1人ひとりに役割があり、各々それを全うすると起きること

子ども向けクラシックコンサートに5歳娘と行ってきました。海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

全然、わたしは音楽通でもないのですが、演劇だとか音楽だとか、上の子(現在10歳)が小さい時には意識して連れて行っていたものの、下の子(現在5歳)はあまり経験させてないなぁと思い、夏休みイベントで近くで開催される「ぼくとわたしのコンサートデビュー」に出かけてみました。

娘は開演直後から「あとどれくらいで終わる~?」といつもの調子だったのですが、私自身あまり体験がないオーケストラの生の演奏で想うことがたくさんあり、そのことを記しておきます。

 

1人ひとりに役割があり各々が全うすると起きること

オーケストラとは1人ひとりの役割の集合体

今回のコンサートでは、「誰でもわかるオーケストラ大辞典」というプログラムもあり、子どももわかりやすいオーケストラで使われる楽器の紹介をしてくださいました。それで、それぞれの楽器に注目しながら演奏をよーく見ていたのですが・・・。

もっと大規模なオーケストラでは、同じ楽器の方が複数いたりするのかもしれませんが、今回のように1つの楽器に1人、もしくは多くても2人くらいのオーケストラの演奏を見ていると、それぞれの楽器が奏でる役割というか、(ちょっと大げさですが)責任というか、そういうものを感じました。

メロディーラインを奏でる木管楽器の方はもちろん、脇を固める打楽器や弦楽器の一つ一つの音が大切な役割をもっている。どれも一つの曲を作るのに必要とされている。だからこそ、それぞれの楽器の演奏者はその楽器の奏でる音に誇りをもって演奏している。そんな風に思えました。

指揮者の全体を見渡すチカラ

今回の指揮者は、橘直貴(たちばななおたか)さんという方でした。指揮者の人は皆そういうものなのかもしれませんが、手先だけじゃなく身体全体で指揮をとるのですね!演奏者のひとり1人に全力で関わる姿が後ろ姿からも感じられました。

また、今回は子どものためのコンサートということもあってか、会場の方も何度も振り返って様子を見ながら演奏を進める。そんな演奏者ひとり1人の個性を引き出し、かつ演奏者と会場の調和をとる役割。子ども相手のイベントであったとしても、指揮者の方の「イイものをつくり届けたい」という想いが伝わってきました。

まだまだ、娘は素直にクラシック音楽を楽しめる年頃でなかったかもしれませんが、一緒に行ったわたしがたくさんのことをインスパイアされた一日でした☆

褒めることと自己肯定感

「褒める」ことで子どもの自己肯定感は上がる?むしろ下がる?海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

 

褒めることと自己肯定感

教育関連の方の講演会で聞くことは

子どもを幼稚園や小学校に通わせていると、いろんな教育関連の方がいらして子育てについての講演会などをしてくれます。

「わたしメッセージ」を使いましょう!は必ず言われることであり、私も学んだ「親業」でも他のコミュニケーション学でも、これは外せない基本ですね♪

また、「子どもはいっぱい褒めてあげましょう!」とお話しされる方もいらっしゃいます。最近よく耳にする「自己肯定感」を高めるために、「子どもを褒めて育てる」というように使われてるようにも。実際、褒めることで自己肯定感は上がるのでしょうか。

褒めることの弊害

もちろん、褒めることが有効な子どもの年ごろ、状況などもありますが、褒めることに弊害もあります。

褒められて育った子に植えつけれるのは、「褒めてもらうために頑張る」という条件付きの意識・それに伴う行動。褒めてもらえない環境(=大人が周りにいない)の時には頑張らないという、循環になることも。

また、うまくいかなくて褒めてもらえない時には「自分はダメなんだ!」「価値がないんだ!」と思ってしまう。すると失敗を恐れたり、チャレンジが怖くなったりします。

そう考えると、褒めることが単純に自己肯定感をあげるとも限らない、というわけですね。では、どうするか。アドラー心理学では、褒めることもせず、叱ることもせず、勇気づけをします。勇気づけのコミュニケーションの積み重ねが、子どもの自己肯定感を育むと考えます。

 

「不完全である勇気」と、逃げてませんか?

「不完全である勇気」とはアドラー心理学でよく言われる考え方です。でも、それは本当に「不完全である勇気」ですか?海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

 

「不完全である勇気」を逃げに使っていないか

「不完全である勇気」とは

何かをするときに、完璧を追い求めすぎて一歩が踏み出せない。もっと上手くなってから、もっと色々と学んで知識を増やしてから、もっとキレイになってから、、、。先延ばしにしていても、「その時」というのはなかなか来ないものです。

現時点で100%完璧・理想のカタチでなくとも、自身が今やれるだけのことをやったのであれば、それを人前でアウトプットするなり、実践で使うなりして、勇気をもって一歩前に進む。

そうすることで、フィードバックをもらってさらに良くなる点が見えてきたり、それがきっかけでさらに大きな舞台でアウトプットができるチャンスを提示されたりするかもしれない。

