「同感はできないけど共感はできる」

現在開催中のオンラインによるアドラー心理学勇気づけ勉強会(ELMエルム講座)を受講中の方のコトバが「まさにそうだな!」と感じました。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

「同感はできないけど共感はできる」

第1日目で学ぶ、アドラー心理学の「認知論」。客観的な事実は存在せず、あるのは個々人それぞれの意味づけ解釈である。それぞれのメガネを通して世界を見ているので、同じものを見ても人によって全然違うものに見えてしまう。

そんな1回目を終えて、第2回目の受講の時に、1回目以降2週間の間にどんなことがあったかをシェアして頂いたところ、意外と子どもに対して「共感」していなかったことに気付かれたとのこと。

そう、共感とは「相手と同じ目で見て、耳で聴いて、心で感じる」「意見が異なる時に何が正しいかと意見を一つに集結させる必要はなく、相手を尊重してその違いを認める」こと。

それぞれ違うメガネで見ている・客観的事実は存在しない、と考えたら、ヒトとヒトとが関わる時には共感的に理解し合う必要があることもわかりますよね。

でも、その時に「同感」ではなく「共感」したいと私たちは考えるのです。「同感」は自分自身も経験があって「わかるわかるー、そうだよね~」という自分のフィルターを通して相手に同意すること。でも共感は「あなたはそう考えているんだね~」と自分自身にその経験がなくとも、そして全く同意する考えでなくとも、相手の意味づけ解釈を受けとめ認めること。

子どもがご飯前にお菓子を食べたいと言うとか、もっとYoutubeが見たいと言うとか、親としてはNGと解釈するようなことでさえも、子どもの目で見て耳で聴いて心で感じようとすると、「そっか、今そんな気持ちなんだねぇ」と一旦受け止めてあげることができる。それがこの受講生の方の「同感は出来なくても共感はできる」のコメントに込められていると感じました。

まさにその通りだと思います。そしてこれは子育てのシーンだけでなく、夫婦間のコミュニケーションでも、そして駐在先や本帰国後のママの対人関係においても言えることかと思います。

自分の考えや想いと異なる相手のことを一旦受け止める。自分の考えや想いを打ち消したり否定するでもなく、お互いの違いを尊重する。

相手がどのような関わりであろうとまずは自分がそんな在り方で人と接していきたい。勇気づけ勉強会ではそのようなことを学びながら、共にディスカッションしています♪オンライン講座はリクエストベースで開催しておりますので、受けてみたいと思われたら気軽にご連絡お待ちしております。

【オンライン講座】アドラー心理学勇気づけ勉強会ELM(エルム)講座

駐在ママにご好評頂いています♪オンラインによる「勇気づけ勉強会」

3月からオンラインELMエルム講座の第5期がスタートしました♪

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

駐在ママにご好評頂いています♪オンラインによる勇気づけ勉強会

世界各地からご受講頂いています

オンラインによるアドラー心理学の勇気づけ勉強会「オンラインELMエルム講座」。去年より不定期に開催していまして、今回が第5期となりました。

これまで、台湾、インドネシア、アメリカ、カンボジア、本帰国後の日本からご受講頂いておりまして、今回の受講生の方は南米に駐在中の駐在ママさん♪

日本との時差の関係もあり、お子さんを寝かしつけた後にご参加くださっています♪時間調整してくださりありがとうございます!

アドラー心理学の学びは生きる軸となる

どこの国に住んでいても子育ての悩み、そして対大人の人間関係に悩みは尽きないもの。そして子育てを一生懸命に取り組もうと思えば思うほど、「こういう時はどうしたらイイんだろう」と思うことってありますよね。

勇気づけ勉強会では「どんな言葉をかけたらいいのか」といった「勇気づけ」を学ぶというよりも、アドラー心理学を子育てはもちろん「生き方の軸」としていくうえでの入り口として「勇気づけ」について学ぶというイメージです。

ですので、これまで育児本・子育て本を読んで頭ではわかっていたけれど、なかなか実際の生活の場で実践出来ないというママにとって、アドラーの学びは応用が利く!という感想を頂くことがよくあります。それは思うに、単なるハウツーやスキルよりも、人としての「在り方」についてじっくり学び、自身で感じ・考え、アウトプットしていくからだと思います。

質疑応答にこそこの勉強会の価値があります!

今回の受講されているママたちも非常に熱心な方♪受講時間を最大限有効に活用すべく、事前にテキストの読み込みとワークはしておくので、出来るだけディスカッションに時間を使いたいですとリクエストくださいました。

こういうご提案、大歓迎です!!

