「同感はできないけど共感はできる」

現在開催中のオンラインによるアドラー心理学勇気づけ勉強会(ELMエルム講座)を受講中の方のコトバが「まさにそうだな!」と感じました。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

「同感はできないけど共感はできる」

第1日目で学ぶ、アドラー心理学の「認知論」。客観的な事実は存在せず、あるのは個々人それぞれの意味づけ解釈である。それぞれのメガネを通して世界を見ているので、同じものを見ても人によって全然違うものに見えてしまう。

そんな1回目を終えて、第2回目の受講の時に、1回目以降2週間の間にどんなことがあったかをシェアして頂いたところ、意外と子どもに対して「共感」していなかったことに気付かれたとのこと。

そう、共感とは「相手と同じ目で見て、耳で聴いて、心で感じる」「意見が異なる時に何が正しいかと意見を一つに集結させる必要はなく、相手を尊重してその違いを認める」こと。

それぞれ違うメガネで見ている・客観的事実は存在しない、と考えたら、ヒトとヒトとが関わる時には共感的に理解し合う必要があることもわかりますよね。

でも、その時に「同感」ではなく「共感」したいと私たちは考えるのです。「同感」は自分自身も経験があって「わかるわかるー、そうだよね~」という自分のフィルターを通して相手に同意すること。でも共感は「あなたはそう考えているんだね~」と自分自身にその経験がなくとも、そして全く同意する考えでなくとも、相手の意味づけ解釈を受けとめ認めること。

子どもがご飯前にお菓子を食べたいと言うとか、もっとYoutubeが見たいと言うとか、親としてはNGと解釈するようなことでさえも、子どもの目で見て耳で聴いて心で感じようとすると、「そっか、今そんな気持ちなんだねぇ」と一旦受け止めてあげることができる。それがこの受講生の方の「同感は出来なくても共感はできる」のコメントに込められていると感じました。

まさにその通りだと思います。そしてこれは子育てのシーンだけでなく、夫婦間のコミュニケーションでも、そして駐在先や本帰国後のママの対人関係においても言えることかと思います。

自分の考えや想いと異なる相手のことを一旦受け止める。自分の考えや想いを打ち消したり否定するでもなく、お互いの違いを尊重する。

相手がどのような関わりであろうとまずは自分がそんな在り方で人と接していきたい。勇気づけ勉強会ではそのようなことを学びながら、共にディスカッションしています♪オンライン講座はリクエストベースで開催しておりますので、受けてみたいと思われたら気軽にご連絡お待ちしております。

【オンライン講座】アドラー心理学勇気づけ勉強会ELM(エルム)講座

【実践編】空気を読みつつ自分の意思をしっかり伝えられる私になる

◆◆――――――――――――――――――
駐在生活ツライと感じるあなたがブレない自分軸をもつことで
どこの国にしてもどんな人間関係でもよりラクに、より幸せに、
自分らしく自分の人生舵とりしていく5ステップ

――――――――――――――――――◆◆

前回記事「もう「断れない私」は卒業しよう!空気を読みつつ自分の意思をしっかり伝えられる私になる方法♪」で、駐在先での生活で駐在妻/ママにとっての「習い事」は、スキルアップのための他、人間関係をより良くしたり、お友達が出来たりする場でありながら、毎回お付き合いで習い事を選ぶのは、本当はやりたいことがある時、シンドク感じることも無きにしもあらずですよね~ということを書きました。

家族を愛する海外駐在ママの「わたしらしい幸せ」デザイン湯本レイナです。

 

【実践編】空気を読みつつ自分の意思をしっかり伝えられる私になる

周りも大事に自分も大事にするために・・・

周りの方との空気感も大事にしつつ、自分は自分・他人は他人で判断できるようになりたい!ですよね。まさにアドラー心理学の考え方が、そんな時に役立つのではないかなと思っています。

いわゆる「共同体感覚」と「課題の分離」ですね!

「共同体感覚」をもって「主張的」な伝え方を

アドラー心理学には「自分を受け入れられる」「他人を信頼できる」「他人に貢献できる」という幸せの3条件があります。自らを認め・満たし・受容できて、相手との違いを認めながら、相手を尊重して、相手のために自分ができることをする。

この感覚を「共同体感覚」といいます。

なので、相手のために自分が出来ることをするといっても、自己犠牲ではなく、自分のコトも満たし・受け入れながら、相手に貢献しようと思う感覚なんです。

駐在先では、日本人コミュニティの大小問わず、きっと近くの日本人同士はお互いに助け合うでしょうし、日本にいる時よりもこの「共同体感覚」が強いと思います。

その時に、自己犠牲ではなく、自分のコトも満たし・受け入れるためにできることが【自分軸】をもつこと。もし、自分がやりたいことが他の人と異なる場合は「わたしメッセージ」を使い、相手もOK自分もOKな「主張的な伝え方」で相手にその旨を伝える。

