けれど駐在先によっては欧米ほど選択肢がないあなたへ

海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

 

駐在期間は学びの時間に。けれど駐在先では欧米ほど選択肢がないあなたへ

私の場合、現地文化習得がメインだった

私の場合、2009年の中国赴任当初は子どもが1歳半で、3歳頃に子どもが幼稚園に入るまでは、習い事さえもあまりせず、本当に子ども中心の生活でした。

ようやく子どもが幼稚園に入り、自分の時間が出来た頃から、語学が好きだったので大学や語学学校へ通って中国語を習ったり、茶器がカワイイので(笑)中国茶を習いに行ったり、下の子を妊娠・出産であまり外出できなくなったので、自宅でできる中国結びを習ったりしていました。

本帰国後に知る、駐在妻/ママのスキルアップへの意識の高さ

私自身は、駐在前のキャリアもさほど「ハイキャリア」というわけでもなく、駐在生活はキャリアの分断とも正直思っていなかったので、中国駐在中は、中国ならではのことを学んで日本に持って帰れたらイイなと思って時間を過ごしていました。

が、日本に帰国してから、元駐在妻/ママだったという方々にお会いしてお話しを伺っていると、皆さん意識が高い!!

こんな私が「海外駐在ママのライフデザイン」だなんて、だいそれて言えない~、と思ってしまうくらい、駐在期間を有意義に過ごされています。

ま、こんな私が「海外駐在ママのライフデザイン」を応援したいと思ったのも、私のような、駐在期間有意義だったけど、日本に帰ってからのキャリアのことももっと考えたり、相談出来てたら良かったな~という想いからなので、これも必然といえば必然なのですが・・・。

話題は、今の志が高い駐妻/ママの皆さんの話へ戻します。(笑)

それで、皆さん、駐在期間を有意義に過ごすべく、収入はもらえないけれどボランティア活動としてスキルや経験を活かして仕事をしたり、この期間は自分のスキルアップに集中!ということで、学びを深めたりされています。

欧米諸国への駐在であれば、本帰国後の再就職に備えて、大学院へ学びに出かけるケースもあるようですが、東南アジアはじめ、英語圏ではない場合、駐妻/ママが駐在期間内に大学院授業を受けられるだけのレベルの言語習得をして、実際に大学院授業も習得するというのは、なかなかの至難の業。

と、ここにきて耳にした「駐妻プチMBA」という企画!最近よく耳にする「育休プチMBA」ならぬ「駐妻プチMBA」をインドネシア駐在中のママがされていらっしゃるという!!駐妻プチMBAに関しては、内容やスケジュールなど、これから具体的なものが出てきたらこちらでもシェアさせて頂きますね!

オンライン技術が発達してきた昨今、海外駐在のみならず、日本国内でも地方への転勤妻にとってもこういう企画があるって、自分をブラッシュアップするとても素敵なチャンスになりますね♪

【開催報告】9月度ふり返って「未来実現」対面サロン

海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

9月度の「ふり返って『未来実現』対面サロン」を開催しました。今回は夏にガーナから本帰国したばかりの駐在ママも初参加!

 

ふり返ることの大切さ、そして長期目線で未来を見通すことの大切さ

モヤモヤしていた→時期が明確になった!

今回、本帰国したばかりのガーナ帰りの駐在ママも参加してくださいました。彼女は10年ちかくかけて3か国をスライド駐在続きだったので、久しぶりの日本の生活に不安をもつのも当然。子育てもずっと海外でしてきた彼女なのですが、日本での子育て情報、学校情報も人づてで得て、ようやく2か月経った今、少しずつ落ち着いてきたそうです。

彼女にとって本帰国にあたっての不安を受け止めてくれるメンタルコーチの湯本の存在が安心材料になっていたということで、本帰国を控えている駐在中のママや、本帰国後バタバタした中でもこれからのことを考えたい元駐在妻/ママにはありがたい存在とおっしゃって頂き、こちらこそありがたい☆笑

そんな彼女は、これからの子育てと自分のシゴトのことでモヤモヤしていたけれど、話してみんなに聞いてもらってスッキリして、そして自分の状態や未来のことを「見える化」したことでアクションの時期が明確になった!と、初参加の感想をくださいました☆

継続することの大切さ

リピート参加してくださってるママからのこれまたありがたい感想☆彼女は去年の年末から毎回、対面サロンに参加くださっていて、その時々の資料と今の自分を比較することで、どんな気持ちで未来を描けばいいか、自分のクセなども見えてきたそう。

継続して参加するって面白いね~、これイイね~、とおっしゃってくださいました。コレ、今回が2回目参加の、もうお一方からもお聞きした声です。Zoomサロンの方でもそうなのですが、リピート頂いている方はこの「継続的にふり返り未来を描く」の好循環を実感してくださっているんだろうなと感じました!