というのも、実際テキストからの学びは書籍やネットなどからの情報でも手に入れることができると思いますし、ワークも自分で行うことが出来ると思うのですが、この勉強会の醍醐味はやっぱり「質疑応答」だと思っています。

アドラー心理学の学び、親業の学び、そしてコーチングによる対人支援の経験、自身の子育て経験も含めて、受講生の方とアドラー心理学について、勇気づけについて、共にディスカッションしている時の時間は非常に有意義だと湯本も感じています。

 

オンラインで繋がってリアルタイムに質問できる↓

【オンライン講座】アドラー心理学勇気づけ勉強会(ELMエルム講座)≫

 

定期的に時間が取れないので耳だけで学びたい場合は↓

春スキーに感じる何でもない日常

先日、今シーズン最後のスキーに行ってきました。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

春スキーに感じる何でもない日常のしあわせ

独身の頃には毎週のように日帰り・泊まりスキーに出掛けていた湯本です。

家族が出来てからはしばらく行けていなくて、ようやく上の子も下の子もスキーができるお年頃になったのでここのところは、ひとスキーシーズン中に3,4回のペースで家族スキーに出かけています。

とはいっても、子ども中心のスキー旅行なので、スキー場に滞在する時間は短かったり、ほとんどの時間を雪遊びをしていたりで、あまりたくさん滑っているわけではないのですが^^。

毎シーズン、この3月辺りに行く春スキーの時にはなんとも言えない「幸せ」を感じます♡

スキーはもともと好きなので、スキー旅行に来ることはワクワクすることなはずなのですが、親として、子連れのスキーは常にケガや事故と隣り合わせであることを意識しながらのレジャー。どこかしら緊張感があります。

吹雪いていれば、体力的にもしんどかったり、視界が悪くてトラブルに巻き込まれたりも。

なので、この3月辺りの春スキーはだいたいいつも「ポカポカ陽気」の中で滑れる、しかも1シーズン滑ってきているので子どもたちも比較的、上達してきている。そういうこともあり、こころに余裕を持ってみることができる私にとってそんな特別な季節なんです♪

今回も雪遊び時間の方が子どもたちはめいいっぱい楽しんでいたようですが^^、それもそれで、親として子どもたちが楽しそうにお天気の雪山で笑って遊んでいるのを見るのは、本当に幸せな時間でした♡

今シーズンも誰もケガせずに終えられたことに感謝!

家族のためにファスティングを学ぶ

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

先日カウンセリングをさせて頂いたファスティングご希望のママは、もとより健康的な食生活、生活習慣をお持ちで、スタイルもよいママさん♪大きな健康上の問題もないけれど、ファスティングを生活に取り入れたい。そんなママさんが見据える先は、家族全員で健康でいたいという想いでした。

家族のためにファスティングを学ぶ

健康的な食事を取り入れて、足し算の健康法についてはしっかりやっているつもり。けれど、知らず知らずのうちに摂り入れてしまっている有害物質が慢性的な体調不良の原因になっているかもしれないこと。世の中に流通していて当たり前に口にしていたものが実はキレやすい子どもが増えるきっかけになっていたかもしれないこと。

ファスティングを始める前に「オススメの本などあれば」ということで、紹介した山田先生の本「家族みんなが病気にならない食べ方事典」を読んで目からうろこだったと教えてくださいました。

それらを学ぶにつれて、デトックス&リセットの必要性は、ご自身はもちろん、今回直接的にファスティングをしないご家族にとっても、ママがその知識を得ることは、間接的に家族全体の健康につながると感じたそうです。

実際、ファスティング本番期はファスティングドリンクとミネラルウォーターのみなので特に難しいことはないですが、ファスティング前に行う準備食やファスティング後の回復食、そして通常食の時にどんなものを身体の中に摂り入れるかはファスティング本番期と同じくらい大事になってきます。それはひいては家族の健康のための知識にもつながるわけです。

ファスティングを通じてママが健康で笑顔でいてくれることは家族の元気の源にもなりますが、そんなママが「足し算」・「引き算」の両方の健康法についてしっかり知識を携えていることは、色んな壁を乗り越えていくお子さんやご主人にとって心強い存在ですよね。

ですので、単にファスティングでデトックスできて終わりというのにとどまらず、ファスティングを体験された方にはファスティングマイスター学院の初級講座もオススメです。初級マイスターの資格を取得すると、ご自身はもちろん自分の家族のファスティングのサポートをすることができます。

ファスティングマイスター学院の初級検定講座に関する詳細ページ http://www.fasting.bz/fastingmeister/

湯本が対面やオンラインで初級検定講座を開講することも出来ますので、ご興味ある方はお問い合わせくださいね♪

毎日が精いっぱいで「本当にやりたいこと」を考えているヒマがない!そんな方へ

「本当にやりたいことを考えたい、でも実際は毎日が精いっぱい・・・」そんな想いを抱えているママへのメッセージを書きたいと思います。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

毎日が精いっぱいで「本当にやりたいこと」を考えているヒマがない!