アドラー勇気づけ勉強会(ELM講座)でもお伝えしていますが、「主張的な伝え方」は相手のことも傷つけず、かつ自分のこともキチンと伝えることが出来る、自分軸を持って生きたい駐在ママには欠かせないコミュニケーションスキルだと思っています。

「自分軸」を持つのに欠かせない「課題の分離」

相手の言動に対しては「課題の分離」で「それは相手のメガネで見て・発している相手のこころを映しているもの」と解釈できれば、相手の言動に左右されにくい自分が持てて、【自分軸】も持ちやすくなります。

そんな「勇気づけコミュニケーション」が自然と出来るようになって、駐在先でも本帰国後でも自分らしく人間関係うまくやっていきたい駐在ママにオススメなのは、オンラインでもやっています「アドラー心理学 勇気づけ勉強会(オンラインELM講座)

海外駐在ママからも開催リクエスト頂き、現在、好評開催中です♪海外にいるからムリなんじゃ・・・と思っている駐在ママも開催曜日や時間のご希望をご相談くださいネ。お待ちしています♪

もう「断れない私」は卒業しよう!空気を読みつつ自分の意思をしっかり伝えられる私になる方法♪

◆◆――――――――――――――――――
駐在生活ツライと感じるあなたがブレない【自分軸】をもつことで、どこの国にしてもどんな人間関係でもよりラクに、より幸せに、自分らしく自分の人生舵とりしていく5ステップ


――――――――――――――――――◆◆

駐在ママが駐在先での人間関係を大事にしようと思うときほど、自分を出さずに相手を優先してものごと決めてることってありますよね?

家族を愛する海外駐在ママの「わたしらしい幸せ」デザイン湯本レイナです。

 

もう「断れない私」は卒業しよう!空気を読みつつ自分の意思をしっかり伝えられる私になる方法♪

「習い事」はスキルを身につけるところ?

わたしが中国駐在時期は既に5年も前になりますが、駐在当初、上の子が1歳半の駐在ママだった私は、子どもとマンションの敷地内で一緒に過ごすのが常でした。が、そのうち子どもが託児所に行くようになると自由に使える時間ができたので、習い事に出かけるようになりました。

習い事は、その土地・その国によってその場所ならではの習い事があったり、その駐在先に来ている日本人の方々によっても、その方々から習えることがあったりで、種類も形態もさまざまですが、一般的に言われる「習い事」は、時間と手間とお金を費やして自分にスキルを身につけ、自分自身が成長する、というものだと思います。

「習い事」、自分がやりたいことで選んでる?

でも、駐在先のように人間関係をゼロから構築する環境では、習い事という場、自体が新たに気の合う友達と出会う場であったり、既に仲良い方との絆を深める場であったりもするかと思います。

そんな駐在ママの習い事、何をしようか選ぶとき、本当は自分のやりたいこと・興味のあること・ワクワクすること・好きなことで選べたら一番いいわけですが、お付き合いの意味合いも強い習い事。

自分の意志というよりも、周りの方との関係性で選ばざるを得ない時もある。それが、たまになら駐在先での必要なお付き合いと思えるものの、毎回のようになると・・・

どうしても、自分のこころと行動がうらはらで、不満も高まるし、疲れちゃいますよね。

駐在歴がまだ短い時で、周りの方に駐在先での生活を助けてもらうことが多い時期ほど、こういう人間関係を大事にしたい。でも一方、自分自身のことも大事にしたい。そのハザマで悩ましいということあるんじゃないかな。

周りの方との空気感も大事にしつつ、自分は自分、他人は他人で判断できるようになりたい!ですよね。

まさにアドラー心理学の考え方がそんな時に役立つのではないかなと思っています。いわゆる「共同体感覚」と「課題の分離」ですね!

長くなってしまったので、どんな風に役立つかこの続きはまた次回以降に続きます!

駐在中の子育て、何を指針にしてる?~私は「親業」「勇気づけコミュニケーション」から始めました

日本にいたら、子育て支援センターもあり、子育て講座は平日も土日も開催されてて、育児について学ぼうと思ったらいくらでも手段がある。でも、海外、しかも大都市でない駐在先に帯同した家族は子育てはどうしたらいいの?

家族を愛する海外駐在ママの「わたしらしい幸せ」デザイン湯本レイナです。

 

駐在中の子育て、何を指針にしてる?

