【お客さまの声:ファスティング】「デトックスが目的だったが、3キロの減量もとても嬉しかった」

3月に5日間ファスティングを体験してくださったお客さまから頂いた感想をご紹介いたします。(掲載の許可を頂いております)

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

「デトックスが目的だったが、3キロの減量もとても嬉しかった」

今回のお客さまは、もともとスタイルもよくて食生活も乱れていない1児の子育てママさん。日頃のモヤモヤをスッキリとデトックスしたい☆という想いからお申込みいただきました。

以下、頂いた感想です。


 

始める前の心境

若い頃していたダイエット等の経験から鑑みて、酵素ドリンクのみで5日間過ごすというのは不安が大きかった。

けれどもそれ以上に、身体に蓄積した老廃物や添加物がデトックスされるという点に興味を持ち、今回申し込みをした。

やっていけるかどうかという不安と、心身共にデトックスされ、さらには健康的なライフスタイルへの扉を開ける事ができるのではないかという期待が織り混じった複雑な心境だった。

ファスティング期間

私個人の感想としては、準備期間中が最も食欲と闘う期間となった。

今思えば何が大変だったのかと首を捻りたくなるが、食事をとらない=体に悪いという刷り込みがあった事もその要因だったのではないかと思う。

ただ、ファスティング初日からは常に楽しい気持ちで過ごす事ができた。

ファスティング完了後の気持ちとしては、ファスティングの5日間はあっという間に終わってしまい、これで終わってしまうのかと寂しい気持ちになった。ただドリンクしか飲めない生活に飽きてきていたので、5日間でちょうどよかったとも思う。

今まで昆布出汁はあまり好きではなかったが、スッキリ大根を準備している時の昆布出汁の匂いが本当によい香りに感じた。大根を口にした時は、思わず笑みがこぼれた。

今も不思議な程、和食を食べたいと思う自分がいる。

湯本のサポートについて

これから起こるであろう身体の変化を、湯本さんが事前に教えてくれていたので、自分の身体の変化に対して慌てずに受け止める事が出来た。

また湯本さんから励ましのメールを貰える事で、孤独にならず楽しい気持ちを持続出来たのだと思う。

全体的な感想

デトックスが目的だったが、3キロの減量もとても嬉しかった。ダイエットとしてみた場合でも、これまで経験した中で一番楽しかった。健康の安全面を担保しながら、これ程短期間に楽しみながら減量できる手段は他に無いと思う。

また、湯本さんが事前の面談で「ケーキは好きだけど嫌いになった」と言っていた意味がわかった気がする。美味しいから口には入れたいけど、飲み込みたくはない。食べたい!と思う前に、自分の頭の中で食べてよいかどうかを考える様になったのが、大きな変化だと思う。

今後もこの感覚に耳を傾けながら、毎日を過ごしていけたらと思う。

それが、延いては家族の健康に繋がる事が出来れば幸せだなぁと思う。

(東京在住 40代 1児のママ)


 

Aさん、ご感想をありがとうございます。

まさしく、スッキリ大根を準備されてる時の大根を煮ている匂いが本当によい香りに感じたこと、不思議なほど和食が食べたい自分がいることなど、湯本が初めてファスティングをした時と全く同じ感覚を持たれていらっしゃったようです。

このミネラルファスティングを始める前は、誰しも「食べない=体に良くない」という思い込みがあることから、不安や心配になるかと思うのですが、何も食べない(水だけしか摂らない)断食とは違って、キチンと必要な栄養を摂りながら行うミネラルファスティングは「楽しめる」断食であることが、お客さまから感想を頂く度に強く実感します!

特に病気というわけではないけれど、日頃のモヤモヤを心も身体もスッキリさせたい!という方に、ミネラルファスティング、オススメです。

湯本の1か月サポート付きミネラルファスティングの詳しいご案内メール(無料)はこちらから ≫

旬の野菜を使いこなすには

ファスティングが生活の一部となると、自ずと食育(何を取り入れるか)にも目がいくようになりました。

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

旬の野菜を使いこなすには

我が家はらでぃっしゅぼーやを利用しています。毎週、旬のお野菜がお任せで届けられるシステムです。

時に、スーパーで自分で野菜を買ったりもしますが、その都度、どれが無農薬・有機か、いくらするのか、どのくらい買うか・・・と悩むのも時間のムダと考えて、こうしたシステムを利用してお任せで何が届けられてくるかな♪と楽しみにしています。

自分では選ばないような野菜が届けられるのも楽しみの一つではあるのですが、いかんせん料理ニガテな湯本にとってどう調理したらよいのかわからない野菜は手ごわい相手!^^

でも、その野菜についての説明とともに調理方法例が書かれたメモが同封されてたりするので、先日はその通りに作ってみました。

あくまでも「自分が出来る方法」しか選ばないのですが、今回の「ザーサイ」はご飯のお供にピッタリでした♪

自分で買い物して野菜を買うなら我が家にやってこなかっただろう野菜をお迎えして^^、かつ美味しく食卓に並べることが出来たのは、ファスティング後の通常食(基本食)を楽しむ一つになるかなと思いました!

時短でなるべく家事に手間かけたくない、けど家族にはカラダによいものを提供したい。旬の野菜とそのメモは、そんな私たちママの願いを叶えてくれて嬉しい瞬間でした。

こころもカラダも本当に必要なものは何かを追求する

ファスティングもライフエディットセッション(全肯定勇気づけセッション)でも、共通しているのが「本当に必要としているものは何か」ということでした!

エッセンシャルな人生を送る駐在妻・ママが夢・想いをどんどん叶えていく「わたしらしい幸せ」ライフエディター湯本レイナです。

こころもカラダも本当に必要なものは何かを追求する

思考もだけど、感情をより大事にする

湯本がご提供しているセッションはアドラー心理学ベースとしています。このセッションでは、クライアントさまが思考(脳)だけで解決するのではなく、身体から感じる感情を大事にしています。

実際、多くのことを動かしているのは、頭で考える”意識”ではなく、身体の本心である”無意識”です。なので、身体の声に耳を傾けることは、自らの人生をかじ取りする、望む未来を引き寄せるのに、大きなキーとなります。

カラダの声に耳を傾けたい時に役立つファスティング

そんな「身体の声に耳を傾ける」を実感出来たのがファスティングでした。

ファスティングをすると、体質改善や減量効果などの身体に見られる変化の他、「要るものと要らないものがわかるようになる」という自分自身の意識の変化も手に入れることが出来ると思っています。

ファスティングをした後は、これまでなんとなく手に取って食べていたモノが、添加物がたくさん入っていたり、いわゆる日本人の食性にあわなかったりすると、自然と「うーん、食べたいのはこれじゃないかも」と思えるようになるんですヨ。

でも面白いことに、「脳」や「目」は、今までと同じように戻ろうとするので、「コレ美味しいやつだよ~」とか「おなか空いたらコレ食べた方がいいんじゃない」と誘ってくるのですが、実際におなかの中に入れると身体(胃や腸)は「そうじゃなくて!」と反応するという・・・。

「幸せな人生」とは「自分で選択し満足を感じる人生」

何が必要で何が必要としていないかを自分で見極める。コレは食べ物のみならず、やらなければならないこと、持ち物、人間関係などなど、ライフスタイルを取り囲むすべてに言えると思います。

「幸せな人生」は「自分で選択し満足を感じる人生」。

こころもカラダも幸せな人生を手に入れるために、何を選び何を選ばないかを決める自分になりませんか?

自分の身体と向き合うファスティング、そして自分自身のこころに向き合う全肯定勇気づけセッションで、サポート致します。

メニュー・料金 ≫