働くママも、駐在ママも、専業主婦ママも

「望む未来を描かなければ、叶う夢も叶わない」とか「まずはゴール設定から」と言われているけれども、実際の生活の中では1分1秒を争う忙しさを送るママたち。

本帰国後 働いているママ、駐在先で家族をサポートしているママ。専業主婦のママも家事と育児と自分のことを全部やりたいと思ったらあっという間に時間が過ぎてしまって、湯本がよく言う「本当に望む未来」だなんてゆっくり考えているヒマない!と思われることもあるかと思います。

湯本自身も2児の母としての育児、自分の学び、シゴト、家仕事、大分子どもに手がかからなくなってきた(現在小5、小1)とはいえ、自分が満足できるところまでやろうとすると休む暇なく動いていてもあっという間に1日が過ぎてしまいます。

頭の中を整える

色んなことを同時並行で行うママの頭の中では色んな種類の事柄がうごめいています。

子育ての場面だったら、今、目の前の子どもへの対応、ちょっと未来の子どもがケガしない予防対策、数時間先の食事の準備、次の日の予定を考えての今日のうちにしておくこと、、、。

仕事の場面だったら、今、取り組んでいるプロジェクトの目下の課題や予定、今後この会社でどうしていきたいか、そして自分が一生涯働くキャリアとしての展望。

自分自身について、どんな生き方をしていきたいか。どんな未来に向かって進んでいくのか。

これらがゴチャゴチャしているために、一括りに「忙しい」としているかと思うのですが、一つひとつ眺めてみれば、検討する「レベル分け」をすることが出来たり、今全部が起こっているわけではなく時間軸でいつ検討すればよいかがわかってきたり。

フセンに書き出して分類するなど、「頭の中の見える化」が整えるのに役立つかと思います!

こころの落ち着きを得るために

足元が浮足立ってしまっている、心が落ち着かない。そんな状況を解決するには、「ありのままの今ココ」を見つめるマインドフルネス瞑想がオススメです。1日5分からでも。

マインドフルネス瞑想の効果としては

  • 思考の明晰化
  • こころが強くなる
  • こころの安定

が挙げられます。本来であれば1日15~20分を週5回、8週間続けたいところ。そうすると、自分の体感覚として得るものがあると言われています。

昨年末、湯本自身もやることが山ほどあり、瞑想どころの騒ぎではなかったのですが、敢えて瞑想のクラスに出席して3時間座りに行ったことがありました。自分でも実験だと思ってやってみたのですが、落ち着いたこころを持つ自分を実感でき、とても効果的でした。逆に座らない日が続いた時は、妙に毎日セカセカして、自分の判断力も鈍って不必要な支払いをすることになってしまったことも・・。

マインドフルネス瞑想、湯本のセッションやオンラインサロンでは開始時に短く座って頂いています。

コーチングは「時間の使い方」を再検討する場

コーチングの師匠の言葉です。1日は誰にも24時間。その時間をどう使うかが変わってくるきっかけとなるのがコーチングセッションであると。

そのままいつものように時間を過ごしていたら、どんどん日々が過ぎていき、1年経ったときに思ったように成し遂げることが出来なかったと感じる。

そうではなくて、コーチとともに目標(本当に望む未来)を描き、そのために1か月、1日をどのように過ごしていくかを検討する=時間の使い方を考える、これがコーチングでやっていることと言っても過言ではないかと思います。

本当に忙しくて目まぐるしい時こそ、定期的に「敢えて」時間をとって、自分の時間の使い方、一歩一歩を自覚しながら前に進む。こんな生き方が「人生をかじ取りしていく」ママの生き方なんじゃないかなと思っています。

「全肯定勇気づけセッション」では、目標達成のためのコーチング!というわけでなくても、このように「今頭の中がぐちゃぐちゃで・・・」という整えたいをテーマにすることもできます。自分の人生を自分でかじ取りしていくために活用してください。

湯本レイナの「80分全肯定勇気づけセッション」詳細 ≫

【お客さまの声:ファスティング】意外と耐えられる自分にビックリしました!