「親業」「勇気づけコミュニケーション」の本を読んでました

私が帯同した頃の2009年はまださほどオンライン講座も多くなく、もっぱら育児に関しては本を日本で買って、それを現地で読みながら参考にしていました。

その時に読んでいたのが「親業~子どもの考える力をのばす親子関係のつくり方」トマス・ゴードン著 近藤千恵訳。

そしてその頃、アドラーはさほど知られていない時代でしたが、偶然、アドラー心理学の野田俊作さんの「続アドラー心理学 トーキングセミナー―勇気づけの家族コミュニケーション (マインドエージシリーズ)」も中国に持って行って読んでいました。

あ、「子どもへのまなざし」佐々木正美著 も読んでました。。他にももろもろ・・・(蘇州駐在中に水害にあって結構処分してしまったので、忘れちゃってる・・笑)

日本に本帰国後、湯本は親業講座を受講して【能動的な聞き方】【わたしメッセージ】【課題の分離】を学び、さらに子どもへの声かけを学びたくてアドラー心理学・コーチングを学びました。

ちょっとマニアックな話ですが、アドラーと親業、重なる部分が多いなぁと思ったら、アドラー心理学を学んだ傾聴の元祖とも言われるカール・ロジャースからの流れでトマス・ゴードンという人がParent Effectiveness Training(PET)を開発し、日本には親業として広まったそうで、上記の「能動的な聞き方」「わたしメッセージ」「課題の分離」は、ゴードンのPET(親業)からアドラー派の人々が後に取り入れたので、いわゆる逆輸入されたような状態なんですって♪

私は親業・アドラー心理学で子育て自分軸が出来ました

ま、それはともかく、親業にしろアドラーにしろ、私にとって、子育ての自分軸をつくるのにとても役に立っていると思っています。

というのも、親業やアドラーで学んだことは、単なる「こういうときはこうすべき」という子育てノウハウではなくて、子どもを一人の尊厳ある人として対等に(ヨコの関係で)関わる時の親としての在り方を学ぶことができたから♪

だからどんな子育て場面にでも応用できるし、駐在先での生活において他の国の子育て習慣や他の日本人の子育て方法に触れたときにも、ブレずに自分の子育てをすることが出来るのだと思います。

湯本レイナの勇気づけ勉強会ELMオンライン講座 開催します

今は、ネット回線もアプリもパソコンも発達して、オンラインでも子育て講座やコミュニケーション講座を受けられる時代!昔のように重い本をいくつも持って海外に行かなくても、気軽に学べる環境があります。

だからこそ、何を学ぶかが重要になってくるのではないでしょうか。というわけで、湯本レイナの勇気づけ勉強会ELMオンライン講座のご案内です^^

どんな対人関係もアドラー心理学の勇気づけコミュニケーションでスンナリ♪そんな勇気づけコミュニケーションをオンラインで学べる「アドラー心理学勇気づけ勉強会(オンラインELMエルム講座)の詳細はこちらから ≫

駐在家族でもあるある「家事・子育ては全部駐在妻タスク?」~実践編~

最近、よくご相談いただく夫婦関係のお悩み。今朝発行の勇気づけメールでも書きましたが、夫婦・家族はアドラーで言う「共同体」。でも、身近な人に対する悩みが、一番根深くて、厄介だったり・・・しますよねーー!

というわけで、よくお聞きするケースについてお悩み解消Tipsをお伝えしています。家族を愛する海外駐在ママの「わたしらしい幸せ」デザイン湯本レイナです。

昨日の記事「駐在家族でもあるあるだよね。根深い夫婦関係に悩んだら・・・~家事・子育ては全部妻タスク?~」の続きです。

 

「家事・子育ては全部駐在妻タスク?」でもめそうになった時の実践編

駐在ママは専業主婦だから家事・育児をやって当然?

もともと会社員だった駐在ママが駐在先では専業主婦になり、家にいる時間があるから、家事・育児を妻がするのが当然・・・。と妻も夫も思っている。

でもホント?日本にいたときに、夫が先に駐在先に行ってて、自分は仕事と育児と家事を全部独りでやってきた。仕事やってるから家事・育児をしないっていうのは違うんじゃない?と妻としては思いますよね。

でも、一日全力で仕事をしてきて、帰ってきてからも家の仕事をさせられるというのは、疲労感満載でシンドイというのもわかる・・・

じゃ、どうしたらいい???

やっぱりここでは「勇気づけコミュニケーション」です♪

まずは【共感】が一番大事!「わかる~、わかる~」の【同感】ではなく「そっか~、そっか~、あなたはそう感じているんだね~」とあくまでも、自分はあなたと別の人間だけど相手の目で見て、耳で聞いて、心で感じる相手の関心に関心を持つ姿勢が大切です。

そうして、一度受け入れてから「今日も家族のためにコミュニケーションひとつとっても大変な現地スタッフ相手に一日、働いてきてくれたんだもんね!」など、夫の言葉の後ろにある本音に対する妻の本音の気持ちもお届けしてみて♪

あくまで、嫌みにならず「本音」として誠実にね!

