最良の別れのための不断の努力

海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

 

アドラー心理学が爆発的に知られるようになったきっかけの一つである「嫌われる勇気」(岸見一郎・古賀史健)。その続編の「幸せになる勇気」をようやく最近読み終えました。

その中にはたくさん普段の生活に役立つ考え方が書かれていますが、その中の1つ。最後の方に書かれていたこのフレーズに震えました。

 

最良の別れに向けた不断の努力を傾ける

 

人は別れるために出会う

なんだか上げ足をとっているようにも聞こえるかもしれません。普通ならこう思いますよね、別れまで考えずに出会いに喜び今を楽しむ。それでいいんじゃない?と。

でも、事実として必ず人の出会いには別れが伴います。

 

わたしたちができることはただ1つ

「幸せになる勇気」にはこんな風に書いてありました。

われわれができることはひとつでしょう。ただひたすらすべての出会いとすべての対人関係において、「最良の別れ」に向けた不断の努力を傾ける。それだけです。(「幸せになる勇気」P.277)

 

この春に、毎月お米を買わせてもらってる福島の農家のお父さんが天国に旅立ちました。うちの父と同じくらいのまだ60代後半。

風評被害がまだまだある福島で、土の可能性をどこまでも信じて自然の恵みとともに作物を作り続けるその姿に感銘して、我が家は中国から本帰国後、お米をその農家さんから買うことにしていました。

農家民宿もされているので、子どもを連れて泊まりに行ったら、自分の孫のようにもてなしてくれて、ちょうどうちの父が亡くなった夏だったので、子どもたちも自分のおじいちゃんのように親しんでいたのを覚えています。

そして、原発については強い姿勢を崩さず、福島で農家をする者としての訴えを先頭にたって発信してらっしゃった。強い方でした。

 

今回「幸せになる勇気」を読んで、そんな大好きな農家の方の別れに際して、「最良の別れ」だっただろうか?と自分に問いかけるきっかけになりました。

わたくし事ですが、実父との別れも突然だったので、本当にいつ身近な人との別れがくるかなんて誰もわからない。だからこそ、常日頃から最良の別れのために努力を絶やさない。大切なことだと思います。

 

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

現在募集中サービスメニュー

7月度 体験コーチングセッション募集

アドラー心理学をベースとした湯本レイナのコーチング、体験セッション募集中です☆(ご相談実績116名)

体験セッション お申し込みはこちらから ≫

7月度体験セッション予約スケジュールはこちら ≫

CP0A5582

Zoomなどオンラインで全国各地・海外各地のママがセッション・インタビューを受けてくださっています☆※オンラインの場合、Line通話、Zoom通話、電話など音声だけのセッションがオススメです。

その他 メニュー・料金 ≫

 

 

 

「私、こんなもんじゃない!」勇気づけメール

毎週水曜 AM 8:00にお届け中☆

【36歳から加速するママの人生を舵とりする】

~子育てもシゴトも自分も手に入れたいママへ~

都道府県

 

 

 

☆ 世の中のすべてのママたち、今日もお疲れさま ☆

☆ 今日何があっても、今日のママよく頑張った ☆

~ママが幸せだと子どもも家族も世の中もうまくいく~

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アドラー心理学をベースとしたメンタルコーチとして、自身の計10年弱の海外駐在経験を活かして、駐在ママの人生のかじ取り(ライフデザイン)を、駐在前準備~駐在中の有効利用~本帰国後のママの自己実現まで、全力サポートしています。