共に上昇気流にのる不思議な相乗効果

1対1のパーソナルコーチングセッションでも、毎回ふり返りはするんです。でも、このサロンの良さは「他の方のこれまで頑張ってきたこと、そしてこれから不安がありながらも前に進もうとしている姿勢」を自分にとってもイイ刺激・糧として持って帰ることができるということ。

「未来実現」サロンなのだから、前向きな気持ちじゃなきゃ参加できないんじゃないか、と思いがちですが、そんなことはないんですよ。

落ち込むことは誰にだってあるわけで、そんな落ち込んでいる自分もみんなが受けとめてくれる、そしてそんな中でも頑張ってきたことがあることもみんなで認めてくれる。そんな時間を過ごすうちに自然と「よし!今、できることから頑張ろう!」っていう気持ちになっていかれてます。

ご参加くださった皆さん、ありがとうございました☆

駐在先でボランティア活動、きっかけは人それぞれですが、「ホントは仕事をしたい」って本音も

海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

ここのところ、現役海外駐在妻/ママさんにオンラインでお話しを伺う機会が多いのですが、駐妻/ママさんの中には「ボランティア活動」をされてる方もいらっしゃいます☆

 

駐在先でボランティア活動、きっかけは人それぞれですが「ホントは仕事をしたい」って本音も

ボランティア活動といってもさまざま

私自身が中国・蘇州に2012年まで駐在していた時のボランティア活動といえば、息子が通うインターの幼稚園のイベントお手伝いや日本人親子のための絵本サークル活動といった、「ボランティア」といっても自分たちの子どもの成長のために自分たちができることをやるというものがメイン。

「社会の役に立つ」「自分のシゴトのスキルアップになる」という内容のものではなかったと記憶しています。

中国・蘇州でお世話になった絵本サークルのクリスマス会

ところが、最近お聞きするのは、これまでフルタイムで活躍されてた業界のご自身のスキルを鈍らせないように、情報発信をしたり、取材記事を書いたり、これまで就業経験はないけれど持ってる資格を活かしての教育関係の仕事をされてたり。これらをボランティア(無償)でされてるという。

その背景には「本当は駐在先でも、社会に役に立つ仕事がしたい」という想いが根底にあるんだろうな。お話しを伺いながら、そんなことを常々感じます。

日本にいても海外にいても、社会に人に役立つ・貢献できる存在でありたい

駐妻/ママになる前に日本でしていた仕事が、ようやく1人前として徐々に仕事を任されてきて、仕事に責任感・やりがいを持ち始めた。そんな矢先に夫の海外駐在で帯同となった駐妻/ママならなおのこと、日本じゃなくても働きたいと思うのも自然だと思います。

ただ、駐在先で仕事をするには多少なりとも夫に協力してもらう必要があり、夫の会社に交渉してもらうなど、自分だけの努力でできる事でもなく。。。泣く泣く諦めるしかないケースもよく伺います。

社会の役に立つ存在であるためには、有償の仕事をすることばかりではない、ということから「無償のボランティア活動というカタチで自分が出来ることを提供していきたい!」「日本でも海外でも自分のスキルや得意を活かして、人の役に立ちたい!」

決してカンタンではない、駐在先でボランティア活動をされてる駐妻/ママの心の奥には、そんな強い想いが秘められているのだと思います。

「駐在中の今、何をすべきか」悩むことありませんか?

海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

夫の海外駐在に帯同家族として現地に赴任してから、半年くらいは生活基盤を整えたり、周りの日本人コミュニティの方々にお世話になることも多く、歩調を合わせてお付き合いしたりして、あっという間に過ぎてしまう方も多いかもしれません。

一方、半年以上経ってくると、だんだん現地生活にも慣れてきて、毎日淡々と過ぎていくので「駐在先でも何かしたい」と思う駐妻/ママも一定数の方いらっしゃる。特に、駐在前までしっかり働いていたフルタイムの女性だとなおさらですよね。

そんな時に思うのが「駐在中の今、何をしておくべきなんだろうか」という悩み。。

 

「駐在中の今、何をすべきか」悩むことありませんか?