5日間ファスティングを体験してくださった方から感想をお寄せ頂きましたのでご紹介します(掲載の許可を頂いております)。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

「意外と耐えられる自分にビックリしました!」

今回、初めてファスティングを体験してくださったのは美容師をされてる30代の女性。以下、お寄せ頂いた感想です。


 

始める前は、5日間も耐えられるかな?と不安でした!

ファスティング中はお腹はそれなりに空くし、食べたくなるけど、酵素を飲めば、意外と耐えられる自分にびっくりしました!最終日はとくになんだか身体が軽く感じられました。

終わるとまたやりたいなと思いました。スッキリ大根を食べた後のスッキリ感が最高でした!

湯本さんは質問するととても丁寧に答えてくれてわかりやすかったです!

全体的には思ってるよりも、辛くなく、良かったし、湯本さんも優しかったのですごく心強かったです!

酵素自体が高いからしょうがないけど、もう少しお手頃だと気軽にできるかなと思いました!

(福島県在住 30代女性)


 

ご感想頂き、ありがとうございました。その後、回復食も順調にこなして、マイナス3キロをキープされてるとの報告も頂きました♪

デトックス&リセットが実現できるミネラルファスティングは、特に5日間行うとその「スッキリ感」「爽快感」をじっくり味わうことができるので、こちらの方もおっしゃっているように、終わる時に「またやりたいな」と思える方がとても多いです♪

細胞単位で元気になっている、っていうのは目に見えるものではないですが、自分自身の身体が発するメッセージに細かく反応することが出来るということは、細胞単位での変化にも気付けているということかと思っています。

確かに使用するファスティングドリンクが安価なものではないので頻繁に行うことはためらわれるかもしれませんが、期間をあけて定期的にデトックスをすることで、自分の身体は自分でキチンと管理していく生き方につながると思います。

これまでため込んできてしまったものを一度リセットしたい!慢性的な身体のだるさ、疲れが取れない、このまま年を取りたくない・・・などのお悩み。一度「意外とできるミネラル断食」を体験してみて頂きたいなと思います!

生き方が変わるファスティング ≫

「自信」が持てない時はどうすればいい?

やってみたいことはある。でもイマイチ自信が持てない自分がいる。そんなお悩み事もったことありませんか?

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

「自信」が持てない時はどうすればいい?

あなたはどんな時に「自信が持てないなぁ」と感じますか?まだあまりやったことがないことにチャレンジするとき?もしくは既に成功している人が大勢いる分野にデビューするとき?

「自信が持てない」と言うことに関して、いくつか観点があるかと思います。

その分野でどのくらい時間が経っているか

まずはその分野での経験時間。何事も時間が解決してくれることは多いにあり、特別に秀でた能力がなくともその分野のことを長く続けていれば「慣れてくる」こともあるので、自然と不安感も少なくなるものです。

自信が持ててる自分を描けているからこそ

2番目には「自信が持てない」という悩みを持つということは、「自信が持てる自分が描けている」という想いの裏返しでもあります。そもそも「自信を持つ」ことに興味がなければ「自信が持てない」などの悩みすらも持たないわけですから。

自信を持ってそのことを成し遂げたい、という未来の自分を描くことが出来ているわけです。人は描くことが出来る未来は実現することが出来ると言います。ですので、逆説的ですが「自信が持てない」と言っている時点ですでに「自信が持ててる自分」に近づいているとも言えるのです♪

「自信を持つ」のではなく「勇気を携える」

アドラー心理学をベースとしたライフコーチングをしている湯本にとって「勇気」ってとっても大事なアイテムです。それは時に「自信」よりもパワフルで必須なことに思っています。

「自信」は過去に成功した経験があるとか、過去に努力した経緯があるとか、そういった裏付けの元に持てるものというイメージがありますよね。故に、人によってはいつまでも謙虚に「これを成功とはいえない」とか「このくらいの努力では」と思ってしまうこともあり、いつまでも「自信」なんて持てない・・・と感じてしまうこともあるのです。

一方「勇気」とは、”意志”だと思っています。始めたばかりの分野ことだけど、とにかく行動してみるという時に必要なのは、「条件付きの自信」ではなく、自分が持とうと決めることができる「意志」ならではだと思っています。

失敗をするかもしれない、逆にうまくいくかもしれない。どちらもやってみないとわからないこと。ならば、成功・失敗という結果に左右されず、それを次に改善していくための糧にしていくと捉える時、必要なのは「自信」ではなく「勇気」であると思うのです。

「やりたいことはあるのだけど、自信がなくて・・・」という方。勇気をたずさえて一歩前に進んでみることをオススメします。その勇気がなかなか持てないという場合は、「勇気づけステーション」である湯本の全肯定勇気づけセッションで勇気のチャージをしていってください♪