春スキーに感じる何でもない日常

先日、今シーズン最後のスキーに行ってきました。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

春スキーに感じる何でもない日常のしあわせ

独身の頃には毎週のように日帰り・泊まりスキーに出掛けていた湯本です。

家族が出来てからはしばらく行けていなくて、ようやく上の子も下の子もスキーができるお年頃になったのでここのところは、ひとスキーシーズン中に3,4回のペースで家族スキーに出かけています。

とはいっても、子ども中心のスキー旅行なので、スキー場に滞在する時間は短かったり、ほとんどの時間を雪遊びをしていたりで、あまりたくさん滑っているわけではないのですが^^。

毎シーズン、この3月辺りに行く春スキーの時にはなんとも言えない「幸せ」を感じます♡

スキーはもともと好きなので、スキー旅行に来ることはワクワクすることなはずなのですが、親として、子連れのスキーは常にケガや事故と隣り合わせであることを意識しながらのレジャー。どこかしら緊張感があります。

吹雪いていれば、体力的にもしんどかったり、視界が悪くてトラブルに巻き込まれたりも。

なので、この3月辺りの春スキーはだいたいいつも「ポカポカ陽気」の中で滑れる、しかも1シーズン滑ってきているので子どもたちも比較的、上達してきている。そういうこともあり、こころに余裕を持ってみることができる私にとってそんな特別な季節なんです♪

今回も雪遊び時間の方が子どもたちはめいいっぱい楽しんでいたようですが^^、それもそれで、親として子どもたちが楽しそうにお天気の雪山で笑って遊んでいるのを見るのは、本当に幸せな時間でした♡

今シーズンも誰もケガせずに終えられたことに感謝!

【教えて!他の駐在妻はどうしてる?】「自分の価値観を壊す!」上海駐在ママに聞きました☆(Feb.2019)

今回のインタビューは、上海駐在帯同中で、アドラー心理学勇気づけ勉強会ELMリーダー仲間である「わがmamaのための幸せ引き寄せ塾」主宰、高嶋裕子さんにお話を伺いました。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

「自分の価値観を壊す」ことが駐在生活がうまくいくキー☆

日本ではアナウンサーのお仕事や出産後はアドラー心理学をお伝えする側として活動をされていた裕子さん。上海に駐在帯同にいらして1年半。「中国の中では上海は色んな面で便利だから大丈夫だね」と周囲に言われていたのに反して、赴任当時をふり返ると「歯がかけてしまう」くらいストレスフルな毎日だったそうです。

そんな中でも1年半たった今はオンラインを活用され、ご自身の強みを発揮して、「わがmamaのための幸せ引き寄せ塾」を主宰されるまでになられた、そのベースにはやはりアドラー心理学での学びが大きかったとのこと。どこに着目するか、そして周りの人の価値観が自分のそれと違っていてもそれを受けとめる在り方。

アドラー心理学は駐在帯同される駐在妻にとって、非常に心強い存在になるなぁと改めて感じました。(18:33)

何かと不便なことがあったり、文化の違いがあったりすることから、日本人から見るとストレスに感じることが多い異文化での生活において、裕子さんがおっしゃっていた「自分の価値観を壊すこと、そして他の価値観があることを認め、尊重すること」は、海外生活ならではの得られた徳だと感じました。

これはアドラー心理学でいう「相手を尊重すること」「課題の分離」などでもあり、頭ではわかっていることではありながらも、それを体得できるというのは、日本にいるよりもわかりやすい、駐在経験の貴重な機会の一つだと思います。

そんな生の声をお聞かせ頂きました!裕子さん、旧正月中の貴重なお時間にありがとうございました!