制約と可能性・目的と意義など考えるほど整理がつかず・・

フルタイムの職を手放して家族帯同した駐妻/ママにとって、駐在中、色々な制約はありながらも、駐在前までのシゴトで得てきた充実感・達成感などと比較しても劣らない「有意義な時間」になるように過ごしたい!!

では、今、駐在先のここで何ができるんだろうか。

国によっては、VISAの制約をクリアすれば、リモートワークで仕事をすることができるかもしれない。フリーペーパーに載っている求人情報をチェックすれば、日本語教師、取材、情報発信などなど、時間や場所の制約がある中でも子育てしながら空いてる時間に仕事をすることができるかもしれない。収入がある仕事は出来ないけれど、ボランティア活動はできるかもしれない。子育て、移住、働く、など同じテーマを持つ現地で暮らす日本人女性同士のコミュニティづくりをすることもできるかもしれない。

でも、果たしてその活動が本帰国後の自分のこれからの生活・就職・シゴトにどれだけ役に立つのだろうか?はたまた役に立たなくても、今ここでやること自体に意味があるものなのか?

色々と考えれば考えるほど、グルグル思考になって整理がつかなくなりますよね。

駐在期間はキャリアの棚卸のチャンス

そこで、駐在中の今だからこそ、有意義に過ごしたい駐在妻/ママにお伝えしたいのが「駐在期間はキャリアの棚卸のチャンス☆」であるということ。

確かに駐在がきっかけでキャリアが分断されたけれど、、、。そのままワーママ続けていたら本帰国の時期には、それなりの立場になっていたかもしれないけれど、、、。

駐在帯同して、今、目の前に広がる異国の世界に身を置いて日本とは違う価値観・様々な壁を経験するからこそ得られるものもあるはずで、それと同時にこの駐在期間という時間を使って考える。

  • これまで自分がやってきたこと
  • それの何が良くて、好きで、楽しくてやってきたのか
  • そこには自分のどんな価値観があるのか
  • そんな自分がずーっと先の未来にはどう在りたいのか、何をしたいのか
  • そのためには、本帰国後の自分はどんなことをしていたいか
  • そのためには、本帰国までの自分は何をしておきたいか

そんなことって、子育てしながら仕事をしていたワーママ時代には、考えたくても考えるチャンスがなかなかなかったんじゃないかなと。

いわゆる「キャリア」というと、就職・出世・経験・スキルだけに目が行きがちですが、それ以外にも、プライベートの自分の在り方、自分がどう生きるのかという生き方そのものを含めた「ライフキャリア」を一度棚卸する絶好のチャンスだと思うのです。

駐在生活、だいぶ落ち着いてきた今、改めて考えてみませんか?【自分のライフキャリアの棚卸】

周りとうまくやっていきたい駐妻/ママこそ「課題の分離」を知ると人間関係に悩まなくなる

海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

駐在中って周りで関わる人間関係って非常に限られていて、もちろん現地の方や同じように海外から駐在で来ている他国の方とのお付き合いもできますが、やはり多くは同じように日本からの駐在妻とのお付き合い。皆さんはどうされてますか?

 

周りとうまくやっていきたい駐妻/ママこそ「課題の分離」を知ると人間関係に悩まなくなる

嫌われると海外では生活できない?!

周りの方と仲良く、波風立たせずに過ごすために・・・。そんなことを海外に住む日本人同士意識的、無意識的に思っているところはあるかと思います。

慣れない海外での生活。全くのひとりで最初から全てこなせるわけもなく(英語圏でないと語学の壁があり特に・・)、誰しも誰かのお世話になりながら、助けてもらいながら、生活しているのが現状なのでは。

そんな背景がある駐妻にとって、人間関係が生活基盤にもつながりやすく、「嫌われる=生活していけない」と言っても大げさ過ぎないのではないでしょうか。

周りとうまくやる=自分を押し殺すこと?!

