ネガティブな感情に振り回されてると思う時に・・・参考になればと思うことを書きたいと思います。エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

感情は抑え込まずに眺めると変化する

イライラした日に起こったこと

先日、なんだかとってもイライラしてしまう数日があったんです。そう、それは小5息子に対して。学校で使うものをなくす、電気の消し忘れ、ゲームの約束を守らない、妹に対しての態度などなど。書き出すと大したことじゃないのですが(笑)なんだかイライラが止まらなくてですね。

で、その日、マインドフルネス瞑想の授業があって、そんなイライラの気持ちのまま受講したのです。そしたら・・・瞑想の途中で想いに変化が現れました。

イライラの気持ちは感じなくなり、「感謝」というキーワードが浮かんできました。「またまた~」と思われる方もいらっしゃるかもしれません!でも、それはムリにポジティブ思考に変えた感覚ではなく、イライラを押し込めたわけでもなく。気付いたらあまりイライラが感じてなくて、自然とフト別の感覚が現れた感じでした。

思考・感情は押さえつけずそのままに

ネガティブな感情が出てくる時、これまで得た知識などから「イライラしてはいけない」「怒ってもしょうがない」「感情に振り回されるなんて稚拙だ」など自分で自分をジャッジする思考が出てくることがあります。

また、頭の中では「どんなことも経験のひとつ」「苦しい経験は後々の糧になる」「すべてのことに感謝すべき」ということもわかっているからこそ、自分のイライラに対してイヤになることもあります。

どうしようもなく心が落ち着かない時ってあるものです。それは誰しも。じゃ、そんな時どうしたらいいのか。

感情を追いやったり抑え込んだりなどコントロールしようとすることをまず手放します。それからひとところに意識を置くことをしてみます。

マインドフルネス瞑想では「呼吸に意識をおく」ことをしています。座っている時はやってることといえば呼吸だけですものね。そして「〇〇すべき」「〇〇せねば」などの思考が浮かんで来たら「考えた」と心の中で呟いて、また呼吸に意識を向けていきます。その繰り返し。カンタンでしょ?

マインドフルネス瞑想を日常に

マインドフルネス瞑想は誰でもカンタンに取り組むことができます。

  1. 良い姿勢を保ち
  2. 呼吸に意識を向け
  3. 思考が浮かんで来たら「考えた」と心の中で呟いてまた呼吸に意識を戻す

ただそれだけ。なので「講座」という形でお伝えするまでもありません。ただ、「逆にコレだけ?」とそのやってることに対して意義が見いだせないとか、独りだと自分の中に起きている変化に気付きにくいなどの壁があるので、湯本は継続クライアントさま向けのセッションやふり返りのお時間の前に取り入れています。

自分だけでは定期的にマインドフルネス瞑想を習慣化することが難しいから習慣化させるために定期的に見てほしい、などのリクエストもあれば、月1回ペース、月2回ペース(各1回1時間)でマンツーマンも承ります。1時間の配分は例えば、15分座り、残り45分はその時にお話しされたいことをお話頂く、というような形です。

マインドフルネス瞑想を1日15~20分で週5回を8週間続けると、ご自身の体感覚として効果を実感されると言われています。マインドフルネス瞑想が自分のものになると

  • 思考が明晰になる
  • こころが強くなる
  • こころが落ち着いてくる

そんな効果が得られます。個人的には他にも「地に足着いて前に進める」とか、「自分のブレない軸を持つ感覚」などが得られると思っています。

月1ペースでマインドフルネス瞑想を習慣化したい方は、「毎月開催、オンライン 1対1 「レイちゃんと未来を叶えよう」からお申込みいただき、マインドフルネス瞑想希望の旨をご記入ください。

また、月1000円で参加できるオンラインサロン「何でもない日常の今ココに幸せを感じる会」でも、毎回スタート時にマインドフルネス瞑想を取り入れようと思っていますので、そちらのご参加もお待ちしております♪