こういうコミュニケーションに慣れていないと相手側はビックリして警戒することもありますがめげないでね。漢方のように即効性はないもののじわじわ伝わりますから♪

そして、コミュニケーションのTipsをお伝えしましたがこれはあくまで手段!

大切なのは在り方・マインド!常日頃、夫に対してどんな風に思っているかがそのまま伝わりますから~。いくら手段としてイイことばを伝えてもね!

なので、やはり、「夫婦としてどんな方向を目指したいのか」「望む未来のカタチはどんなものか」というゴールをしっかり持ったうえで、勇気づけコミュニケーションです♪

とはいっても、夫との共通ゴールなんてなかなか思い浮かばないという方、実際にどんな風に声をかけたらいいかわからない、頭でわかっていてもなかなか行動にならないという方!コーチが一緒にお手伝いしますのでね。

駐在家族でもあるあるだよね。根深い夫婦関係に悩んだら・・・ ~家事・子育ては全部妻タスク?~

最近、よく夫婦関係のお悩みを相談いただきます。夫婦・家族はアドラーで言う「共同体」。でも、身近な人に対する悩みが一番根深くて、厄介だったり・・・しますよねーー!

というわけで、よくお聞きするケースについてお悩み解消Tipsをお伝えしますね☆家族を愛する海外駐在ママの「わたしらしい幸せ」デザイン湯本レイナです。

 

家事・子育ては全部妻タスク?

駐在帯同直前のワンオペ育児時代

うちもそうでしたが最初に夫が赴任先にいって生活環境を整えて、帯同受け入れ態勢を整えてくれた後に家族が赴任先に向かうというパターン。その間、小さいお子さんいて育休復帰後だったりすると毎日もう大変!

子どもに泣かれながら保育園の送り迎えをしたり、職場では時短の時間内で最大のパフォーマンスを発揮しようと全力で仕事に集中したり、家に帰ったら即お風呂とごはんの用意して子どもとの触れ合う時間を意識しつつも早く寝かせるために極力無駄な時間がないようにしたり・・・。

子どもの病気は保育園に入れたら洗礼みたいなもので、毎月、職場に保育園からお迎えの電話がきて、そんなこんなをママ独りでこなす日々を送っているわけなんですよね!!

実親・義親のヘルプがあったとしても、夜中の寝かしつけ、夜泣きなどに対応するのはママ独りなわけで(うちの上の子も夜全然寝てくれない子でした・・・)それはそれは大変なワンオペ期間だと思うのですよ!

駐在妻(専業主婦)になっても家事・育児は夫と協力してやりたい

で、帯同タイミングになり駐在先での家族一緒の生活が始まるとき。妻は仕事を辞めて専業主婦。当然、家にいる人が家事・育児やるでしょ、となり、夫の出張や週末接待など不在がつづくと海外駐在先でも結局ワンオペ・・・

ホントは「こっち(海外)に来てからも、家のこと、子育てのこと、夫にも一緒に考えてほしい」というのが駐在ママの本音。

でも、駐在先で専業主婦となった駐妻として時間も余裕もあるのに、自分も駐在前はワーママしていて仕事から帰ってきての疲労もわかるから、「なんも言えねぇ・・・」(ちょっと使い方間違ってる??笑)

ありますよねーーーー!!!

じゃ、そんな時はどうしたらいいの?色々あるかもしれないけど・・・そんな時には「勇気づけ!

相手のコトバを文字通りだけで解釈するのではなく、その裏にある本当の想いをくみ取って、褒めるのでもなく、けなすのでもなく勇気づけをする。明日はその具体的な方法とその時に忘れちゃいけない大事なこともお伝えします☆

わたしメッセージと思って使ってませんか?

わたしメッセージが一般的になって嬉しい半面、間違った使い方をしているケースも見受けられます。海外駐在ママのライフデザイン湯本レイナです。

 

わたしメッセージと勘違いされる

相手への指示・命令

親業講座の先生が注意点としておっしゃっていました。

「(わたしは、)あなたに○○してほしい」

「(わたしは、)あなたに○○をやめてほしい」

これらを【わたしメッセージ】と勘違いされることがよくあります。でも、これらはあくまで相手への指示・命令で【あなたメッセージ】。わたしメッセージではありません。

※コトバの定義は、目的ありきだと思うので、あなたメッセージがイイとか悪いとかいうわけではなく、あなたメッセージで言うケースも日常の会話の中であると思います。

自身にわき起こった感情・気持ちを素直に伝える

要は、わたしメッセージは、相手がどうするとかは脇に置いておいて、わたし自身にわき起こった感情・気持ちを相手に率直に伝えるということ。

そのためには、相手をどうこうさせるよりも、まずは自分の気持ちを素直に感じ、味わうこと。これを大事にしていきたいなと改めて思いました。