相手の聴き下手が気になる時には・・・

コミュニケーションを学び、聴き方・話し方を自身が身につけようとしている時って、周りの人の聴き下手・話し下手が気になるコトってありませんか?

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

相手の聴き下手が気になる時には・・・

学べば学ぶほど気になるものです

現在開催しているオンライン講座「アドラー心理学 勇気づけ勉強会(ELMエルム講座)」もそうですが、コミュニケーションを学ぼうと思われているママさんたちはとても意識が高い方。

「ご自身のお子さんに対しての言葉がけをもっとよくしていきたい」「お子さんの自己肯定感を高めるためにできるコトをしていきたい」「お子さんのみならずご主人やご両親など家族間のコミュニケーションをよくしていきたい」

そんな想いから、遠く海外からご受講頂いている駐在ママさんたちは、本当に学びの意欲も高い。だからこそ、周りの方々のコミュニケーションについても気になるのも自然なコトですよね。

そして、最も近い距離にいる他人であるご主人に対して、「もっとこういうコミュニケーションをしてくれたらいいのに」と感じるのは、きっと駐在ママのみならず、日本国内の多くのママも同じく感じることかと思います^^

他人は自分の鏡

そんな時、よりよいコミュニケーションを相手の方にも伝えて実践してもらいたい!と思いがちですが、実際のところは、お伝えするところまでは出来るけれど、それをどう活かしていくかは相手の方の課題。無理矢理変えることはできません。

一方、自分以外の他人に映し出されることは、自分自身の内面だったりもします。

例えば相手の聴き方が気になるということは、今自分自身は「聴き方」に着目している時期なんだ・どういう聞き方をすると相手は気持ちが良いと感じるのかを知ろうとしているんだ・聴き方によって相手からの引き出し方がこんなに違うんだ、などの自分のことを知ることが出来ます。

相手の聴き方に対して「イヤだな」で終わらせてはもったいないと言えるくらい自分の内面のいろんなことを学べるんです。

まずは自分が実践する

とはいえ、ご自身は学びを深めてよりよくしていこうと思っていることを身近な家族がそれに沿わないことをしているって、やっぱり気持ちがよいものではないですよね。

じゃ、どうすればいいか。「まずは自分の課題を全うする」ということに尽きるかと思います。

ここで言うところでは、まずは自分がイイ聴き方を実践しまくる。そうすることで、ご自身の周りにいる家族は徐々にではありますが、影響を受けて、より気持ちのよいコミュニケーションを自然とされるようになるかと思います。

誰かがダメだからそこを治す・変える、というのではなく、まずは自分から善いと思われることを行動していく。すべてはそこから始まると思っています。

これらのこともオンライン講座「アドラー心理学勇気づけ勉強会(ELMエルム講座)」で受講生の方と共にディスカッションをしながら進めていっています。ELMエルムオンライン講座はリクエストベースで開催しておりますので、気になっている方はいつでもご連絡ください♪時差なども考慮しながら開催いたしております。

【オンライン講座】アドラー心理学勇気づけ勉強会(ELMエルム講座) ≫

「同感はできないけど共感はできる」

現在開催中のオンラインによるアドラー心理学勇気づけ勉強会(ELMエルム講座)を受講中の方のコトバが「まさにそうだな!」と感じました。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

「同感はできないけど共感はできる」

第1日目で学ぶ、アドラー心理学の「認知論」。客観的な事実は存在せず、あるのは個々人それぞれの意味づけ解釈である。それぞれのメガネを通して世界を見ているので、同じものを見ても人によって全然違うものに見えてしまう。

そんな1回目を終えて、第2回目の受講の時に、1回目以降2週間の間にどんなことがあったかをシェアして頂いたところ、意外と子どもに対して「共感」していなかったことに気付かれたとのこと。

そう、共感とは「相手と同じ目で見て、耳で聴いて、心で感じる」「意見が異なる時に何が正しいかと意見を一つに集結させる必要はなく、相手を尊重してその違いを認める」こと。

それぞれ違うメガネで見ている・客観的事実は存在しない、と考えたら、ヒトとヒトとが関わる時には共感的に理解し合う必要があることもわかりますよね。

でも、その時に「同感」ではなく「共感」したいと私たちは考えるのです。「同感」は自分自身も経験があって「わかるわかるー、そうだよね~」という自分のフィルターを通して相手に同意すること。でも共感は「あなたはそう考えているんだね~」と自分自身にその経験がなくとも、そして全く同意する考えでなくとも、相手の意味づけ解釈を受けとめ認めること。