では、そんな人間関係をうまくやっていくためにどうしたらいいのか。

カンタンに思いつくのは、相手優先・自分は後回し。もともと日本にいたときからそういう性格~という方もいらっしゃるかもしれませんが、そうでない方もまずは駐在先輩の声を優先して生活に取り入れるというフェーズも少なからずあるかと思います。

でも、自分を押し殺してまで相手を優先するって、続けていくと苦しいですよね。

「それっておかしいんじゃない?」と思ってもなかなか声に出せないでいるとか、人の目が気になるようになってしまって、自分が行きたいところ・やりたいこと・チャレンジしたいことを表に出せずにいるとか、小さなことでもその積み重ねでモヤモヤ・ザワザワすることがありませんか?

人目が気になるときにこそ「課題の分離」

もちろん駐妻のみならず、全ての方に当てはまりますが、自分の言動に対して人の目が気になるという方にお伝えしたいのが、アドラー心理学でいう「課題の分離」。

その課題で一番困っているのは誰なのか、その課題は最終的にそれによって困る人の課題。そうしたら他人は【相手の課題に踏み込まない】・【相手が課題を課題として思う権利を侵さない】。

「相手が自分のことをどう思うか」も自分にはどうしようも変えることができないことであり、相手の課題。自分の課題にしちゃわない。自分が発信したことに対して、それでも付き合いたいと思ってくれる方と付き合えたらそれが一番幸せですものね。

海外だとそれがなかなか思うようにならないこともある。しかも、駐妻仲間は常に新たな方が加わり、仲良くなった方は本帰国していくという、人間関係の変化が日々続いていく環境。

周りの人には言えないけれど、誰かに話してモヤモヤをスッキリさせたい。そんなときには利害関係がないメンタルコーチがあなたのお役に立てます。

また、どんな対人関係もアドラー心理学の勇気づけコミュニケーションでスンナリいくことも♪そんな勇気づけコミュニケーションをオンラインで学べる「アドラー心理学勇気づけ勉強会(オンラインELMエルム講座)の詳細はこちらから ≫

精一杯リラックスする時間を「設定」してみよう

海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

個人的な話しですが、私は土日は家族時間として、基本的には仕事をしていません。家庭によって状況は異なり、週末に働くことがダメなわけではなく、、、。今日はそんな、週末家族時間にしているひとり起業女子としての感じ始めていることを書きたいと思います。

 

精一杯リラックスする時間を「設定」してみよう

在宅オンラインのひとり起業だからこそ・・・

会社員なら月~金に会社に行って仕事モードになり、帰宅後や週末は家族モード、とそのオン・オフの切り替えが明確。けれど、ひとり起業でかつ在宅でオンラインのシゴトが多い場合、どうしても家事・家族のこと・シゴト・自分のことなどがごちゃごちゃと交じりがち。

だからこそ、敢えて自分の中で「オンの時間」「オフの時間」を設定して、気持ちもそれに合わせてスイッチ切り替えしてみませんか?

精一杯リラックスすると自然とシゴトに集中したくなる

とはいっても、やらなければならないことがたくさんある時に、すぐ目の前にできる環境があればシゴトに取り掛かりたくなる。特にひとり起業女子のシゴトは、自分の好き・得意・スキルを活かしてやっているので、基本的に皆さんシゴト好きですしね(笑)。

でもそこを敢えて、週1日は何も予定を入れない日を作る、とか週末は家族との時間を優先するなど、自分で設定してみると見えてきたこともあります。

家族に申し訳ないなと思いながら作業にあてた時間よりも、子どもと流れるプールで思いっきり体力を使い、楽しそうにしている笑顔を見ながら一体感を味わい、外からの日差しに照らされた窓の大きな屋内プールの景色に色んな想いをはせた後の作業時間の方が、はるかにシゴトへの集中力が高まる。

どうしても家でシゴトをする時には集中力が下がりがちで、スピードが落ちたり余計なことに時間を費やしてしまうこともありますが、こんな感じで徹底的にリラックスをすると集中力って否応なしに高まる気がします。

平日に子どもとプールに行けなくとも(笑)、作業を始める前に短くてもコーヒータイムをとってから始めるとか、1か月に1度は自分を整える時間に設定するとか。

シゴトに子育てや自分のことが絡むととても複雑で、私自身も「シゴトの時間と自分の時間」「シゴトの時間と子育ての時間」「子育ての時間と自分の時間」という関係で、罪悪感をもちながら両立をさせるべく挑戦中なので、「頭ではわかってるけど、そうはいってもなかなかできない」というのもよくわかります~。

でも、時間は「自分で設定」しない限り、流されていくものですものね。