今日はファスティングに関してよくある質問をご紹介します。

エッセンシャルな人生を送る女性が夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

「初めてのファスティングで一番キツかったのはいつですか?」

湯本が初めてファスティングをしたのはちょうど1年前の秋でした。初めてだったので、どんな状態になるのか未知すぎてドキドキして準備期を迎えたのを覚えています。

で、一番きつかったなぁと思ったのはやはりこの「準備期」でした。

というのも、実際にドリンクを飲みながらファスティングを実施し始めれば、ドリンクの威力を実感し、あまり空腹を感じることもなく、穏やかに過ごすことができたので、あまりキツイとは感じた記憶はありません。

一方、準備期って、これまでの生活の延長であり、それで「まごわやさしい(「さ」抜き)+発酵食品」で、スイーツは食べないように、肉やあぶらっこいものは食べないようにというのが、家族と食事に出かけた時や夫の実家での食事の際などにちょっと大変だなぁと感じたのを覚えています。

その後、ファスティングを経験した後の通常食の時には、ファスティングをした時の身体の感覚が残っていて、自らあまり味の濃いものは食べたいと思わなかったり、スイーツも人工的な甘味料に対して美味しいと感じない身体になっていたりしたので、準備期ほどキツイとは思いませんでした。

因みに、2回目以降のファスティングの時には、準備期もそういうものだという感覚もあり、さほどキツくは感じませんでした。

というわけで、初めてのファスティングで一番キツイと感じたのは「準備期」でした!これからファスティングをされる方の参考になれば幸いです♪