もし今の状態がまだ不完全だと思っているとしても、必要以上に自分を卑下したり、必要以上に自分を大きく見せたりすることなく、ありのままの自分で出してみる。

そんなことを「不完全である勇気」と言っていると私は解釈しています。

とことん追求するということ

一方、会社などでもよく言われますが、お客さま目線で徹底的に使いやすさを追求するとか、お客さまのニーズを徹底的に洗い出すとか、これらもとても大事なことだと思います。

サービスや商品の提供側が一度カタチづくったらこれで完璧、と思い込むことほど怖いものはなく、何度も何度も問いかけ、練り直す。そんな過程があるからこそ「イイもの」が出来上がる。では、この【徹底的に】というのをどこまでやるのか。

不完全である=ありのままの自分を認めること

阿久津大樹さんと共催しているアナ雪でアドラー心理学をもっと知ろうの会でも出てきますが、「ありのままでいる」=「そのままでいい」というわけではないということですね。

不完全である自分は今のありのままの自分である。そんな自分を認めて外に出していくけれども、そのままでいいと思っているわけではない。力の及ぶ限り、時間の許す限り、【徹底的に】ベストを尽くすことありきで「不完全である勇気」を持つものだと思うんです。

ちょっと言葉がキツイですが、「不完全である勇気」と言ってまだ出来ることがあるのにやらないのは、「逃げ」に利用しているだけなのではないか。自戒を込めて書いてみました。

【オススメHP】駐妻キャリアnet

駐在妻として夫の海外赴任に帯同してきたけれど、駐在先ではビザの関係で働くことが出来ない。これまで働くことが楽しかった・やりがいがあった女性であればあるほど、駐在先で突然の専業主婦の生活に戸惑いを持つ方も多い。。。

海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

そんな駐妻の心強い味方になってくれるサイトがあります。

 

キャリアに悩む世界中の駐妻を、応援し共に成長するコミュニティ

実はみんな同じことを思っていた

ブラジル在住の駐妻である方々が、そんな世界中のキャリアに悩む駐妻を応援しともに成長するコミュニティを立ち上げてくださいました。それがこちら!

駐妻キャリアnet

私はFacebookグループでこちらの存在を知りました。Hatena Blogでブログも掲載されていて、そのストーリーはどれも、駐在妻経験された方なら首を大きく縦に振りたくなるような、強く共感できるものばかり。

Facebookグループのメンバー数も半月で100名を突破するなど、働くことで自己実現してきた・していきたい駐妻は世界中にいることが見受けられます。

そう、実はみんな同じことを思っていたんだ!

駐在先の特殊な環境。でも自分は自分らしく

駐在先の環境って、日本にいるのと異なるのは、生活基盤を会社に依存しているというところ。

これが国際結婚や海外移住であればまた話が別ですが、駐在員の生活は会社の規定の中でのことが多く、費用を負担してくれていたり、住む場所を確保してくれていたりと助けてもらえることも多い反面、自分勝手なことはすることが出来ない・会社(夫)に迷惑をかけられない、という駐在妻の暗黙のプレッシャーがあるかと思います。

専業主婦志向の方が多い中、キャリア志向であることをアピールするのは、狭いコミュニティでの協調性に欠けることと思い、シゴトに対する想いなどをうちに秘めたままでいるハイキャリアな駐妻もいます。

でも、本当は自分もシゴトをしたい。働くことで自己実現したい。そんな想いを妻も当然持ってよいと思うのです。

もちろん、様々な条件のもと、日本にいる時と同じようなカタチで働くことが出来なくても、本帰国後のシゴト開始に役立つ準備をするとか、リモートで働くことが可能であれば自分の得意を活かして働くとか、ネット環境が充実してきた昨今ではそのようなことも選択肢として見えてきました。

海外赴任に帯同したから自分の人生は波にのみこまれた・・・ではなく、自分の人生という波をサーフボードに乗って自ら舵取りしていく。そんな日本人女性がもっともっと増えていければ、そしてお互いに協力しあってパワフルになれたら、そう強く思います!

【教えて!他の駐在ママはどうしてる?】本帰国後に好き得意でシゴトをしているママに聞こう☆2017年7月~臨床心理士編~

海外駐在のためにキャリアを分断してきた駐在妻・ママにとって、本帰国後にどのように社会に貢献できるかはとても関心が高いもの。海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

 

本帰国後に好き得意でシゴトをしているママに聞こう☆2017年7月~臨床心理士編~

ご主人の海外駐在による家族帯同のために、これまで目指していたことを一旦手放した。でも、駐在中の期間を「有意義」に過ごすことに注力し、そして本帰国後もカタチは変われど、これまでの経験を活かした臨床心理士の仕事に関わり続けていく。

そんな元駐在妻・ママの原田舞香さんにお話しを伺いました。(30:11)

「おかれた場所で咲く」

「ムダになることは一つもない」

「転んでもタダでは起きない、何事もあきらめない」

前回の秘書業界の元駐在ママの周藤さんのインタビューでもありましたが、「(何かうまくいかなくても)あきらめない」って、今、活躍されてる方の共通点ですね!

