プロフィール

はじめまして。湯本レイナです。海外駐在前、海外駐在中、本帰国後のママのメンタルコーチとして、ママが女性の人生の荒波を自ら舵取りし、自分らしく自己実現していくサポートをしています。

結婚、出産、育休復帰、夫の海外赴任に伴う退職、子連れで中国の蘇州駐在、上海で出産、本帰国後の子育て中心生活(幼稚園ママ)をしながらプロコーチとして起業。これら、ここ10年くらいに私が体験した女性の人生です。

これまで独身の時には、自分自身の頑張りで実現できたことが、妻となり、母となり、生活拠点も日本ではなくなると、途端に自分ではコントロールできないコトが多くなります。それぞれのフェーズで人生の目標をもち、「今一番大切なことは何か」「そのためには何をする必要があるのか」を自ら考え、選んで、行動していく必要がある。そんなことを強く実感した30代でした。

特に夫の海外駐在に伴う家族での中国への帯同は、大きな転機をもたらしました。フルタイムで働いていた生活から一転、専業主婦としての子育てママとなり、子どもや自分と向き合うこと・コミュニケーションの重要性に気付き、働くことも好きだけれどやはり子育てもそして自分のことも大事にしていきたいという気持ちが大きく育まれたのが、この中国での駐在期間だったと思います。

ただ、駐在期間は期間限定。いずれかは日本に本帰国する時がきます。一旦、専業主婦になった瞬間、保育園入園は非常に難しくなり、幼稚園ママとして働くならパートタイムの仕事。「世の中に何も生産性がない存在だ」「社会の役に立っていない」と考えることが多くなりました。

子どもとのよいコミュニケーション、と学び始めた親業。そして「人の話しをきく」を通して出会ったのがコーチングです。100人コーチングを実践する中で多くのママがわたしと同じように【自分】も【子育て】もそして【シゴト】も手に入れたい!と思っていることを知り、私の「好き」「得意」である「人の話しを聴く」ことで人の役に立つことができることを実感しました。

現在は、自身の子ども時代のバンコク駐在、ママになってからの子連れ中国駐在の経験を活かして、駐在前の準備時期ママ、現在駐在中の子育てママ、そして本帰国後の自分らしく働くことで自己実現したいママをメンタルコーチとしてサポートしています。駐在期間を有効に利用して、本帰国後もママ自身の人生を彩りのあるものにしていく。そんな多くのママの姿が家族そして社会に笑顔を広げていくのだと思っています。

チームフロー認定コーチ

Parent Effectiveness Training 親業訓練コンシェルジュ

湯本 レイナ