準備8割、本番2割から見る「望む未来をやすやすを手に入れる」方法

今年度、娘の幼稚園PTAの係で家庭教育学級のリーダーを務めております。それで、4~7月の1学期のうちに3回学級を開催することがミッションとなっておりました。今日は、先日その3回目の学級を終えた今感じた「望む未来をやすやすと手に入れる」感覚についてです。

海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

 

望む未来をやすやすと手に入れる方法

準備8割、本番2割

よく言われることですが、何か成功させたいイベントがあったときに、本番で成功するかどうかは準備が8割を占めているということ。

1学期の間に3回、家庭教育学級をリーダーとして開催してきたのですが、(前年度の資料を参考にしながらも)当然、5月の1回目は試行錯誤の中でした。前年度と同じようにやってみても、色々な反省点は出てくる。

前回の反省を受けながら、6月の2回目学級を実施し、7月の3回目学級と、徐々に慣れてきて事前準備にも余裕を持って準備万端にて本番を迎えることができました。

第2回目、第3回目の学級の形式は、これまでなかった新たな試みをとりいれたのですが、結果、本番もすべてスムーズに無事に終了することができました。

成功を当たり前のように自然とイメージする

そんな、第3回目が終了した昨日の午後に感じたこと。

第3回目ともなると、「絶対にこの学級を成功にて終わらせる!」なんて意気込みは少なかった。

学級開催までの準備として、事前にクジで席を決めておいたり、学級に必要なものを確認したり、制作したり、買い出しをしたり、各方面の関係者への事前連絡・チェック、当日朝まで連絡がくる急な欠席への対応などなど。もうここまでやったら、当日は時間に沿ってやるべきことをやるだけ。そんな気持ちでした。

結果、当日は地域のアドバイザーを8名もお迎えし、その場での臨機応変が必要なこともありつつ、ひとつ1つ対応することができて、無事に参加保護者もお招きしたアドバイザーさんたちも満足した学級を終えることができました。

そして今年度、同じ家庭教育学級の部員さんが皆さん協力的で、下の子赤ちゃん連れの方もいながら、みながお互いできることをできる人がやろうの精神で手伝いあって成功できたのも、とても助かった点でした。みんなありがとう~!

というわけで、やはりこの「成功(夢)を自然と達成できると無意識で思っている」状態が、それを実現するイイ状態だったんだ、と改めて感じ、成功・叶えたい夢がある人にはゼヒともお伝えしたいと思いました!

駐在先に持っていくべきもの・不要だったもの、教えてください。

昨日に引き続き、イギリス駐在中のやまりんさんへのインタビューのご回答をご紹介します。海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

 

現役、駐在妻やまりんさんにインタビュー

チェックしてくださった方はおわかりのように、めちゃくちゃ海外駐在妻にとって役に立つ情報に溢れてる!この情報収集や発信には、エネルギーと情熱と愛情が感じられる~☆そう思ってお伺いしました。

Q:湯本「駐在先に持っていくべきもの・不要だったもの(国によって事情が異なるかと思いますが)教えてください。」

持っていくべきもの:日本の調理器具・子どもの靴・虫よけ

A:やまりんさん

「持っていくべきものはやっぱり、日本の調理器具です。100円均一で菜箸とかしゃもじとかは買っておいたほうがいいです。あと、なぜかやたら現地校に子どもをいかせるとお寿司を作らされる笑ので、手巻き寿司用の巻きすを用意すると重宝します。あとは、炊飯器とたこ焼き器かな。たこ焼き粉は買えますし、最悪自分でも作れます。

ちなみに、家電を持っていくと変圧器が必要になるのですが、数は意外と少なくて済んでいます。

あとは子どもの靴ですね。日本のもののほうがやっぱり日本人に合ってますし、安くて履き心地もいいのは間違いないです。可能なら2,3年先まで踏まえて、大き目のものを何足か船便にほうりこんでおいてもいいかと。

もうひとつ、細かくなっちゃいますが、虫よけは持ってきたほうがいいですね。ロンドンは涼しいから蚊がいない!なんて言われましたが、その代わりダニがいました・・・。

要らないもの:自転車、自動車

A:やまりんさん

「反対に、英国(ロンドン)で要らないものは何と言っても自転車です。交通事情も違って、けっこう危なっかしいですし、しょっちゅう盗られます。

あと自動車を日本から持ってくる人がいますが、そもそも自動車に関する感覚がまったく違うので要注意。こっちは多少こすったりバンパーがへこむのを全く気にしないので、日本で大事に乗っていた人はものすごいカルチャーショックを受けます。縦列駐車も当たり前で、けっこうアグレッシブで駐車する人(私もそうなりました笑)が多いので、車は割り切ってこちらで調達したほうがいいですよ。」

明日は、「これから海外駐在される妻・ママにひとことアドバイス!」をお聞きしましたので、ご紹介します♪

やまりんさんブログ▼▼

駐妻は1日にして成らず!海外赴任準備サポートブログ

望む未来を実現するために

先日、学生時代の友人と一緒に、定例の半年一度の贅沢ランチへ行ってきました。海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