子どもがご飯前にお菓子を食べたいと言うとか、もっとYoutubeが見たいと言うとか、親としてはNGと解釈するようなことでさえも、子どもの目で見て耳で聴いて心で感じようとすると、「そっか、今そんな気持ちなんだねぇ」と一旦受け止めてあげることができる。それがこの受講生の方の「同感は出来なくても共感はできる」のコメントに込められていると感じました。

まさにその通りだと思います。そしてこれは子育てのシーンだけでなく、夫婦間のコミュニケーションでも、そして駐在先や本帰国後のママの対人関係においても言えることかと思います。

自分の考えや想いと異なる相手のことを一旦受け止める。自分の考えや想いを打ち消したり否定するでもなく、お互いの違いを尊重する。

相手がどのような関わりであろうとまずは自分がそんな在り方で人と接していきたい。勇気づけ勉強会ではそのようなことを学びながら、共にディスカッションしています♪オンライン講座はリクエストベースで開催しておりますので、受けてみたいと思われたら気軽にご連絡お待ちしております。

【オンライン講座】アドラー心理学勇気づけ勉強会ELM(エルム)講座

毎日が精いっぱいで「本当にやりたいこと」を考えているヒマがない!そんな方へ

「本当にやりたいことを考えたい、でも実際は毎日が精いっぱい・・・」そんな想いを抱えているママへのメッセージを書きたいと思います。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

毎日が精いっぱいで「本当にやりたいこと」を考えているヒマがない!

働くママも、駐在ママも、専業主婦ママも

「望む未来を描かなければ、叶う夢も叶わない」とか「まずはゴール設定から」と言われているけれども、実際の生活の中では1分1秒を争う忙しさを送るママたち。

本帰国後 働いているママ、駐在先で家族をサポートしているママ。専業主婦のママも家事と育児と自分のことを全部やりたいと思ったらあっという間に時間が過ぎてしまって、湯本がよく言う「本当に望む未来」だなんてゆっくり考えているヒマない!と思われることもあるかと思います。

湯本自身も2児の母としての育児、自分の学び、シゴト、家仕事、大分子どもに手がかからなくなってきた(現在小5、小1)とはいえ、自分が満足できるところまでやろうとすると休む暇なく動いていてもあっという間に1日が過ぎてしまいます。

頭の中を整える

色んなことを同時並行で行うママの頭の中では色んな種類の事柄がうごめいています。

子育ての場面だったら、今、目の前の子どもへの対応、ちょっと未来の子どもがケガしない予防対策、数時間先の食事の準備、次の日の予定を考えての今日のうちにしておくこと、、、。

仕事の場面だったら、今、取り組んでいるプロジェクトの目下の課題や予定、今後この会社でどうしていきたいか、そして自分が一生涯働くキャリアとしての展望。

自分自身について、どんな生き方をしていきたいか。どんな未来に向かって進んでいくのか。

これらがゴチャゴチャしているために、一括りに「忙しい」としているかと思うのですが、一つひとつ眺めてみれば、検討する「レベル分け」をすることが出来たり、今全部が起こっているわけではなく時間軸でいつ検討すればよいかがわかってきたり。

フセンに書き出して分類するなど、「頭の中の見える化」が整えるのに役立つかと思います!

こころの落ち着きを得るために

足元が浮足立ってしまっている、心が落ち着かない。そんな状況を解決するには、「ありのままの今ココ」を見つめるマインドフルネス瞑想がオススメです。1日5分からでも。

マインドフルネス瞑想の効果としては

  • 思考の明晰化
  • こころが強くなる
  • こころの安定

が挙げられます。本来であれば1日15~20分を週5回、8週間続けたいところ。そうすると、自分の体感覚として得るものがあると言われています。

昨年末、湯本自身もやることが山ほどあり、瞑想どころの騒ぎではなかったのですが、敢えて瞑想のクラスに出席して3時間座りに行ったことがありました。自分でも実験だと思ってやってみたのですが、落ち着いたこころを持つ自分を実感でき、とても効果的でした。逆に座らない日が続いた時は、妙に毎日セカセカして、自分の判断力も鈍って不必要な支払いをすることになってしまったことも・・。

マインドフルネス瞑想、湯本のセッションやオンラインサロンでは開始時に短く座って頂いています。

コーチングは「時間の使い方」を再検討する場

コーチングの師匠の言葉です。1日は誰にも24時間。その時間をどう使うかが変わってくるきっかけとなるのがコーチングセッションであると。

そのままいつものように時間を過ごしていたら、どんどん日々が過ぎていき、1年経ったときに思ったように成し遂げることが出来なかったと感じる。

そうではなくて、コーチとともに目標(本当に望む未来)を描き、そのために1か月、1日をどのように過ごしていくかを検討する=時間の使い方を考える、これがコーチングでやっていることと言っても過言ではないかと思います。

