今年9月に初めてチャレンジしたファスティング。その魅力にはまり11月に再びチャレンジしてみました!

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

 

2度目のファスティングはさらにラクに感じました♪

9月に初めてファスティングを行った時は、キチンとファスティングマイスターのお友達にサポートして頂いてはいましたが、やはり初めての「断食」で緊張!もしていて、こんなに食べることが好きな私が出来るのかな・・・と不安も若干ありました。

でも、結果的にはサポートしてくれたお友達のおっしゃるとおり、おなかが空いて死にそう!ということもなく、思ったほど苦なくサクッと終わった印象でした。

今回は2回目ということで、初めからそのような「不安」や「心配」がない分、安心して1日1日をこなすことが出来たと感じました。

 

ファスティングは1度やって体重が減ったからそれで終わり!というものではなく、定期的に行うことで、ファスティングの目的である「リセット」&「デトックス」となり、身体の細胞が本来もっているチカラを蘇らせて体質改善になり、その先には「本来の自分に還る」につながるのではないかと思っています。

「断食=食べないで痩せたからキレイになった」という単純なことではなく、普段の生活でどうしても避けられないで取り入れてしまっている「余計なもの」をデトックスすることって、生き方そのものでも言えると思うのです。

外から入ってくる、あんな考え方・こんな思考。これまで信じて持ち続けてきたビリーフ(信念)。でも、本当にそう?と問い続けて、ちがうメガネで見たら全然違う価値観が持てて、行動が変わった!そんな方がたくさんいらっしゃいます。

身体もこころも同じように、もう自分にとって不便で不要だと思ったものは手放す勇気をもつ。自身の2回目のファスティングで、そんなことを感じました。

 

アドラー心理学の学びを無料で毎週水曜朝8時にお届けしてます!アドラー心理学をベースとした考え方で、駐在ママ・本帰国後のママの人生舵取りを応援する勇気づけメール」。無料購読はこちらから▼

都道府県

 

☆ 世の中のすべてのママたち、今日もお疲れさま ☆

☆ 今日何があっても、今日のママよく頑張った ☆

~ママが幸せだと子どもも家族も世の中もうまくいく~