駐在家族でもあるあるだよね。根深い夫婦関係に悩んだら・・・ ~家事・子育ては全部妻タスク?~

最近、よく夫婦関係のお悩みを相談いただきます。夫婦・家族はアドラーで言う「共同体」。でも、身近な人に対する悩みが一番根深くて、厄介だったり・・・しますよねーー!

というわけで、よくお聞きするケースについてお悩み解消Tipsをお伝えしますね☆家族を愛する海外駐在ママの「わたしらしい幸せ」デザイン湯本レイナです。

 

家事・子育ては全部妻タスク?

駐在帯同直前のワンオペ育児時代

うちもそうでしたが最初に夫が赴任先にいって生活環境を整えて、帯同受け入れ態勢を整えてくれた後に家族が赴任先に向かうというパターン。その間、小さいお子さんいて育休復帰後だったりすると毎日もう大変!

子どもに泣かれながら保育園の送り迎えをしたり、職場では時短の時間内で最大のパフォーマンスを発揮しようと全力で仕事に集中したり、家に帰ったら即お風呂とごはんの用意して子どもとの触れ合う時間を意識しつつも早く寝かせるために極力無駄な時間がないようにしたり・・・。

子どもの病気は保育園に入れたら洗礼みたいなもので、毎月、職場に保育園からお迎えの電話がきて、そんなこんなをママ独りでこなす日々を送っているわけなんですよね!!

実親・義親のヘルプがあったとしても、夜中の寝かしつけ、夜泣きなどに対応するのはママ独りなわけで(うちの上の子も夜全然寝てくれない子でした・・・)それはそれは大変なワンオペ期間だと思うのですよ!

 

駐在妻(専業主婦)になっても家事・育児は夫と協力してやりたい

で、帯同タイミングになり駐在先での家族一緒の生活が始まるとき。妻は仕事を辞めて専業主婦。当然、家にいる人が家事・育児やるでしょ、となり、夫の出張や週末接待など不在がつづくと海外駐在先でも結局ワンオペ・・・

ホントは「こっち(海外)に来てからも、家のこと、子育てのこと、夫にも一緒に考えてほしい」というのが駐在ママの本音。

でも、駐在先で専業主婦となった駐妻として時間も余裕もあるのに、自分も駐在前はワーママしていて仕事から帰ってきての疲労もわかるから、「なんも言えねぇ・・・」(ちょっと使い方間違ってる??笑)

ありますよねーーーー!!!

じゃ、そんな時はどうしたらいいの?色々あるかもしれないけど・・・そんな時には「勇気づけ!

相手のコトバを文字通りだけで解釈するのではなく、その裏にある本当の想いをくみ取って、褒めるのでもなく、けなすのでもなく勇気づけをする。明日はその具体的な方法とその時に忘れちゃいけない大事なこともお伝えします☆

 

今日もお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

アドラー心理学をベースとした湯本レイナのコーチング

メニュー・料金はこちら ≫

11月度セッション予約スケジュールはこちら ≫

Zoomなどオンラインで全国各地・海外各地のママがセッション・インタビューを受けてくださっています☆※オンラインの場合、Line通話、Zoom通話、電話など音声だけのセッションがオススメです。

 

【36歳から加速するママの人生を舵とりする】勇気づけメール

毎週水曜 AM 8:00にお届け中☆ ~子育てもシゴトも自分も手に入れたいママへ~

都道府県

 

 

 

☆ 世の中のすべてのママたち、今日もお疲れさま ☆

☆ 今日何があっても、今日のママよく頑張った ☆

~ママが幸せだと子どもも家族も世の中もうまくいく~

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください