現在海外駐在真っ最中のママや、本帰国後に好き・得意・スキルを活かして自分らしく働いているママにお話しを伺っている【教えて!他の駐在ママはどうしてる?】シリーズ♪

今回は、タイ・バンコクに駐在中の私よりもずっと若いママさんにお話しを伺いました!

家族を愛する海外駐在ママの「わたしらしい幸せ」デザイン湯本レイナです。

 

自分の人生見直すチャンス☆バンコク駐在ママに聞きました(Feb.2018)

今回はインタビューをさせて頂いた内容をご本人のご了承を得て、湯本が書き下ろしたものでご紹介いたします。今回インタビューさせて頂いたのは、バンコク在住1年半の1歳のママのAさんです。

駐在前

ご主人と同じB to Bメーカーの会社の総合職としてバリバリ働いていらしたそうです。今回の駐在帯同は同行休職という制度を利用されたとのこと。

以前、私が中国に駐在中にも、やはりご主人と同じ会社勤めのママで同行休職という形をとられていえる方や、育休のタイミングを利用して帯同されてた方もいらっしゃいました。

働く女性がフツーである現代では、夫の駐在に伴う同行休職のような制度、広く多くの会社に導入されるといいですよね。

 

実際にバンコクにいらして

妊娠中にタイへ渡航されて、バンコクで出産されたAさん。出産したばかりは外出できなかったので、家に引きこもること2,3か月経つと「何のために生きているんだろう?」と思ってしまうこともあったそうです。

 

どんな風に有意義な駐在生活を送られていますか?

お子さんを連れて外に出られるようになってから、ママ向け情報誌の編集のボランティアをされたり、習い事に出かけたりされたAさん。そこでは、自分を高めたい!と思っている方に大勢出会ったそうです。

そういう人との触れ合う時間を通して「今、駐在先で何も出来ないけれど、もしかしたらコレがチャンスなんじゃないか」「将来何をしたいか考える時間がいっぱい出来たんじゃないか」そんな風に考えるようになったそうです。

バンコクのように日本人の数が多い駐在地の場合、一歩外に出れば日本人に出くわしますが、単にお互い通り過ぎるだけ・・・。

日本人の数が少ない駐在先でのお悩みもあるかと思いますが、日本人の数が多い駐在先でもブログを通して知り合いを作って、リアルでも友達になっていくなど、自分から積極的に動いていくことで自分の世界を広げることができるんだ!とお話し伺いながら感じました。

 

本帰国後に向けての想いを教えてください

駐在先でも働くことを考えたいと思うのは、やはり「誰かに必要とされていたい」「社会に関わっていたい」という想いからだったそう。

Aさんは今リトミックの講師になる勉強をされてるそうです。駐在先で、今までなかった自分に向き合う時間が出来て、「自分はどうしたいんだろう?」を問いかけ続けた先に見つけた今やりたいと思っているコト。

好きを実際にシゴトにしていくまでには、たくさんやることがあるそうですが、この駐在期間、ご自身の人生を見直すいいチャンス!と思った時点で、着実に前に進んでいるAさんはとってもイキイキとされていました☆

 

最後にこれから駐在される方に一言お願いします

「駐在期間をチャンスだと思ってください。自分の人生を見直すいいチャンス。自分のシゴトを手放して駐在帯同するって、既にやりたいことが見つかっていた人にとっては、『どうしてこうなんだろう?』と思うかもしれませんが、これまで会社員を続けていた人にとっては自分の人生を見つめ直すイイきっかけになると思います。」

Aさん、ありがとうございました!

 

ライフキャリアの棚卸とはまさにコレ

駐在先に帯同して来なかったら出会わなかったかもしれない人との出会いがあり、フルタイムワークで働いていた日本では考えもしなかったことを考えられる時間が持てるということは、自分にとって何か意味があることかもしれない。

そう、私たちは過去の出来事に「意味づけ」をしていくうえで、どんな解釈・意味づけをするかは自分たちで選ぶことが出来るんです。

出来事に囚われることなく、未来志向で、どんな目的のために、どんな解釈・意味づけをして前に進むか。アドラー心理学でいう「目的論」をもってして私たちはいかなる環境におかれても「本当はどうなりたい」「本当はどうしたい」という目的志向でいることが、人生のかじ取りをして生きていく駐在ママに大事なことではないかなって思っています。

今日もお読みいただきありがとうございます。

 

そんな目的志向でありたい駐在ママにオススメのアドラー心理学の学びを無料で毎週水曜朝8時にお届けしてます!アドラー心理学をベースとした考え方で、駐在ママ・本帰国後のママの人生舵取りを応援する勇気づけメール」。無料購読はこちらから▼

都道府県

 

☆ 世の中のすべてのママたち、今日もお疲れさま ☆

☆ 今日何があっても、今日のママよく頑張った ☆

~ママが幸せだと子どもも家族も世の中もうまくいく~