ライフイベントにより色んな困難が押し寄せることがある女性の人生ですから、やはりこの「あきらめない」って、シンプルですがとても重要☆

マインドマップで小学生の夏の読書感想文

まだ7月ですが、夏休みも2週目に入り、今回もまた小学生の夏休み宿題のこと。今日はマインドマップde読書感想文です。海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

 

マインドマップで読書感想文を書こう

読書感想文って難しい!

私たちママ世代の小学生のころもありましたよね、読書感想文。特に書き方を教わったわけでもなく(記憶にないだけ?)、本を読んだら書けるでしょ、という無茶ぶりの中(笑)、夏休みの宿題のみならず作文って私はとても苦労した方です。。

でも、本当は読書感想文を書く、っていろんなことが頭の中で行われてる複雑な作業。

  1. 本を読んで内容を理解する
  2. その内容をもとに自分の考えを持つ
  3. 理解した内容と、自分の考えを、読んでもらえるようなカタチ(文章)にしてアウトプットする

それを一色単に「ハイ、書いて」と言われても、そりゃ小学生じゃなくてもシンドイですよね。。

マインドマップを活用してみると

そんな複雑な作業を一つ一つ整理して考えていくのに便利なのが、マインドマップ☆

「頭の中の整理」とともに「自由な発想を広げる」のに使えます。困っているときや混乱しているときは、いろんなことがごちゃ混ぜでぐるぐる回転してて、掴みようがない状態。それを、コーチング同様、今、どんなことが起こってて、それをどんな風にしていきたいのかと「見える化」することで、着実に前に進むことができます。そう、夏休みの宿題も着実に終えていくことができます(笑)。

↑私が去年の年末に最高の1年後をイメージして描いたマインドマップなので、参考イメージ(笑)

どんな風にマインマップを使うの?

実際には、3枚のマインドマップを作ります。上記のような色付きじゃなくて、黒一色でしかもカンタンに描くで大丈夫。

  1. 本について:本の内容(あらすじ)について、本の著者について【整理するマインドマップ】
  2. 自分はそれに対してどう思ったか・感じたか:本の内容に対しての自分の意見、感じたこと、考えたことを【どんどん書き出すブレインストーミング的マインドマップ】
  3. 人に伝える文章として書くとき、どう書くか:上記の1、2をもとに、実際に作文を書くときの骨組みとなる。起承転結を軸に、読むことになったきっかけ、あらすじ、何が印象的でそれはなぜか、どんなことを学んだか、など【相手に伝えるマインドマップ】

親が出来ることとは「聴き手」に徹する

それぞれのマインドマップのテーマに合わせて質問をしていきました。

「どんな内容だったの~?」「この本を書いた人ってどんな人なんだろうね~?」とか。

「どんな箇所が一番印象に残ってる?」「それの何がイイなぁと感じたの?」とか。

「この本を読んだことがない人に、この本を読むとこんなことを得ることができるとか、自分は学んだよ、と言うとしたら、なんて言う?」とか。

親が先取りして「こうあるべき」って提示してしまうと子供はそれに従うだけになってしまうので、あくまで親は【聴き手】でね。

ただ、このステップ3以降、実際に文章にするとなると、また手直しが必要になったりするので、国語ニガテ男子にとってはやはり読書感想文はなかなかの手ごわい相手です。ですが、夏休み第1週で読書感想文を終えた息子は、その日、何度も「あー、やっぱり読書感想文が終わってるってなんかスッキリしてイイね~!」と言ってました。ハイ、母親のわたしもスッキリしてますヨ(笑)。

【オススメ本】メモで未来を変える技術

未来実現をメモで叶える本を読んでいます!海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

 2つ続けて本の紹介となりますが、最近お友達にならせていただいた小野正誉さんの「メモで未来を変える技術」という本を読んでいます。

 メモで未来を叶える

 無意識に働きかける

先日の「お金と未来実現セミナー」でもお伝えしたように、意識よりも無意識に働きかけると夢を現実化させる可能性が高まる、ということがこの本でも紹介されていました。

その方法の一つとして、頭の中にあるものをメモに書き出すということなのですね☆

まさに、その先日の「お金と未来実現」セミナーを開催2日後にこの著者の方とお会いしたので、なんとも「未来実現」を考えていたら、同じことを考え・それを本にして出版されてる方を引き寄せてしまった~!と思いました☆

「繰り返し・何度も」も重要

ちゃんとしたノートでもなく、ちゃんとした手帳でもなく、100円ショップで売っているような「メモ帳」で常に持ち歩いて、思いついたらすぐに書くっていうところも、セミナーでお伝えした「繰り返し・何度も」と同じです。一度書いたら終わりではなく、同じことになったとしても書き続けることが大事だそうです。

さっそく、私も家にあった小さなメモ帳を使って、【メモ使い】を始めました☆皆さんも始めてみませんか?詳しいことは本を読んでみてくださいね♪