【開催報告】2018年末版レイちゃんと未来を叶えよう(第2日程)

1月にリスケになったレイちゃんと未来を叶えよう第2日程の会が開催されました。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

 

2018年末版レイちゃんと未来を叶えよう(第2日程)

真逆なタイプでお互い勇気を受け与え合える会

今回ご参加くださったお2人も本帰国後の元駐在ママさん。

今回もたまたまですが、お2人ともイギリス駐在経験がある方で、在住エリアは異なれど、イギリス在住日本人としての感覚などシェア出来ることも多かったようです♪

そして今回とても印象的だったのが、お2人が真逆すぎるタイプだったこと!お2人ともこの会を通じてそれを実感されて、かつその「自分にはないものを持っている」という点をとても尊重されて、今後のご自身につなげていらっしゃいました。

感想も頂きましたのでご紹介します(掲載の許可を頂いております)


頭の中は(来年のことに)集中していて、10年後、20年後まで考えれていなかったので、思考を未来まで広げる良い機会になりました。
最後の勇気づけが、本当にできる感じがしてきて、パワーになりました。
ありがとうございます! (K. K.さん)


未来を描くことやスポットでの振り返りは、自分でもやっていましたが、他の方と一緒にこのような会に参加するのは初めてでした。
他の方の考えをシェアして頂くことってとても刺激になるなと感じました。

Kさんと私とだと、大事にすることや子育てへの向き合い方、行動の仕方などとても違っていて、人って本当にそれぞれなんだなと感じるとともに、違った考えを知ってから自分自身を見てみると自分のまた違った姿が見え、自分への理解が深まって新しい目指したい姿を見つけられました。相乗効果のある「振り返り会」ですね。

また一年を振り返ってみたことってあまりなかったのですが、振り返ってみると去年は結構内面的には変化の大きい年だったんだなということにも気づけました。この気づきと今回描いた未来が今年の私にどのように生きてくるのか楽しみに一年を過したいと思います。ありがとうございました。

また一年を振り返ってみたことってあまりなかったのですが、振り返ってみると去年は結構内面的には変化の大きい年だったんだなということにも気づけました。この気づきと今回描いた未来が今年の私にどのように生きてくるのか楽しみに一年を過したいと思います。ありがとうございました。(E. S. さん)


ありがとうございます!

去年、本帰国をされたお2人だからこそ、その経験を活かしてこれから始まる新しい年をご自身が描いた未来を実現させる一歩にさせること間違いない!と確信した、今回の「レイちゃんと未来を叶えよう」でした!

次回は、2019年の前半をふり返る会を5月か6月辺りに開催予定です。

詳細やお申し込みは、毎週水曜朝8時に発行している「勇気づけメール」にてお届けしますので、無料購読がまだの方は登録しておいてくださいね♪

【開催報告】望む未来を叶えるランチ会

美味しいランチを頂きながら、引き寄せの法則・アドラー流コーチングメソッドを取り入れたワークをする「望む未来を叶えるランチ会」を開催しました♪

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

 

望む未来を叶えるランチ会を開催♪

現在、湯本は「あなたの叶えたい想いは何ですか?」インタビューを100人の方に無料で実施しておりまして、そのワークもとりいれたランチ会を都内カフェで開催しました。

カジュアルランチを頂きながらお互いの近況や、前回の「レイちゃんと未来を叶えよう」に参加してくださった方はその後の出来事などを語り合ったり、今回”はじめまして”の方は、それぞれの情報交換をしたり。

食後のコーヒータイムに、引き寄せの法則・アドラー流コーチングメソッドを取り入れた「望みを叶える」ワークをしました♪

独りでなんとなく考えるのとは全然違う!

叶えたいことは誰でも一つや二つはあるもの。でも、それを「なんとなく」「独りで」考えていても望みは叶わないし、叶っていても気付かないこともあるんです。

この「望む未来を叶えるランチ会」では、ライフエディター湯本が、アドラー流コーチングメソッドを取り入れた会話の中で、あなたの本当に望む未来、そこにある大切にしたい価値観を引き出して、みんなにシェアすることから、「自分の内側にある想い」⇒「自分の外に出て実現していく」お手伝いをしています♪

実際、参加された方も、ワークを通じて「そこまで考えてなかった~」「でも、そう思うと自分の方向性がハッキリしてきた!」と、叶えたい想いをよりワクワクしながら持ち続けることができるようでした。

この「ワクワク感」や「続けられる」ことを侮るなかれ

「ワクワクしながら」「継続して持ち続ける」なんて、子ども騙しな・・・と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これが実は大事なんです。

