「自分を変えたい」「望む未来を叶えたい」40代女性のための「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」が持てるようになるレッスン:ライフトークパートナーの湯本レイナです。

この年末年始に湯本自身が”マンダラチャート祭り”と称して、とにかくマンダラチャートを使い倒して、自分のことを、未来のことを、深掘り・深掘りしていったんです。そしたら、マンダラチャートって使い道がたくさんあって、多くの人にとっても役立てるからもっとみんな使った方がイイヨね!と思ったのです。

そこで今月から始まったマンダラチャートのモニターセッション。モニター様は、オンラインサロン「今ココを感じてありのままに”失敗を楽しめる”オンラインサロン」のメンバーさまと、毎週水曜朝8時発行のアドラー流勇気づけメールの購読者さま向けに募集しています。

で、早速先月セッションを受けられた方から、感想を頂きましたのでご紹介します(掲載の許可を頂いております)。

セッションを受けたきっかけ

私が今後実現したいことについて主人に理解し応援してもらいたいが、彼と私との考え方が違っていて、理解してもらえない、認めてもらえないという悩みを抱えていました。

何を彼に伝えていけばいいのか、自分がこれからどうすればよいのか、思いばかりが先行していて思考が前に進まない状態で、すがるようにマンダラチャートセッションを受講しました。

セッション受けて良かったこと

自分一人でマンダラチャートを書いていた段階では、マインドマップのようなアイデア出しばかりになってしまって、私がいま悩んでいることを解決する具体的な手立てに全くたどり着けませんでした。

また、マンダラチャートに何を書き出してよいのか、どのように項目を決めて細分化していけばよいのかもわかりませんでした。

セッションでは、レイナさんが、私の考えや想いを引き出す言葉かけ・問いかけをしてくださり、それをマンダラチャートのマス目に客観的な視点で分類して配置してくださいました。

思考が整理され見える化されていくプロセスを代行してくださって、しかも私自身では気が付かなかった視点でとらえて言い換えてくださったり新たな視点になるような問いかけをしてくださるので、より冷静に思考を整理することができました。

そして、具体的にどのように行動していけばよいのか、思いもよらない視点での解決の糸口が見えていったことが驚きでした。

受ける前と後の変化

自分の想い(私の想いが伝わらないことのいら立ち・悔しさ・悲しさ)ばかりが先行して思考が前に進まない状態でしたが、相手の想いや視点を想像する機会を得たことで、お互いの想いを尊重して歩んでいくためにどうすればよいかというポジティブな方向への手立てが見えたこと、その方向にアプローチしていく勇気をいただけて、思考もクリアに前向きに捉えられるようになりました。

その他感想

私がこれから夢を実現するためにどう行動すればよいか、ということの前に、私の想い(主人との関係をどうしていきたいのか)と私自身の無意識の思い込みを紐解いてくださいました。

不思議なことに、そこが見えてくることで、彼に理解してもらうためにどうすればよいのか(コミュニケーションの取り方、私がやりたいことについての彼に必要な情報が何か、その他にも私ができる限りを尽くすなら何ができるか)について、具体的な手立てが見えました。

ここには一人はなかなかたどり着けませんでした!レイナさん、ありがとうございました。ぜひまたお願いしたいです。

(神奈川県在住 40代3児ママ)

Aさん、ありがとうございます!今回のように、セッション前に「問題」「課題」だと思っていたことが、セッションを通じて、実は本当の課題ではなかった!ということに気づくことって、コーチングセッションのあるあるだったりします。

でも、このことをマンダラチャートを使って一緒に見える化していくことができると、ご本人の納得度具合が格段と違い、そこからの行動力、エネルギーにも大きく影響していくように感じました。

たかがマンダラチャート。されどマンダラチャートだなぁと実感!

モニター様としてマンダラチャートセッションを受けてみたい方、まずは湯本のアドラー流勇気づけメールを無料購読してみてくださいね♪