【教えて!他の駐在ママはどうしてる?】駐在先での生活は行ってみないとわからない!フランス駐在ママに聞きました☆(Dec.2017)

駐在前は自宅サロンでオーラソーマの対面セッションを提供されていて、現在はフランスのパリ近郊に駐在中の2児のママにお話しを伺いました。

家族を愛する海外駐在ママの「わたしらしい幸せ」デザイン湯本レイナです。

 

【教えて!他の駐在ママはどうしてる?】駐在先での生活は行ってみないとわからない!フランス駐在ママに聞きました☆(Dec.2017)

フランス在住2年2か月、日本でカラーセラピストとして自宅サロンをされていたゆきのこさんにお話しを伺いました。

帯同当初は心身ともに落ち込んでいた

今回の駐在が海外経験初めてだったというゆきのこさん。旅行などでも海外は未経験、飛行機も初めて!コトバが通じない異国、かつお子さんお2人連れての帯同ということで、色々と思い悩むことも多かったそうです。

フランスの冬は早く、帯同初日、10月でもダウンが必要なほど寒く冷たい雨が降っていて「なんで私こんなところにいるんだろう」と気持ちも身体も落ち込んでしまったそうです。

それが年が明けて気候が暖かくなり、周りの日本人の方にも恵まれて、少しずつ外に出かけるようになったそうです。

駐在当初、半年くらいは自分の置かれた環境の大きな変化、周りの人間関係に協調していく気苦労など、モヤモヤしたり、心身ともに疲れを感じたりするという駐在妻/ママは非常に多くいらっしゃいます。

でも、じきに自分と同じ頃来た方と友達になったり、日本よりも「助け合い」がフツーに行われる仲間同士の暖かさに励まされたりして、落ち込んでいた気持ちが復活してくることもとっても多いんです。

 

せっかくの駐在期間、有意義な過ごし方を

そんな復活を遂げたゆきのこさんは習い事にも行くようになり、また日本でされていたカラーセラピストとしての知識・スキルを忘れないように、ブラッシュアップすべく、周りのお友達に協力して頂いて練習したり、興味がある方にカラーセラピーのお話をしたりと、フランスで出来ることを出来るところからされているそうです。

 

これから駐在を控えているプレ駐在妻/ママに一言!

はじめて駐在を経験される方は不安や心配があるかと思いますが、行けば何とかなる!」というゆきのこさんの実感がこもったお言葉を頂きました☆

確かに駐在前に収集したネットの情報では、怖いこともたくさん書いてあるのを目にすることもあるかもしれませんよね。人間関係が大変だとか。でも、湯本も中国駐在中に実感しましたが、駐在先では日本にいる時よりも他人と互いに協力しあって生きる「お互い助け合っていこう」という意識が強いというのも確かです。ゆきのこさんも実際、そんな周りの方のお力もあって、現地での様々な困難を乗り越えてきたのだと思います。

またゆきのこさんからは「相談できるところ・場所・話せるコミュニティを見つけることも大切」とのことでした。

ゆきのこさん、ありがとうございました!

 

現地のママ友はもちろん、現地生活をよく知る方や相談のプロに話せる場所を見出すのって、湯本も中国駐在中に実感していましたが、とても大事だと思います。

現地の日本人コミュニティが小さすぎるので、相談するなら駐在生活を理解してくれる、全然関係のない第三者に話したいな・・・ということであれば、湯本もいつでもお話しお聞きしますのでね。

アドラー流勇気づけメールを無料購読されてる読者さま限定で、「初回限定☆20分無料マンツーマンお話し会」も開催していますから♪

そんなアドラー心理学の学びを無料で毎週水曜朝8時にお届けしている、駐在ママ・本帰国後のママの人生舵取りを応援する勇気づけメール」。無料購読はこちらから▼

都道府県

 

☆ 世の中のすべてのママたち、今日もお疲れさま ☆

☆ 今日何があっても、今日のママよく頑張った ☆

~ママが幸せだと子どもも家族も世の中もうまくいく~

コメントを残す