本当に忙しくて目まぐるしい時こそ、定期的に「敢えて」時間をとって、自分の時間の使い方、一歩一歩を自覚しながら前に進む。こんな生き方が「人生をかじ取りしていく」ママの生き方なんじゃないかなと思っています。

「全肯定勇気づけセッション」では、目標達成のためのコーチング!というわけでなくても、このように「今頭の中がぐちゃぐちゃで・・・」という整えたいをテーマにすることもできます。自分の人生を自分でかじ取りしていくために活用してください。

湯本レイナの「80分全肯定勇気づけセッション」詳細 ≫

「私であることの勇気」を持とう!

アドラー心理学では、普通である勇気=わたしであることの勇気がしあわせな生き方に繋がると考えます。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

「わたしであることの勇気」を持とう!

誰しも「承認」を求めてきた

私たちは幼い頃から、勉強や運動、音楽など、他の人よりも秀でていると褒められ、他の人よりも出来が悪いと叱られるというパターンの育てられ方をしてきたことが多かったと思います。(もちろん一概には言えませんが)

そんな環境の中で育った私たちは、頑張ることで「褒められる」、もしくは投げ出すことで「叱られる」という、親や大人からの【承認】を求め続けて生きてきました。

大人になった今は、親や周りの大人の【承認】なんて必要としていないと感じるかもしれませんが、尊敬する人から認められることを求めたり、憧れの人が自分のことを褒めてくれるともっと褒めてもらえるように頑張ったり、この「承認欲求」は誰しも多少なりともあるかと思います。

「承認」には終わりがない

他人に褒めてもらう、認めてもらう、(叱られるという形で)注意を向けてもらう。こうした「承認」は他人の反応によりけりでこちらは浮き沈みすることになります。

そして「もっと認めてもらいたい」「もっと褒めてもらいたい」と、一生終わりがないとも言えます。要は「他人軸で生きる」生き方になるわけですね。

自分の価値を自分で決める

でも本当はそんな生き方誰もしたくないはずです。他人軸ではなく【自分軸】で生きていきたい。そのためには、自分の意志で自分を承認する自分の価値を自分で決める

その時、特別である必要はなく、自分のありのままでいい。そんな自分に居場所がある。「その他大勢」としての自分を受け入れる勇気を持つことが大切と考えます。

「幸せになる勇気」岸見一郎、古賀史健著でも書かれていました。『「人と違うこと」に価値を置くのではなく、「わたしであること」に価値を置くのです。それがほんとうの個性というものです。』P.153 「あなたの個性とは、相対的なものではなく、絶対的なものなのですから」P.154

人と比べることで自分を保つのではなく、ありのままの自分に自分が価値を置く。そんな普通である勇気をもって生きませんか?

自分のものの捉え方が自分を苦しめていると思ったら

自分では当たり前と思っていることも、意外と歪んでみていることだったりするんです。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

「本当にそうかな?」自分で自分に問い直す

人それぞれの捉え方がある「認知論」

私たちは1人1人自分特有のものの見方で世界を自分を見ています。

青いメガネをかけている人は青い世界が見えるし、黄色いメガネをかけている人には黄色い世界が見える。客観的な事実はなく、ただ主観的な解釈・意味づけが存在すると考えるのがアドラー心理学でいう「認知論」です。

お互いに相手の認知は自分の認知と違っていることを認めてたら、どちらが正しい・間違っていると判断することなく、どちらに寄せることもなく、自分と違う相手を尊重するのが大事と考えます。

自分のものの捉え方で苦しんでいたら

もし自分の考え方や物事の捉え方によって、あなたが苦しめられていたり、不便を感じていたりしたら、その捉え方は「歪んでいる」のかもしれません。

人は誰しもある程度の「歪み」を持って物事を見ています。先ほどもお伝えしたように「主観的」に見ているからです。これまで生きてきた人生で培ってきた、「より善いと思われる」ものの見方・感じ方だからです。

ですが、「歪み」が酷いと自分を苦しめることになります。それを「ベイシック・ミステイク(基本的な誤り)」と呼びます。ベイシック・ミステイクには以下のようなものがあります。(「アドラー心理学ワークブック」 岩井俊憲著より引用)

  • 決めつけ
  • 誇張
  • 過度の一般化
  • 単純化
  • 見落とし
  • 誤った価値観

そんな時どうしたらよい?