 

望む未来を実現するために

いまのわたしには、まだ・・・と思ったとしても

ハイセンスを知る友人たちと共にするランチは、半年に一度の贅沢ランチという名目(笑)でわたしは行かせて頂いていますが、本当にクオリティが高い。お料理はもちろん、お店の雰囲気、サービス、配慮、などなど。もちろん、お値段もハイクオリティ。

ハイセンスなお友達にとっては、普段づかいのように慣れた空間。でも、まだまだハングリー精神でシゴトに取り組んでいるわたしには、実はまだ「贅沢すぎるんじゃない?」とおじけづいてしまうこともあります。

でね

知らないことは夢にも描けない

「知らないことは夢にも描けない」って聞いたことがありますか?

よくコーチングセッションでも「何にも制約がなかったら、どんなことをしていたいですか?どんな風にありたいですか?」と聞くことがありますが、その時に描ける世界っていうのは、これまで目の前に広がったことがある、想像したことがある、要は頭の中で見える世界。

例えば、わたしはクルマのことに無知なので、良いクルマを買いたいと思っても、世に出ているクルマの種類やブランド、シリーズなどを全然知らず、何を望めばよいのかもわからない、望む未来を描けない。

高いクオリティを知る

今、手に入っていようが入っていないであろうが、知っていなければ描くことはできない。そして、描けない未来は手に入りにくいのです。たまたま手に入るチャンスがあっても見逃しやすいのです。

自分にはまだまだ・・・と思ってしまうことがあったとしても、高いクオリティを知っておくことは、自分が望みたいと思った時にそれを描くことができる選択肢になる。もちろん、高いクオリティだけが望みである必要はないので、自分の意思で選べるために知っておくことが大事だなと思うのです。

そんなわけで、たとえ「私にはまだ身分不相応」と感じる自分がいたとしても、ハイセンスなお友達との時間は有意義に味わい・感じ・楽しむことにしています。

純粋にそのお友達との時間は、ありのままの自然な自分でいられる大切な時間でもあったりするんですけどね♪

駐在家族のお金のコトどんなことはおさえておいた方がよいですか?

昨日に引き続き、イギリス駐在中のやまりんさんへのインタビューのご回答をご紹介します。海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

 

やまりんさんブログ▼▼

駐妻は1日にして成らず!海外赴任準備サポートブログ

 

現役、駐在妻やまりんさんにインタビュー

チェックしてくださった方はおわかりのように、めちゃくちゃ海外駐在妻にとって役に立つ情報に溢れてる!この情報収集や発信には、エネルギーと情熱と愛情が感じられる~☆そう思ってお伺いしました。

Q:湯本「駐在家族のお金のコト、どんなことはおさえておいた方がよいですか?」

手当の確認・買うもの優先順位・クレジットカードの点検

A:やまりんさん

ページにも書かせていただいておりますが、(会社にもよるものの)赴任に際していろいろな手当が出るところが多いのでまず予算がいくらあるのか、夫によく確認(問い詰めるとも言う)することです。その中で優先順位をつけて買うものを決めます。

あとは自分が持っているクレジットカードの点検ですね。VISAとかAMEXがあればまあ大体なんとかなりますが、JCBだけだとちょっと心許ないです。一番いいのは、マイルもたまる航空会社系のカードを持っておくことだと思います。

赴任後はお給料の形態が変わって、現地通貨受け取りが出てくると思います。いわゆる「駐在員レート」といって普通の為替より優遇されるケースが多いと思うので、おススメはできるだけ現地通貨でもらって、適宜日本の口座に送金すること。

裏技として、会社でやっている財形貯蓄とか社内預金があれば、そっちはできるだけ少なくしてお給料に乗せ換えると、上記の駐在員レートのメリットを最大限享受できると思います(って、こんなこと書いていいのかな笑。でも旦那さんの会社のルールに則っていればいいはずなのですが)。」

明日は、「駐在先に持っていくべきもの・不要だったもの」についてお聞きしたご回答をご紹介します♪

【メキシコ発 駐在妻・メンタルコーチ】自分も周りも幸せにしちゃう生き方

海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

私は駐在ママのメンタルコーチとしてサポートを日本に帰国した今、行っていますが、現在進行形でメキシコに駐在中のコーチもいますヨ!

 

【メキシコ発 駐在妻・メンタルコーチ】自分も周りも幸せにしちゃう生き方

【メキシコ発駐在妻メンタルコーチ】自分も周りも幸せにしちゃう生き方

私たちは同じコーチングスクールのほぼ同期。彼女の醸し出す雰囲気から、絶対仲良くなれそう!と勝手に思い込んで(イイ思いこみ♪)仲良くさせていただいてます♡

去年の夏からご主人の海外転勤に帯同家族としてメキシコに渡り、メキシコ生活をされています。

先日の清江ちゃん一時帰国の時には色々現地のお話しを伺いました☆

現在進行形で駐在妻をされてる方のお話しは本当に「生の声」!