人間は意識して出来ることには限界があって、それ以上にスーパーコンピューター並みにパワフルで優れものなのが「無意識」。実際、人は言葉を話したり、歩いたり、食べたりなどなど、無意識が身体をうまく動かしてスムーズに出来る行動は計り知れず・・・。

その無意識を味方につけることで「望みが叶う」近道となるんです。この「ワクワク」する感情を現実と思い込ませると、そのワクワクした感情になる未来を無意識は実現しようとする。

でも、瞬間的にその未来に飛ぶわけじゃないので、少しずつ少しずつ望む未来に近づくために、想いを叶えていくために、継続してその気持ちを持ち続けることができることが大切なんですよね。

この「望む未来を叶えるランチ会」は、「レイちゃんと未来を叶えようの会」と同じく、同席した参加者の方同士で自分の未来をシェアすることで、ある意味「宣言」になり、行動につながるし、「他の人に語った」時点で夢が実現する一歩を踏み出すことになるんです!

次はあなたも想いを叶える仲間になりませんか?

100人インタビュー「あなたの叶えたい想いは何ですか?」では、インタビューさせて頂いた約1か月後にその後の変化や出来事についても聞かせて頂くことになっています♪

皆さんのあれからを聴かせて頂くのが、今からめっちゃ楽しみです!ご参加くださった皆様ありがとうございました!

次回「望む未来を叶えるランチ会」は、少し涼しくなってくる10月頃を予定しています。次回からはブログやFacebookでもご参加募集致しますので、ご興味ある方はゼヒご一緒しましょう♪

6月は「引き寄せ」を”引き寄せて”いた月だった!

6月は会いたい人に会う約束が多かった!そしたら結果的に、引き寄せのことを実践されてる人とたくさんお会いできた!今日はそのことについて書きたいと思います。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

 

6月は「引き寄せ」を”引き寄せ”ていた月だった

引き寄せの法則とアドラー心理学

5月に身近な方と「エッセンシャル思考」について勉強会をしたくなり、それがきっかけで、「本当に望むことを見極めていくと、自然と”引き寄せ”もしている!」との理解から、引き寄せの法則についても仲間と学び合うことになりました。

正確に言うと、「引き寄せの法則」を知ると、アドラー心理学によるコーチングメソッドとほとんど重複していたことに気付きました!今更ですけどね(笑)。

未来を描く時の感情を大事にする。未来はありありと描く。すべては善い方向に進んでいると信じる。失敗は存在せず、すべて糧になる。などなど。

今まで「引き寄せ」って、「願えばあとは神様がなんとかしてくれる」的な、他力本願な気が勝手にしていてあまり好きではなかったのですが、今では「それ自身に似たものを引き寄せる」という引き寄せの原理もわかる気がします。(私は全くスピリチュアルに強い方ではないのですが)

「引き寄せ」を引き寄せた!

そんな5月を経た6月は、シゴトは既存のお客様のみで、あとは特に仕事の予定は入れず、本当に時間的余裕を持った月でした。これまで「時間がない・時間が欲しい」と言ってた自分が、こわいくらい時間に余裕を持って過ごしていました。そう思うと、この時点で既に想いが叶っている(引き寄せている)わけです。

時間的余裕があったので、出来事に対して自分は何を感じるのか、自分は何に心地よさを感じるのか、望む未来はなぜイイと思うのか、など自分に向き合う時間も取れました。

そして「会いたい」人に会うことにしたのですが、そしたらその人たちも引き寄せの法則について経験者だったり、その概念を既に共有している方ばかりでした。事前に「引き寄せの法則について話しましょう」と誘ったわけでもなかったのに!

そして、つい最近、ポンと、昔一緒に仕事をしたことがある方からお仕事を頂くことに。直感的にお引き受けしたいと思い、お話を聞くと諸々の条件が非常に有難いものでした!

引き寄せのことをたくさん考えていたら、「引き寄せ」に関することがたくさん集まってきました☆まさに「引き寄せ」を自分に引き寄せたことを実感!

引き寄せのこと、そしてアドラー心理学のこと。元駐在ママが本帰国後に、本来の自分を取り戻し、新たに創り出すためにこれからも発信してきますネ♪