海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

今月は地元の神社のお祭り。三社祭も同じ週末で、エリア一帯がお祭りさわぎ:)真夏のような陽気で、この先、本格的な夏の到来に頭を抱えそうになりましたが(笑)まだ今は梅雨にもなってなくて風が吹けばさわやかな季節。そんなさわやかな風に想ったこと。

 

今が一番イイと思うと、先行きが不安になる

 

私は一日の中でも「これから色々時間が使える新しい日が始まる~」という感じの午前中の陽ざしを楽しめる時間帯が好き。

季節としてもようやく冬が明けて春~初夏の「これから始動する!」というこの時期が好きなんです。

まだ、暑すぎず寒すぎず、この気持ちイイ季節。でもこういう季節はあっという間に過ぎてしまうもの。すぐに雨ばかりの時期がきて、真夏の日々がやってくる。。。

あー、ずっとこの状態ならいいのになぁ

そう思うことって季節のことのみならず、生活環境とか、シゴト環境とか、子育て環境とか、いろんなことに言えますよね。

例えば、5歳の年長組の娘が、何をしても、どんな表情をしても、カワイイなぁと親バカに想うのですが^^;、これも今が一番イイときなんだろうなぁと思ってしまうこともよくあること。

これがずっと続けばいいのに、、、と思うということは、この先の未来に変化があることを恐れていることでもある。そう、不安や心配って(全部ではないけど)その多くが、見えない先の未来に起こる変化に対するもの。

駐在準備中のママにとっては、赴任地での生活環境の変化、子どもの学習環境の変化など大きな心配・不安になるかと思います。

でも、季節の変化と同様、当時は「この時が一番イイ」と思っていて、その先の変化を心配していたとしても、実際に「その先」のときになってみると、なんとかなっているのがほとんどであるのは、恐らく30~40年人生を経験しているママたちはご存じであること。

そうなんです!なんとかなるんですよね!

でも、そんな「見えない先の未来の不安」をもつのも人間の自然な流れかとも思います。

 

見えない先の未来の不安にグルグル堂々巡りハマったら・・・

見えない先の未来の不安は、自分で近視眼的に見ている限り、ぐるぐる堂々巡りしてハマってしまって抜けだせないことも。

でも、それも、人に話して、聴いてもらい、違う角度から考えることが出来たら、実は何でもなかったということもよくあります。

そんな時にお役に立てるのが全肯定で寄り添ってくれるメンタルコーチです。

もし、今のこの不安や心配をなくしたい!軽くしたい!と思っていることがあるようでしたら

何でも受けとめてくれる信頼出来るコーチに話してみてください☆

きっと、話す前と後では、ご自身に役立つ変化が起こっていることと思います♪

CP0A5741