そして、自分自身の中国駐在時を思い出し「国は違えど同じだね~」と駐在妻トークに花が咲きました☆あなごのお店でランチ。

日本に一時帰国中は、限られた日程の中で海外では出来ないことをやり尽くしたい!って誰もが思うとても貴重な時間。「会いたい人」「食べに行きたいお店」「買っておきたいもの」色々と事前に計画立てて、充実した一時帰国を皆さん過ごされますよね☆

そんな感覚も本帰国してしばらくすると薄れてしまうので、こうやって現在進行形で駐在妻をされてる仲間と話しが出来るのは有難いものです♪

そして、現在進行形で駐在妻をされてるコーチがメンタルコーチとして活躍しているというのは、現地の駐在妻にとってはとても心強いのだろうなと。今後の活躍にも期待!

駐在が決まったら、まずは何から準備にとりかかるべきですか?

昨日に引き続き、イギリス駐在中のやまりんさんへのインタビューのご回答をご紹介します。海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

 

やまりんさんブログ▼▼

駐妻は1日にして成らず!海外赴任準備サポートブログ

現役、駐在妻やまりんさんにインタビュー

チェックしてくださった方はおわかりのように、めちゃくちゃ海外駐在妻にとって役に立つ情報に溢れてる!この情報収集や発信には、エネルギーと情熱と愛情が感じられる~☆そう思ってお伺いしました。

Q:湯本「駐在が決まったら、まずは何から準備にとりかかるべきですか?」

「何月何日に向こうに行くのか」をはっきりさせること

A:やまりんさん

「とりあえず、ざっくりでもいいので、「何月何日に向こうに行くのか」をはっきりさせること。

そこから、引越し業者の手配と航空券の予約、ビザの手配をするのが最初の動きですね。

特に、異動の多い4月は同じような時期に予約が殺到するので、この3つは1秒でも早く動くことを強くお勧めしたいです。

ここで後手に回ってしまうと、いろんなことのスケジュールが狂うし、何よりストレスがたまってしょうがないので・・・。」

明日は、「駐在家族のお金のコト、どんなことはおさえておいた方がよいですか?」についてお聞きしたご回答をご紹介します♪

【駐在ママにお役立ち情報を】海外子育てママにインタビュー ~中国・蘇州~

海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

海外駐在経験者に聞こう!をテーマに、各国で駐在生活をしている人に現地での生活の様子、現地に行くまでのことなどをお聞きしています。

 

海外子育てママにインタビュー

今回ご紹介するのは、蘇州在住12年の超ベテラン2児のママ☆井土純規さん。

※Zoom収録中の画像の保存に失敗し、ご本人のご了承をいただき、ヒアリング時の雰囲気だけ再現しました^^;

どちらを選ぶかは自分次第

ご主人のお仕事を中心に生活環境が変わる駐在家族にとって、どんな軸をもって変化に対応していくか。常に考えて、選択していく日々の連続。

特に子育て中の家族の場合は、どのくらい駐在する期間が続くか?その時の子どもの年齢は?教育環境は?子どもたちの選択は?

どちらでも選択できる道があったとき、どちらを選ぶかはすべて自分たち次第

だからこそ、夫婦で親子で家族で、たくさん話して、悩んで、最終的には「自分たちはこうしていきたい」という、「他の日本人家族はこうだから」の他人軸ではなく、「私たち家族はこうだから」の自分軸で前に進む

日本人小学校かインターナショナルスクールか

海外で生活しているからこそ、インターナショナルスクールに通うという子どもの教育環境の選択肢も、人によっては日本人小学校に通わせることで帰国後の順応をスムーズにさせたいなどの考え方がある中で、「自分たちはこうしたい」を体現している1つのカタチ。

そして、そんな父・母の姿を見て育つ駐在経験のある子どもたちは、自然と将来の方向性も「医者」「野球選手」などの職業という【箱】ではなく、「パパみたいに自分のやりたいことを全力でやって愛する家族を養うことができる人になりたい」という価値観で考えていく。実際、井土さんのお子さんはそんな風に答えるそうです。

ご自身のキャリアについては

日本で生活していたころは、ネイリストとして活躍されていた純規さん。中国では駐在妻は働くことができない中、ご自身のスキルを活かせないことをどんな風に捉えているかをお聞きしました。

制限があるからこそ、出てくるアイディアがある!

できない時がチャンス!

わたし、こういう発想大好きです!

現在は、ネイルのお仕事にもつながるカラーについての学びから資格も取得し、新たな展開を繰り広げていらっしゃいます。

駐在ママならではのたくましい一言、頂きました☆

不自由な経験も帰国後の人生の糧となる

海外駐在って、ステキな響きと思われる反面、もちろん色んな制約や手に入らないことがあり、でもそれを乗り越えて家族を支えながら自身も成長しながら生活するからこそ「中国に来て良かった」と思える。

さらにこの経験が、帰国後の人生においても、多少の困難があったとしても「なんとかできる」と捉えられる、思考切り替えのベースにもなる。

4年振りにお話しした純規さんは、変わらぬエネルギーとパワーみなぎるママでした☆