ベイシック・ミステイクに陥った時には、何よりも「本当にそう?」と自分で自分に問い直すことをオススメします。

ベイシック・ミステイクは言ってみれば「過度な思い込み」。そこの陥っている時には非常に自分特有の世界にはまり込んでいるわけです。

そこで「本当に本当にそう?」と問いかけることは、自分をある意味、客観視する=俯瞰することになります。自分事ではなく他人事のように眺めると「歪み」は弱まります。

とてもシンプルなことですが、自分の考え方や捉え方が苦しいと感じたら「ホントに本当にそう?」と自分に問い直す、をゼヒしてみてくださいね。

旬の野菜を使いこなすには

ファスティングが生活の一部となると、自ずと食育(何を取り入れるか)にも目がいくようになりました。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

旬の野菜を使いこなすには

我が家はらでぃっしゅぼーやを利用しています。毎週、旬のお野菜がお任せで届けられるシステムです。

時に、スーパーで自分で野菜を買ったりもしますが、その都度、どれが無農薬・有機か、いくらするのか、どのくらい買うか・・・と悩むのも時間のムダと考えて、こうしたシステムを利用してお任せで何が届けられてくるかな♪と楽しみにしています。

自分では選ばないような野菜が届けられるのも楽しみの一つではあるのですが、いかんせん料理ニガテな湯本にとってどう調理したらよいのかわからない野菜は手ごわい相手!^^

でも、その野菜についての説明とともに調理方法例が書かれたメモが同封されてたりするので、先日はその通りに作ってみました。

あくまでも「自分が出来る方法」しか選ばないのですが、今回の「ザーサイ」はご飯のお供にピッタリでした♪

自分で買い物して野菜を買うなら我が家にやってこなかっただろう野菜をお迎えして^^、かつ美味しく食卓に並べることが出来たのは、ファスティング後の通常食(基本食)を楽しむ一つになるかなと思いました!

時短でなるべく家事に手間かけたくない、けど家族にはカラダによいものを提供したい。旬の野菜とそのメモは、そんな私たちママの願いを叶えてくれて嬉しい瞬間でした。

思い通りにならないことばかりでイヤになる!そんな時は・・・

今日は、「思い通りにならないことばかり・・・」と思う時に、参考になればと思うことを書きます。エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

思い通りにならなくてイヤになる時には・・・

思い通りにならない場面とは

では、思い通りにならないってどういうことでしょう。子育ての場面だと、子どもの予期せぬことから外出などの予定していたスケジュールの通りに出発できなかったとか、職場だと、ある役割を持ってる人が無断欠勤をして当初の用事が済ませられなかったとか。

つまりは事前に予定・計画していたことが、その通りにならなかった場面ですね。それは人に対してイライラする対人関係にも生じますし、道路工事で通行止めなど状況においても生じます。

大抵の大人なら、”多少”の予定外のことは臨機応変に対応できる。けれど、その”多少”が、時と場合、そして心と身体の調子などによって、”多”だったり”少”だったりするわけです。臨機応変に対応できる幅が”少ない”時は、(他人から見たら)ちょっとしたことでもイライラしてしまうのです。

自分の解釈のクセを知る

思い通りにならない対人関係や状況に対して、自分が何を感じているのか、動じているのか。まずはその内容をじっくり眺めてみましょう。

無断欠勤をされて自分はどう感じているのか。予定通りに出発出来ないと自分は何を考えるのか。急いでいる時に道路工事でふさがれて迂回しなければならない時に、この状況をどう解釈しているのか。

「時間は守るべき」「周りに迷惑をかけないようにすべき」「ムダを省くべし」「何事も効率的に」などなど、自分が持つ大切にしていきたい価値観・ルールが出てきます。

人は、自分が培ってきた価値観やルールを元に状況を解釈・判断するのです。なのでそれらをまずは客観的に知り、認めるところから始めます。

この状況をどう解釈するか・・・自分の解釈を”選ぶ”

自分の思考・解釈のクセを知ったら、もうそれらに振り回されることはありません。自分がいつものクセを発動させていたらそれに気付くことが出来るし、それを抑えつけることなく、ただ眺めていくとその思考は大暴れしません。

一方で私たちは「この状況を自分はこう解釈していきたい」という意思を持って、人間関係や状況を解釈していきたいと考えます。アドラー心理学でいう「認知論」という考え方ですが、同じ状況を見ても人によって捉え方・感じ方が異なるものです。その捉え方・感じ方は自分で選ぶことが出来るのです。

【自分の人生を自らかじ取りして生きる】これはどんな環境や状況、人間関係においても、自分らしく自分が選んだ生き方ができるということです。

自分の解釈(思考)のクセを知ったり、それを眺めたり、自分が望む解釈を選んだりという、自分らしい生き方を湯本は「全肯定勇気づけセッション」でお手伝いしています。